太陽SS 等身大の恋

執筆に煮詰まった私の元に、〇〇さんが来てくれることになった…-。

多くの時間を共にして、気づいたことがある。

(貴方にも、まさかこんな一面があったなんて……)

例えば、〇〇さんは時折楽しそうに鼻歌を口ずさむ。

けれど、どうやら本人はそれに気づいていない。

愛する人の癖はうつるとよく言うが、本当のようで……

〇〇「藤目さん、鼻歌をうたわれるんですね」

藤目「え? ああ……」

気づけば執筆中の私も、鼻歌を口ずさむようになっていた。

藤目「貴方も……」

〇〇「?」

藤目「いえ、なんでもありません」

私がそう言うと、〇〇さんは柔らかく笑った…-。

(ああ、なんて幸せな日々なのだろう……)

〇〇「藤目さん、どうぞ」

淹れたてのお茶の香りが鼻腔をくすぐる。

藤目「ありがとうございます、〇〇さん」

彼女が淹れてくれるお茶は、特別においしく感じられた。

〇〇さんは手際よく、部屋の片づけや私の世話をこなしてくれる。

〇〇「他にしてほしいことがあったら、言ってくださいね」

傍にいてくれたなら何もしてくれなくていいと思うけれど、彼女が私のために何かをしてくれる度に、それを心地よく思ってしまう。

藤目「まるで奥さんですね」

すると〇〇さんは、茶目っ気たっぷりに微笑んだ。

〇〇「旦那様、あと少しですから頑張ってくださいね」

(貴方という人は……)

私の会話に付き合ってくれる貴方を、また愛おしく感じる。

藤目「こんなにかわいい奥さんに応援されたら、頑張らないわけにはいきませんね」

彼女の存在が、私の世界を彩る…-。

……

(どういうことだ……)

悲恋を書くはずが、いくら考えても幸せな結末にたどり着いてしまう。

藤目「やはり、私には悲恋が書けないのだろうか……」

髪をくしゃくしゃと掻き上げながら、頭を悩ませる。

(〇〇さんと出会って、恋を知ったと思ったけれど……)

その瞬間、はっと気づく…-。

藤目「……だからか」

(私の恋愛感情は、〇〇さんとの間に生まれたものだけだ)

(だから、悲しいものなど書けない)

(……書きたくないのだ)

藤目「……ならば、今しか書けない物語だってあるはずだ」

松影のような才能にも憧れるけれど、それはもはや私ではない。

(等身大の私の恋の物語を書こう)

(それこそが、藤目という唯一無二の小説家なのではないか?)

私は、無我夢中で筆を走らせた…-。

……

空にうっすらと月が姿を現す頃、物語は無事に結末を迎えることができた。

〇〇「楽しみにしてます。今回は悲恋……なんですか?」

藤目「いえ、それもいいなと思っていたんですが、最終的にはやはりハッピーエンドにしてしまいました」

〇〇「そうなんですか? どうして……」

首を傾げる彼女のしぐさが愛らしく、私の心は温かな光に満たされていく。

(〇〇さん……)

私は彼女の腕を引き寄せ……

藤目「貴方に出会えてから、恋愛感情をよりリアルに表現できるようになったと思っています」

(〇〇さんと出会って、私の世界は広がった)

藤目「ただ、私にはまだ恋を失った経験がない。 だからきっと、今の私では『月夜ニ君ヲ想フ』には敵わないような気がしたんです」

(小説家としては、もっと貪欲になる必要があるのかもしれない)

(けれど、今はまだ……)

腕の中にいる愛おしいこの人を、手放すことなど考えられない。

藤目「でも今は、愛する人が傍にいる喜びを、温かな幸福を静かに綴っていきたい」

(〇〇さん……貴方はどう思っているのでしょうか?)

すると、私の気持ちに応えるように彼女の手が私の胸に触れる。

〇〇「私も、愛する人とハッピーエンドを迎えたいです」

澄んだ瞳が私を見上げた…-。

(ああ……まただ……)

彼女の優しい言葉は、私を物語の世界へと誘う。

(また、愛の物語が生まれる)

目を閉じて、彼女の耳元に唇を寄せる。

藤目「貴方がそうして私を想ってくれている幸福感が、文字になって止まらないんです。 あなたが愛おしくて、たまらない」

彼女の柔らかな頬に触れ、そっと唇を重ねる。

(まだ知らない愛の形があっても、いいだろう)

(ゆっくりと、知っていけばいい……)

私は彼女を強く抱きしめ……

愛する人が腕の中にいる、その喜びを噛みしめるのだった…-。

おわり。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする