太陽SS 終幕に向けて

満天の星々が、視界いっぱいに煌めいている…-。

ドロワット「俺は、魔法使いの王子だからな。魔法を悪事に使う奴には、キツいお灸を据えてやらねぇと」

箒の後ろに乗せた〇〇を振り向いて、俺は口の端を吊り上げて見せる。

強気なところを見せたつもりだったのに、なぜか〇〇はふわりと頬を緩ませた。

〇〇「やっぱり、ドロワットさんは優しいと思います」

彼女の言葉に、むず痒いように、けれど温かな感情が胸に込み上げる。

(ったく……俺のこと優しいなんて言うの、お前くらいなもんだぜ)

(出会ったばっかりの頃から……お前はそうやって、ちゃんと俺の中身を見てくれるんだよな)

ドロワット「なんだよ……まあ、お前がそう言うなら否定はしねぇけどよ」

そう答えた声には、我ながら隠しようもないくらいの喜びがにじんでいた。

そんな彼女から視線を前に向けると、改めて箒を握り直す。

ドロワット「城に着いても、絶対に俺から離れるなよ。 ま、俺の魔法がありゃ、相手にもならねぇ連中だとは思うが……」

〇〇「わかってます」

俺の腰に回った〇〇の腕に、ぎゅっと力が込められる。

〇〇「でも、ドロワットさんも無理はしちゃ駄目ですよ。 ドロワットさんがすごいのはよくわかってますけど……私だって、心配なんですから」

ドロワット「……そうかよ」

〇〇から伝わってくる想いに、心はたやすく舞い上がる。

(〇〇は、俺が強い魔法を使えるからって、妙な色眼鏡で見たりしねぇ)

(そんなお前の前だからこそ……格好つけたくなっちまうんだ)

(こんなこと、恥ずかしくてお前に言えやしねぇけど)

背中に感じる〇〇の温もりが心地よくて、いつまでも触れていてほしくて……

俺は城に向かう箒の速度を、ほんの少しだけ緩めたのだった。

……

物語の王子や、城の兵士達をウサギに変えてしまった後……

〇〇「このお話、どうやって完結させましょうか……」

ドロワット「何悩んでるんだよ? 完結させる方法なんざ、わかりきってるだろ」

思案気な表情を浮かべていた〇〇を、俺は腕の中に閉じ込めた…-。

ドロワット「王子がいなくなっちまったなら、俺がその役をやればいい。 もともと俺達は、新しい物語を作りに来てんだ。なら、結末だって俺達が決めていいはずだ」

耳元で囁くと、見る間に〇〇の頬が赤く染まっていく。

(お前が主人公なら、相手は俺しかいない)

(そうだろ、〇〇?)

ドロワット「悪役を倒して、愛し合う二人が結ばれて……最高のハッピーエンドだろ? それともまさか……。 物語に出てくる素敵な王子様と、いい感じに結ばれたかった……とか言うんじゃねぇだろうな?」

わざと拗ねたような声を出して尋ねると……

〇〇は真っ赤な顔のまま、まっすぐに俺を見つめ返してきた。

〇〇「いいえ……結ばれるなら、ドロワットさんとがいいです。 私にとって一番素敵な王子様は、ドロワットさんですから…-」

ドロワット「……っ。 惚れた女にそこまで言わせるなんて、さすが俺だ」

(なんでだろうな。お前はいつも、俺が一番欲しい言葉をくれる)

(……心を読む魔法でも使ってんじゃねぇだろうな?)

嬉しさで胸がいっぱいになって、俺は〇〇を抱く腕にいっそうの力を込めた。

ドロワット「俺が結ばれたい女も、お前だけだ。たとえ物語の中だって、他の男になんか渡してやらねぇよ」

愛おしさを言葉に乗せて、そうはっきりと宣言した瞬間……

物語の終わりを告げるように、城のバルコニーに白い光が差し込んだのだった…-。

おわり。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする