太陽最終話 満月の夜にあなたと

現れた狼達は、興奮状態で牙を剥き出しにして、今にも飛びかかって来そうだった。

(怖い……!)

後ずさった瞬間、狼達がいっせいに襲い掛かって来る。

ぎゅっと瞳を閉じた、その時…-。

ヴィム「やめろ!」

(ヴィム!!)

ヴィムの大声で、狼達はぴたりと動きを止めた。

ヴィム「出て行け……!」

ヴィムが睨みつけると、狼達は逃げるように去っていった。

安堵で、その場に座り込んでしまう。

ヴィム「……馬鹿野郎! ここで一体、何してるんだ!」

〇〇「あ、あの……」

ヴィムの剣幕に、すぐに言葉が出てこない。

ヴィム「……」

すると、ヴィムは私の頭の上にポンと手を置いた。

〇〇「……ヴィム……?」

ヴィム「俺のために、危ないことをするな」

〇〇「……ごめんなさい。 ヴィムに、これ以上傷ついて欲しくなくて」

そう言うと、ヴィムは呆れたようにため息を吐いたけれど……

ヴィム「お節介だな、あんた」

金色の瞳が、優しく細められた。

ヴィム「とりあえず、出るぞ」

〇〇「ま、待って」

腰が抜けたのか、上手く立ち上がることができずにいると…-。

ヴィム「……まったく」

次の瞬間…-。

私の体がふわりと宙に浮いた。

(えっ……)

ヴィムが私を軽々と抱きあげ、歩き始めた。

〇〇「ヴィ、ヴィム……!?」

動揺と緊張で頬が火照る。

ヴィム「世話がかかる」

けれど、私を見つめる彼の瞳はとてもやさしく感じられて……

私はそのまま、逞しい彼の体に身を預けた…-。

ヴィム「さっきは俺の仲間がすまない」

〇〇「仲間?」

ヴィム「ああ、あの狼達は、俺の仲間。友達なんだ。 狼の姿になって、自分を繋いだ時に……彼らに夜が明けるまでその鍵を預かってもらっている」

〇〇「そうだったんだ……」

(あれ? そういえば……今日は満月の日なのに)

目の前にいるヴィムは、狼姿ではない…-。

〇〇「ヴィム、狼の姿じゃない……?」

ヴィム「ああ……」

ヴィムも、不思議そうな顔をしている。

ヴィム「いつもは、もう血が騒ぎ出す頃なんだけど。 今日は、なんでだろうな。あんたが襲われてるの見て、そんなこと忘れちまった」

〇〇「えっ……?」

ヴィムが優しく微笑んで、私を抱き直す。

ヴィム「昨日、やっと……あいつが俺の夢に出てきた」

〇〇「あいつ……サラさん?」

ヴィムの悲しそうな笑顔が、月明かりに照らされる。

ヴィム「ごめんね、だってさ。謝るのはこっちなのに」

〇〇「そんなことない……サラさんは、ヴィムが傷つくことを望んでいないよ」

ヴィム「ありがとう……」

(ヴィム……)

ヴィムに見つめられ、私の胸が音を立てる。

ヴィム「あと……」

ヴィムは目を逸らすと、照れ臭そうに頭をかいた。

ヴィム「サラに……お前のこと、大切にしろって言われた」

〇〇「え……」

ヴィム「あいつも、お節介だからな」

その言葉に頬が染まり、まともにヴィムの顔を見れないでいると…-。

ヴィム「〇〇。いつもみたいに、ちゃんと俺を見ろよ」

優しく体を抱き寄せられ、こつん、と額をくっつけられた。

そのまま額が摺り寄せられ、頬に鼻を押しつけられる。

〇〇「ヴィ、ヴィム!」

ヴィム「やっと、顔を上げたな」

〇〇「あ……」

見つめ合って、それから微笑み合った。

満月の光が、ヴィムを明るく照らし出す。

きらきらと輝く金色の瞳は、もう過去の哀しみを映し出してはいなかった…-。

おわり。

<<太陽5話||太陽SS>>