太陽6話 お願い

ザントさんが心に抱える寂しさと、そして彼が持つ優しさ・・・・・・

その二つを同時に知った私は、お兄様の言葉を思い出していた。

ーーーーー

兄王「・・・・・・本当はとても優しい子なんですよ。ちょっと感情表現が下手ですけど。 だから・・・・・・どうか、あの子によくしてやって欲しいんです。 そして、傷ついたあの子の心を再び開いてやって欲しいんです」

ーーーーー

・・・

・・・・・・

私は、ザントさんの部屋を訪れた。

ザント「アンタ・・・・・・どうしたんだ?」

○○「私・・・・・・ザントさんにお願いがあるんです。 何も知らない私は、こんなことお願いできる立場じゃないかもしれません。 だけど、どうか聞いてはくれませんか?」

途切れ途切れにそう伝えると、やがて彼は静かに頷いてくれた・・・-。

<<第5話||太陽7話>>


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする