太陽最終話 至福のメロディー

まばゆい光が、午後の穏やかなまどろみの中に消え入っていく…-。

(何が起こったの……?)

二人が、ハッとして顔を見合わせた。

ケロタ「……もしかすると、もしかするかな」

ビッキー「……ああ。ケロタ、行くぞ」

……

ビッキー「……よし」

ケロタ「いっせー……のっ!!」

その声を合図に、二人は反対方向へと走り始める。

(呪いが……?)

ケロタが見えないほど遠くへ行っても、ケロタがビッキーさんの肩に戻ることはなかった。

ケロタ「やった……やったーーーー!」

ビッキー「呪いが、解けた……?」

二人は駆けより、嬉しそうに抱き合っている。

ケロタ「でも、どうして?至福のメロディーは?」

(そういえば……)

ビッキー「……心当たりがあるかも」

ケロタ「どういうことだよ、ビッキー」

ビッキーさんは、そっと自分の胸に手をあてる。

ビッキー「僕は……ずっと、自分を孤独だと思っていたんだ」

ケロタ「なんで?嫌になるくらい一緒にいただろ」

ビッキー「君といると、楽しくて……けれど、一人でいるより、寂しかった。 だって、僕は……君が、いつかいなくなってしまうと思っていたから。 呪いがあるから一緒にいてくれるだけで、それがなくなったらもう一緒にはいられない。 そう自分に言い聞かせて……いつも、さよならの準備をしてたんだ。 いつだって、息をする度に胸が痛かった」

ケロタ「……ビッキー……」

ビッキー「でもね、〇〇が現れて、勇気をくれたんだ。 そして、ケロタ。君が僕を友達だと言ってくれた時……。 僕は、初めて孤独じゃなくなった。自分に自信が持てたんだ。 こんなに穏やかな気持ちになったのは初めてだ。 胸が痛くない……鼓動の音が、心地いいんだ。 この鼓動の音に名前をつけるとしたら……」

ケロタ「至福のメロディー……?」

〇〇「……!」

ビッキーさんは、静かに微笑む。

けれど次の瞬間、ケロタがビッキーさんの肩に飛び乗り、頬に盛大に飛び蹴りをした。

〇〇「ケ、ケロタ!」

ケロタ「なんだ、こんなことかよ! バカビッキー!始めっからオマエがイジケたりしなければよかったんじゃねえか!」

そう言いながらも、ケロタは優しく笑っている。

ケロタ「あ~あ……集めた歌が泣くぜ……」

ケロタは、次々と歌を歌う。

ビッキー「うん。でも、楽しかったなあ……」

ビッキーさんがそれに続き、美しい歌が空に響いた。

(なんて、幸せなメロディー……)

ビッキー「ねえケロタ、ほっぺた痛いんだけど」

ケロタ「ワシの心の方が痛い」

ビッキー「なんでさ」

ケロタ「こんなバカに何年も付き合ってたかと思うとな。イタタタタタ」

ビッキー「……楽しかったくせに」

ケロタ「オマエ……言うようになったな」

歌いながら時に言い合いをする二人は本当に楽しそうで、私まで幸せな気持ちに満たされていった。

ケロタ「……さーてと」

歌が途切れると、ケロタはビッキーさんの肩から飛び降りる。

ケロタ「自由の身だ~!!待ってろ美女ガエル達~!」

ケロタはそう叫んだ後、振り返りもせず遠ざかっていった。

(行っちゃった……)

ビッキー「……ねえ、〇〇。 アイツ、離れないとかなんとか言ってなかった?」

遠ざかっていくケロタの後ろ姿を見つめ、ビッキーさんがぽつりとつぶやく。

〇〇「はい……でも、きっとすぐに戻って来ますよ」

遠くでケロタがカエルに花を渡しているところが見えて、私達は顔を見合わせて笑った。

ビッキー「すぐに、じゃないといいんだけど」

〇〇「え?」

ビッキー「君に伝えたいことがあるから」

ビッキーさんの長い指が、私の頬にそっと触れる。

〇〇「……?」

ビッキー「……ありがとう。 君がいなければ、一生気づけないままだった。 本当は、これも言わないでおこうと思ってたんだけど……。 何事も、駄目って決めつけないで聞いてみないとわからないよね」

ビッキーさんはそう言うなり、私の前に跪く。

〇〇「あの……?」

そっと私の手を取り、静かな自信を湛えた瞳で私を見つめた。

ビッキー「僕は……ずっと、自分に自信がなかった。 僕のことなんて、誰も愛してくれない。そう思ってた。 いつしか愛されたいと望むことをやめて……。 相手にも、自分にも、何も期待しないよう自分に言い聞かせてきた。 でもね、ケロタと……君が、教えてくれたから。もう一度、自分を信じてみたくなったんだ」

ビッキーさんの瞳がそっと細められ……静かに私の手の甲に唇を落とす。

〇〇「……っ」

ビッキー「〇〇……好きだ」

〇〇「ビッキーさん……!」

ビッキー「僕は……もっと、君の傍にいたい。 君に愛されたい。 そのための努力を、君の隣でしたいんだ。 ……いいかな?」

胸の音がどきどきとうるさくて……私は、返事の代わりに彼の手を取る。

(嬉しい……)

彼が嬉しそうに微笑むと、胸が甘く締めつけられる。

その胸の音を聞きながら、私はこの上ない幸せだと思った…-。

おわり。

<<太陽9話||太陽SS>>