太陽SS 安心のまどろみ

〇〇とヒヨコが野犬に襲われるのを助けた後…-。

ひとまず一度、城へ戻ることにした。

レオニー「〇〇、本当に大丈夫か? 本当の本当に怪我とかしてないか?」

〇〇「うん。そんなに心配しなくて大丈夫だよ、本当に平気だから」

ヒヨコ「ぴぴー……っ!」

ヒヨコもオレの胸の中で応えるように小さく鳴く。

(心配するなって言われても……)

これまで一緒に感謝祭に向けて頑張って来ただけに、どうしても気になってしまう。

レオニー「……なんかゴメン……オレがあの時、アンタから離れなきゃよかったのに……」

(そしたらあんな怖い思い、させなくてすんだのに……!)

自分が小心者だからこそ、恐怖に襲われた時の気持ちはよくわかる。

胸がぎゅっと痛くなって、隣を歩いていた〇〇の手を握った。

〇〇「……レオニー……」

レオニー「ん?」

その時、優しく名前を呼ばれてオレは俯きかけていた顔を上げた。

〇〇が穏やかに微笑んでオレの手を握り返してくれる。

〇〇「……襲われた時は怖かったけど……。 でもレオニーが勇気を出してる格好いいところが見れたから……」

レオニー「! オレ……ちゃんと勇気出てたのか!? 格好よかったのか!?」

心の奥が震えるような不思議な感覚が胸に湧き上がってきて、〇〇の手をもっと強く握りしめた。

〇〇「うん……。 あの姿を見たら、もう誰もレオニーのこと、怖がりだなんて思わないよ」

レオニー「〇〇~~っ!」

〇〇「えっ、レオニー!? ま、待って!ヒヨコが潰れちゃう!」

思わず込み上げて来る感情のままに〇〇を抱きしめてしまって、慌てて胸元のヒヨコを心配して力を緩めたのだった…-。

その後…-。

城の部屋に戻って来た時だった。

〇〇「!? レオニー!」

レオニー「あ……れ? オレ、どうしたんだ……!?」

いきなり足元から力が抜けて、オレはその場に座り込んでしまっていた。

立ち上がろうとして足が震えていることに気づいた。

〇〇「大丈夫? 具合でも悪いの?」

心配した〇〇が顔を覗き込んでくる。

レオニー「いや、これ多分違う。うわ……やっぱりオレ怖がりなままかも……。 情けないけど、今さらになって腰が抜けたみたいだ……」

〇〇「えっ、そうなの!?」

驚きに声を上げる〇〇に合わせて、胸元でヒヨコも鳴く。

〇〇「そこまで行くのに肩を貸すね」

〇〇はオレの肩に手を添えてベッドへと運んでくれた。

白いシーツの上に腰をかけるなり、全身から緊張が抜けてオレはその場に背を倒す。

(せっかく格好いいところ見せれたのにな……)

やっぱり弱い自分を見られて、悔しさに歯噛みする。

するとその時、ヒヨコが胸元からこぼれるように転がり出てきた。

ヒヨコ「ぴぴぃ……ぴ……ぃ……」

レオニー「ん?」

ヒヨコはよちよち歩きでオレの頭の近くまでくると、その場で小さく丸くなってしまう。

〇〇「……この子、寝ちゃったみたい……」

レオニー「そう……みたいだな?」

小さな寝息を立てるヒヨコを見て、オレと〇〇は小さく笑う。

そしてそのすぐ後……

〇〇「ん……っ」

〇〇がオレの横で腕を前に伸ばして欠伸をした。

レオニー「〇〇、眠いのか?」

〇〇「……うん……多分レオニーと一緒で緊張が抜けたんだと思う……」

レオニー「そうか、ならココ横になれよ。オレも慣れないことして疲れたし、ちょっと昼寝しようか?」

〇〇「でもいいの? 感謝祭は見に行かなくて……」

窓の外に遠く見える街並みを見て〇〇が眉を寄せる。

レオニー「いいだろ、どうせ祭りはまだ終わらないし、後から行けば。 それより……」

〇〇「……!」

オレが手を引くと、〇〇の体が隣に倒れ込んできた。

〇〇「レオニー!?」

レオニー「ふあ……なんかオレも眠くなってきたよ……〇〇」

目をこすって、シーツの上に乱れた〇〇の髪を手に取る。

レオニー「アンタの髪、柔らかくてふわふわだ……コイツとどっちが柔らかいかな?」

二人の間で寝息を立てるヒヨコを見て、また小さく笑う。

(でも……もう本当に眠い……な……)

穏やかな午後の陽射し照らされながら欠伸をする。

すると、〇〇もオレの頭に手を伸ばしてくれた。

〇〇「おやすみ……レオニー……勇気のあるレオニーも、今のレオニーもーー」

その言葉の続きを聞くことなく睡魔が襲ってくる。

レオニー「ごめん……聞こえない……でもオレもきっと……同じ気持ち……」

半分夢の世界に誘われながら、細い体を抱き寄せる。

〇〇は、暖かい陽射しのようにオレの好きな匂いがした…-。

おわり。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>