太陽SS ぼくの変化

夕焼けが、街も人も、ぼくの部屋の中も全部染めていく。

いつもだったら、窓から外を眺めている時間だ。

けれど、今日は違う。

トルマリ「○○は、明るい色のドレスが似合うと思うんだよね」

彼女のドレスを選ぶため、ぼくはクローゼットの中を見渡していた。

(このドレスはどうかな……○○にぴったりかも)

(いや、こっちの方が似合うかな。着たらきっと可愛いんだろうな)

○○とは今日初めて出会ったのに、

ぼくは今、彼女のことで頭がいっぱいになっている。

(何だろう、すごく楽しい)

(こんな気持ち、初めてだ……)

ふと、あの時のことを思い出した。

(あの言葉、嬉しかったな……)

それは、路地のあの男達がぼくを気持ち悪いと言った時のこと…―。

ーーーーー

○○「……謝ってください」

街の男「はぁ?」

○○「トルマリのこと、そんな風に言わないで……!」

ーーーーー

彼女は、震えながらも男達にはっきりと言った。

その言葉を思い出し、ぼくは思わず自分のドレスをぎゅっと抱きしめる。

(その前まで怖がって震えていたのに、無茶するよね)

(それでも、ぼくのために言ってくれたんだ……)

後ろにいる彼女を盗み見る。

(でも、きみは一つだけ間違っているよ)

(ピンクのドレスが一番似合うのは、ぼくよりきみなんだよ)


……

ぼくが選んだドレスに着替えた彼女が、嬉しそうにこちらを振り返る。

○○「ありがとう、トルマリ…―」

(すごく、かわいい……)

選んだドレスは本当によく彼女に似合っている。

そんな彼女を見て、ぼくは少しだけ胸が苦しくなる。

(きみの隣に、男のぼくで立ちたいな)

(そう言ったら、きみはどう思うんだろう)

(きっと驚いて顔を真っ赤にするかも)

女の子の服を着ている自分を、初めて少し嫌だと思った。

○○「どうしたの?」

何も言わないぼくに、彼女が不安そうな顔をする。

誤魔化すように、ぼくは靴を彼女に手渡した。

トルマリ「はい、これ。 これだったら、痛くないと思う」

○○「ありがとう!」

嬉しそうに、彼女がはにかむ。

その頬に、触れたいと思った。

(手で触れて、キスしたい)

(ぼくを見つめる瞳にも、可愛らしい鼻にも)

(唇にも……)

トルマリ「やっぱりそのドレス、ぼくが着るより似合ってる」

○○「そ、そんなことないよ……」

彼女が恥ずかしそうに後ろを向いてしまう。

その拍子に、彼女がドレスの裾を踏んでしまい、倒れそうになった。

○○「……っ!」

トルマリ「危ないっ!」

とっさに彼女を後ろから抱きとめる。

腕に感じた彼女の暖かさに、胸が音を立てた。

(軽い……それに、何て…―)

顔が一気に熱くなっていく。

彼女の柔らかさに、どうしていいかわからなくなる。

(早く……離さないと)

けれどその時…―。

彼女のうなじがぼくの視線を奪った。

吸い込まれるように、そのうなじに唇を寄せそうになって…―。

○○「……! あ、ありがとう……」

触れそうになった瞬間、彼女の声にハッと我に返った。

(ぼく……今……)

そっと彼女を腕から離す。

そして、彼女が振り向く間に、なんとか笑顔を貼りつけた。

トルマリ「危なっかしいなあ、○○は」

ちゃんと笑えているか、不安だった。

けれど、彼女はぼくの様子を気に留める余裕はないみたいだった。

(○○の顔、赤い……)

彼女の顔は、ぼくと同じように真っ赤になっている。

(顔が赤いのは、転びそうになって恥ずかしいから……?)

(それとも、少しはぼくにドキドキしてくれたのかな?)

(……そうだったらいいな)

彼女への想いがどんどん胸の中で膨らんでいく。

(きみはぼくの事を、可愛い女の子みたいに思っているから)

(でも、違うよ? ぼくは男なんだ)

自分と同じ気持ちでいて欲しいと、どこかで思いながら、きみと肩を並べてドアへと向かう。

(ぼくが女の子の服装をやめることはないけれど、きみには男だと思われたい)

(わがままかな……)

けれどぼくは、きみはそれも受け入れてくれるんじゃないかって、心のどこかで願っている。

だからぼくは、きみに言おうと思う。

(ぼくと、ダンスを……)

空が黄昏色から、濃いブルーに変わっていく。

その中に浮かぶ星が、彼女と同じように美しく輝いていた…―。

おわり。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>