太陽最終話 勝者に口づけを

感謝祭の前日までゴーシュくんの特訓は続き、

ついに迎えた、エッグレース当日・・・-。

ゴーシュ「これで最後・・・・・・」

最終決戦まで無事に勝ち残ったゴーシュくんが、精神統一をするように深呼吸をする。

○○「頑張って・・・・・・ゴーシュくん」

ゴーシュ「当たり前だよ、絶対優勝する」

○○「うん!」

私は、自信に満ちた笑みを浮かべるゴーシュくんに笑い返す。

○○「ゴーシュくんは王子様だし魔法も使えるのに、正々堂々と頑張っててすごいよ。 とても立派だと思う・・・・・・最後も落ち着いて、頑張ってね」

ゴーシュ「○○・・・・・・」

ゴーシュくんが驚いたような表情を浮かべながら、じっと私の瞳を見つめた。

けれど、すぐにいつもの少しませた表情へと変わり・・・・・・

ゴーシュ「安心しててよ。おれ、絶対にあんたのキス、もらうから」

○○「・・・・・・うん」

ゴーシュ「じゃあ行ってくる」

恥じらいながら頷く私にひときわ輝く笑顔を見せた後、ゴーシュくんはコースに駆けて行った。

・・・

・・・・・・

そして・・・・・・

司会者「それでは、用意・・・・・・スタート!」

決勝戦が始まり、応援席から大きな歓声が湧き上がる。

○○「ゴーシュくん! 頑張って・・・・・・!!」

ゴーシュ「っ・・・・・・」

器用にスプーンの上の卵の均衡を取りながら、ゴーシュくんが真剣な顔で走って行く。

けれど・・・・・・

ゴーシュ「わっ・・・・・・!」

○○「ゴーシュくん・・・・・・!」

他の走者と肩がぶつかってしまったゴーシュくんは、ぐらつく卵に気を取られて、他の走者に追い抜かれてしまう。

ゴーシュ「くっ・・・・・・」

どうにか体勢を立て直したゴーシュくんが、懸命に走る。

(速い・・・・・・)

積み重ねてきた特訓のおかげか、ゴーシュくんはあっという間に他の走者を抜き返していった。

そしてついに、先頭を走る走者と並び・・・-。

司会者「ゴーール!! 優勝はゴーシュ王子です!!」

会場から、これまでで一番大きな歓声が湧き上がる。

○○「ゴーシュくん・・・・・・よかった・・・・・・」

感動して思わず涙がにじみそうになった、その時だった。

ゴーシュ「○○!」

顔を上げると、表彰台の上にいるゴーシュくんが笑顔で手招きをしていた。

私は少し戸惑いながらも、表彰台へと上がり・・・・・・

男の子1「ゴーシュさま、おめでとー!」

男の子2「おめでとう! すっごくかっこよかったよ!!」

会場の人々は一様に笑みを浮かべ、私の隣に立つゴーシュくんに惜しみない賛辞を贈る。

○○「私からも・・・・・・おめでとう、ゴーシュくん。 私、本当にすごく感動して・・・-」

ゴーシュ「うん・・・・・・じゃあ・・・・・・。 賞品のキス、くれるよね?」

○○「えっ!? こ、ここで?」

ゴーシュ「あんたのために勝ったんだ。だから早くご褒美、ちょうだいよ」

表彰台には、多くの人々の視線が集まっていて・・・・・・

私はどうしたらいいかわからず、視線を彷徨わせてしまう。

ゴーシュ「ねえほら、早く!」

少しからかうような顔で、ゴーシュくんが私を急かす。

○○「・・・・・・っ」

(すごく恥ずかしい、けど・・・・・・」

(・・・・・・約束、だもんね)

意を決した私は、そっと彼の肩に手を添える。

そして・・・-。

(ゴーシュくん・・・・・・)

ゴーシュ「・・・・・・っ!!」

ゴーシュくんの柔らかな頬に、小さなキスを落とす。

そして、彼から体を離すと・・・・・・

ゴーシュ「なっ、なんだよ!ほっぺたかよ」

○○「あ・・・・・・だ、駄目だった?」

ゴーシュ「べ、別に悪くないけど・・・・・・でも、せっかく優勝したのに・・・・・・それだけ、かよ」

私と同じように頬を染めながら、ゴーシュくんが不満そうに言葉をこぼす。

○○「それだけって・・・・・・」

ゴーシュ「いいから、はやく! もう一回!」

○○「・・・・・・」

再び彼の顔に、自分の顔を寄せる。

きらきらと自信たっぷりに輝く紫の瞳は、今は忙しなく揺れていて・・・・・・

ゴーシュ「・・・・・・っ」

もう一度ゴーシュくんの頬にキスを落とすと、彼は体を微かに震わせる。

やがて、小さく触れた唇を離すと・・・・・・

ゴーシュ「・・・・・・ま、まあ! いいってことにしといてやるよ!」

言うや否や、ゴーシュくんはくるりと私に背を向けてしまう。

(・・・・・・照れてる?)

後ろから覗く彼の耳は、真っ赤に染まっていた。

(かわいい・・・・・・)

くすりと笑ったことを彼に気づかれないように、自分の口元を手で押さえる。

そんな私達を、暖かな陽の光と人々の歓声が包み込んでいたのだった・・・-。

おわり。

<<太陽5話||太陽SS>>