太陽最終話 「君の法則」

木の葉の隙間に、沈みかけの夕陽がきらめいている…-。

ゼロ「もう、うんざりだ」

〇〇「ゼロさん……」

(そんなに大変な状況だったなんて)

(かける言葉が見つからない……)

肩を落としたゼロさんに、私はそっと手を伸ばした。

髪に手が触れそうになった直後…-。

ゼロ「……」

ゼロさんが顔を上げ、私たちはしばし見つめあう。

ゼロさんが、ゆっくりと瞬きをした。

ゼロ「こういう時は、どんな会話をすればいい?」

〇〇「え、えっと……」

(なんだか、恥ずかしくなってきちゃった……)

ゼロ「また、空の話でもするのか?」

〇〇「え……」

ゼロさんがふっと吹き出して……私たちは、声もなく笑い合った。

ゼロ「やはり、難しいな」

ゼロさんが、黒いフレームの眼鏡をかけ直しながらつぶやいた。

〇〇「でも、さっきゼロさん、自分のこと話してくれました。 襲われて、怖かった……それに。 ご兄弟で争うなんて、何て言葉をかけていいかわからなかったけど。 ゼロさんのこと、少しだけ知ることができました」

気持ちがスラスラと唇を伝い、私は彼の瞳を真っ直ぐに見つめる。

ゼロ「……それで? 仲良くなれそうか?」

〇〇「え?」

ゼロ「俺と会話して、仲良くなりたいんだろ?」

彼は、そう言って、ゆっくりと顔を近づけてきて……

〇〇「……っ」

私は、恥じらいにぎゅっと瞳を閉じた。

クスクスと笑う声に続き、肩にかすかな重みを感じる。

ゆっくりとまつ毛をあげると、ゼロさんが私の肩に頬を載せていた。

ゼロ「君の法則を、一つ見つけた」

彼の言葉も耳に入らないほどに、胸の鼓動が大きく音を立てる。

ゼロ「俺が顔を近づけると顔が赤くなる」

〇〇「あ、あの、ゼロさん……っ」

ゼロ「何?」

肩に頬を置いたまま、彼は私を見上げる。

眼鏡越しの彼の瞳が、悪戯っぽく揺れた。

〇〇「……っ」

(そんな目で見られると……)

私は、言葉を続けることができなくなってしまった。

ゼロ「……いつか。 こうやって、どんどん君を知っていって。 君を喜ばせる法則をたくさん見つけるっていうのも面白そうだ。 統計じゃなくて、君だけの法則を……」

彼の指が、私の頬にそっと触れる。

夕陽が染めあげた美しい世界を眺めながら、私は彼の言葉を思い出した。

―――――

ゼロ『いま空の色がこんな風に鮮やかに染まっているのは……』

―――――

彼の顔が近づいてくる。

私は静かに瞳を閉じた…-。

おわり。

<<太陽5話||太陽SS>>