太陽SS 偽りのないもの

真っ青な空に、花火の音が響き渡った。

いよいよ、新作映画の舞台挨拶が始まろうとしている。

一歩、レッドカーペットを歩けば…―。

観客1「きゃああああーーーー!」

観客2「完成ずっと楽しみにしてました!」

観客達の黄色い歓声が会場を揺らし、僕は笑顔で手を振る。

(この笑顔が恐怖に歪む瞬間……まったく、楽しみだね)

そんなことを思っていると、出演した女優達にもカメラが向けられた。

皆、女優らしい笑顔で記者からの質問に答えていた。

(作られた言葉に、作られた笑顔か……)

(この子達の演技も、悪くはなかったんだけどなあ)

ここのところ、どんな女優を見ても物足りなさを感じていた。

(僕が求めているものは……)

目の前にそびえ立つ、〇〇がいるであろうホテルに視線を向ける。

(いやあ、最高だったなあ)

〇〇がケナルへ来てからというもの、僕の創作意欲は掻き立てられるばかりだった。

(青ざめた顔、引きつった顔、震える唇……)

彼女の表情を思い返していると、体の中から熱いものが込み上げてくる。

(〇〇も女優だったらよかったのに)

(……いや、女優じゃないからこそいいんじゃないか?)

(だったら……)

いつの間にか僕は、〇〇のことばかり考えていた…―。

ホテルの一室のドアを、勢いよく開ける。

ウィル「よーし、仕事は終わった! 〇〇、行くよ!」

〇〇「えっ、ウィルさん!?」

彼女は、寝ぼけ眼で僕を見た。

〇〇「あっ、待ってください、行くってどこへ?」

ウィル「お腹が空いたから、カフェでも行こう」

〇〇「えっ……?」

呆然としている彼女の腕を掴み、強引に部屋から連れ出す。

カフェに着くや否や、僕は彼女の前で数々のファイルを広げた。

〇〇「これ、なんですか?」

ウィル「何って、映画のための資料だよ」

けれど、ただの資料ではない。

全て、彼女の反応を書き記したものだった。

どんなシチュエーションでどんな反応を見せてくれたか…―。

少し読み返しただけでも記憶が蘇り、胸がときめく。

ウィル「君……何にでもあまりに素直に反応するからさ。 僕の分厚いメモ帳がもう4冊も君のことで埋まっちゃった」

(今までの最高記録は、兄さんの3冊だったけど)

〇〇「そ、そんなこと…―」

驚いている彼女がこれから伝えることを聞いたら、もっと驚愕するだろう。

目を見開く姿を想像して、胸が高鳴った。

ウィル「実は次回作について、考えているんだ」

〇〇「次回作……?」

ウィル「そう! 次回作。僕、次は君を撮りたいんだ」

彼女の顔を真っ直ぐ見つめ、口を開く。

彼女は予想通り、目を大きく見開き僕を見つめ返した。

(ああ……いい顔だ)

思わず、指でフィルターをつくり、そこから彼女を覗き込む。

ウィル「うん、やっぱりイイ絵になりそうだ!」

〇〇「だけど私、ホラーなんて……」

ウィル「そう、ちょっと君は健康的すぎるんだよね。今までの僕の作風だと」

〇〇「なら、どうしてですか?」

ウィル「どうしてって言われてもなあ……僕が撮りたいから?」

指のフィルター越しに見える彼女は、不思議そうに僕を見つめている。

〇〇「でも、そもそも演技の経験とかもないですし……」

やんわりと否定の方向へ持っていこうとする彼女を見据えながら、僕は大きく息を吸い込んだ。

ウィル「だから、君に合うテーマで作品を作ろうかと思ってるよ。 君でしか撮れない、僕にしか撮れない、新しいムービー。 君のその純粋さが……僕の手によって、人々を恐怖させるものになる」

〇〇「や、やっぱりホラーじゃ…―」

ウィル「だから、作風は君に合わせて変えるって。けど……」

(ここだけは、君にもはっきりわかっていてほしい)

ウィル「やっぱり僕は、ホラー監督ウィル・ビートンだから」

ニッと笑うと、〇〇の表情も、ようやく綻んだ。

その小さな笑顔に、僕の胸がざわめく。

(あら)

(怯える表情じゃなくて、笑顔を見てこんな気持ちになるなんて……)

(……やっぱり、〇〇の可能性は無限大だ!!)

〇〇の顔を見ながら、映画の構想を語る。

彼女は驚いてから、不安そうに目を伏せた。

その仕草を見て、僕の眉尻が自然と下がる。

(ちょっと傷つくなあ)

(僕を誰だと思ってるの?)

心の中で語りかけながら、彼女の頬に指先で触れ優しく顔を上げさせる。

ウィル「大丈夫。僕が監督するんだから、君は何も心配いらない……」

(そう、僕と、君さえいれば……)

ウィル「だから、もっと君のことを僕に教えて……これからは、四六時中一緒にいて……ね?」

不安げに揺れていた彼女の瞳は、いつの間にか真っ直ぐ僕を見つめている。

その瞳の一挙一動に、僕は心を奪われてしまっていた。

(いつまでも、君を撮っていたい……)

フィルターを作る僕の指が、いつまでも彼女を捉えて離そうとしない。

抑えきれない程の感情が、僕の胸を熱く焦がしていた…―。

おわり。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする