太陽SS 陽射しの中で

午後の澄んだ陽射しの中で、歌声が煌めいている…-。

ケロタ「……さーてと」

一通り歌を歌い終えると、ケロタは満足そうに喉を鳴らした。

ケロタ「自由の身だ~!! 待ってろ美女ガエル達~!」

ケロタは、そう言うなり振り返りもせず遠ざかっていった。

(アイツ……)

軽やかに飛び跳ねるケロタを見つめ、僕は呆れたため息を吐く。

(まったく……そんなに嬉しそうにすることないだろ)

ビッキー「……ねえ、〇〇。 アイツ、離れないとかなんとか言ってなかった?」

そう言いながらも、自然と笑みがこぼれてしまう。

〇〇「はい……でも、きっとすぐに戻って来ますよ」

遠くでケロタがカエルに花を渡しているところが見える。

彼女と顔を見合わせ、思わず吹き出してしまった。

(美女ガエル、見つけた?)

(よかったね、ケロタ)

目を細めてケロタを見つめる彼女の横顔を、僕はそっと見つめる。

ビッキー「すぐに、じゃないといいんだけど」

その横顔に囁きかけると、彼女はこちらを振り返った。

〇〇「え?」

ビッキー「君に伝えたいことがあるから」

僕は彼女に指を伸ばし、その柔らかな頬に触れる。

(……ああ、ドキドキするな)

(受け入れてもらえないかもしれない)

(でも、それでも……)

(……君に、伝えたいから)

〇〇「……?」

僕は大きく息を吸い、彼女をまっすぐに見つめた。

ビッキー「……ありがとう。 君がいなければ、一生気づけないままだった。 本当は、これも言わないでおこうと思ってたんだけど……。 何事も、駄目って決めつけないで聞いてみないとわからないよね」

〇〇「あの……?」

彼女の前に跪くと、胸が大きく音を立てる。

ビッキー「僕は……ずっと、自分に自信がなかった。 僕のことなんて、誰も愛してくれない。そう思ってた」

(だって、そうだろ?)

(両親には国を追い出され……)

(行く先々で、人々に奇異の目で見られた)

(ケロタにも、嫌われてるって思ってた)

ビッキー「いつしか愛されたいと望むことをやめて……。 相手にも、自分にも、何も期待しないよう自分に言い聞かせてた。 でもね、ケロタと……君が、教えてくれたから。もう一度、自分を信じてみたくなったんだ」

(そう……ずっと聞けなかったこと……君のおかげでケロタに聞けたよ)

(それがどれだけ大きなことだったか……どれだけ感謝しているかを、君に伝えたい)

(……もしもこの気持ちを受け入れてもらえなくても)

(僕は君に忠誠を誓う)

心の底から気持ちが溢れ、僕は彼女の手に誓いの口づけを落とす。

〇〇「……っ!」

ビッキー「〇〇……好きだ」

〇〇「ビッキーさん……!」

ビッキー「僕は……もっと、君の傍にいたい。 君に愛されたい。 そのための努力を、君の隣でしたいんだ。 ……いいかな?」

彼女の答えを待つ間、永遠のような時が流れる。

(〇〇……?)

彼女が僕の手を取り笑ってくれた時……世界から音が遠ざかっていった。

〇〇「ビッキーさん?」

(それは、いいっていう返事でいいんだよね)

(僕……間違ってないよね)

〇〇「あの……?」

(ああ、夢みたいだ)

気持ちを抑えることができず、僕は彼女を抱き上げる。

〇〇「……っ」

横抱きにすると、彼女は驚いたのかそっとまつ毛を伏せた。

ビッキー「もう一回」

〇〇「え?」

真っ赤に染まった耳元に囁きかけると、彼女は困ったような顔をする。

ビッキー「もう一回、笑って」

〇〇「そんなこと言われても……」

恥ずかしそうに目を逸らす彼女を抱いたまま、くるりと回る。

彼女はそっと僕の首にしがみついた。

ビッキー「笑ってくれるまで、下ろさない」

(何度だって見たいんだ)

〇〇「そ、そんな……!」

ビッキー「……僕、はしゃぎすぎかな?」

少しだけ我に返りそう聞くと、彼女はふっと笑みを浮かべる。

〇〇「……ちょっと、だけ」

彼女の口元に花のような笑顔が広がって……僕は、なぜだか泣きそうになった。

(君に、わかるかな)

(僕が今、どれだけ幸せか)

(どれだけ君が……愛しいか)

彼女が僕の顔を覗き込む。

〇〇「ビッキーさん?」

(ねえ、ケロタ)

(僕は……幸せだ)

〇〇を、強く抱きしめる。

彼女の髪は、暖かな日向の香りがした…-。

おわり。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>