太陽SS 俺達の法則

城の中庭で、襲いかかってきた男達を追い払った後…-。

〇〇「今の人達は……?」

ゼロ「ああ、うちの国は王子がたくさんいてね。 側近達が、跡目争いをしているんだ。 もう、うんざりだよ」

(本当に、もう……)

肩の傷以上に、胸の奥がずきずきと痛む。

〇〇「ゼロさん……」

ふと顔を上げると、こちらへと手を伸ばす〇〇と目が合う。

(……つまらない話を聞かせてしまったな)

俺は心の中でそう自嘲した後、気持ちを切り替えるためにゆっくりとまばたきをし……

ゼロ「こういう時は、どんな会話をすればいい?」

〇〇「え、えっと……」

ゼロ「また、空の話でもするのか?」

〇〇「え……」

ふっと吹き出した俺を見て、〇〇も笑みを浮かべる。

ゼロ「やはり、難しいな」

〇〇「でも、さっきゼロさん、自分のこと話してくれました」

(え……?)

眼鏡をかけ直した俺は、彼女の方へと向き直った。

〇〇「襲われて、怖かった……それに。 ご兄弟で争うなんて、なんて言葉をかけていいのかわからなかったけど。 ゼロさんのこと、少しだけ知ることができました」

(俺を……?)

(……そうか。まさか、そんなふうに言ってくれるなんてな)

(君は本当に予測不能だ。だが、だからこそ……)

ゼロ「……それで? 仲良くなれそうか?」

〇〇「え?」

ゼロ「俺と会話して、仲良くなりたいんだろう?」

(俺も、君と仲良くなって……)

(予測不能な君のことを、もっともっと知りたい)

ゆっくりと、〇〇に顔を近づける。

すると彼女は、強く瞳を閉じて……

(……なるほど、理解した)

俺は笑いながら彼女の肩に頭を乗せる。

ゼロ「君の法則を、一つ見つけた。 俺が顔を近づけると顔が赤くなる」

〇〇「あ、あの、ゼロさん……っ」

ゼロ「何?」

肩に頭を置いたまま、俺は〇〇を見上げた。

〇〇「……っ」

(どうやら、こうして至近距離で見つめられるとさらに赤くなるようだな)

(それに、鼓動も……)

触れた部分から、早鐘のように鳴る鼓動が伝わってくる。

(だが……一度の検証では、当然法則とは言えない)

(だから……)

ゼロ「……いつか。 こうやって、どんどん君を知っていって。 君を喜ばせる法則をたくさん見つけるっていうのも面白そうだ。 統計じゃなくて、君だけの法則を……」

俺はそっと、〇〇の頬に手を伸ばす。

そうして、静かに口づけた後…-。

ゼロ「……また、新たな君を知った。 頬に手を添えて顔を近づけると…-」

〇〇「……っ、ゼロさん!」

ゼロ「すまない、冗談だ」

耳の先まで真っ赤になる〇〇に、再び笑いが込み上げてくる。

すると……

〇〇「……私も、ゼロさんの法則を見つけました」

ゼロ「え?」

〇〇「仲良くなると、意外と意地悪です」

ゼロ「……」

〇〇の言葉に、俺は目を見開く。

だが、わずかな間の後……

ゼロ「そうか。言われてみれば、そうかもしれないな」

俺達は再び静かに笑い合う。

そして……

ゼロ「俺はもっともっと、君を知りたい。 同時に、俺のことも知って欲しい。 そうやって時を重ねていって……二人だけの法則を、たくさん見つけられればいいと思う」

俺は〇〇の頬に手を添えて、ゆっくりと顔を近づける。

すると彼女は、先ほどと同じように静かにまつ毛を伏せて……

(……これから先、何があろうとも)

(この法則を知るのは俺だけだ)

心の中でそう強く思いながら、俺は彼女に唇を寄せたのだった…-。

おわり。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする