太陽SS 君のために

空が薄らと明るくなり始めている…-。

ご来光まで、あともう少し。

ケーブルカーが止まってしまうアクシデントがあったけれど、俺と〇〇は、無事に展望台に到着することができた。

エドモント「ご来光もきちんと見えるし、ここでなら二人でゆっくり見ることができる」

大きな木の後ろに、二人だけ入れるスペースがあり、俺はそこに〇〇を案内した。

〇〇「すごい……! なかなか、ここに気づくことはできないと思います」

エドモント「ありがとう……じゃあ、ここでゆっくりご来光を待とう」

(〇〇、すごく嬉しそうだ)

(やはり、事前に確認をしておいてよかった)

彼女を見つめながら、数日前のことを思い出す…-。

数日前…-。

俺は、公務の合間をぬって展望台を見学にきていた。

(当日は、ここにたくさんの人々が訪れる)

(〇〇に負担をかけたくはない。そのためにも、よりよい場所を確保しなければ……)

俺は、頭の中でご来光をシミュレーションする。

(東の方角は、きっと人が集中してしまう。そうなると……ここなら大丈夫だろうか?)

(しかし、ここだと遮るものが多い……肝心のご来光を見られない可能性もある)

エドモント「……どこから見るのがいいんだろう?」

展望台の端に植えられた大きな木に身を委ね、俺は深いため息を吐いた。

従者「エドモント様、そろそろお戻りの時間でございます」

エドモント「ああ、わかった」

諦めかけた、その時…-。

エドモント「……!?」

木の後ろに、少しだけスペースがあることに気づいた。

(ここなら、〇〇と共にご来光を楽しむことができる)

この場所でご来光を眺める俺と〇〇を想像してみた…-。

(ああ、なんて素敵な一年の始まりなんだろう……)

しかし、ほっと胸を撫で下ろしたのも束の間、俺は肝心なことに気づいてしまった。

場所は確認できたのはいいが、俺はまだ〇〇にご来光を見にいこうと誘えずにいた。

エドモント「……〇〇は、俺の誘いを受けてくれるかな?」

(彼女のことだ、きっとたくさんの人から誘いがあるだろう)

(その中で、俺を選んでくれるだろうか……)

不安にのみ込まれ、俺はその場に立ち尽くしてしまう。

従者「……様、エドモント様、お急ぎください……!」

呼びにきた従者の声に、俺はハッと我に返った。

(だから……)

〇〇がご来光を見たいと言ってくれた時、飛び上がるほど嬉しかった。

(勇気を出して、誘ってよかった)

〇〇「わぁ……」

俺の隣で、〇〇がご来光を眺めている。

エドモント「ああ、美しいね」

ご来光よりも、〇〇のことばかりを見てしまう。

(〇〇の笑顔は、何故こんなにも美しいんだろう……)

〇〇「エドモントさん……今日は誘って頂き、ありがとうございました。 こんなに綺麗なご来光を見られるなんて、素敵な一年を過ごせそうです」

エドモント「……〇〇」

(それは、俺が言いたかった言葉だ……)

(〇〇も同じことを思っていたなんて……)

気丈に振る舞おうとしても、込み上がってくる感情を、抑えることができない。

俺は、衝動的に〇〇に抱き寄せていた。

〇〇「エドモントさん……」

俺は、〇〇の顔に近づき……

柔らかなその唇に、口づけをした。

(少し大胆すぎたかな?)

(けど……こんな状況だと、我慢する方が難しいよ)

いくつもの言い訳を並べながら、俺はもっと〇〇を求めてしまいそうになる。

(今日は一年の始まり……つまり特別な日だ)

(だから、この様な大胆な行動も許して欲しい……)

ご来光の光はとても柔らかく…-。

俺の懺悔を許してくれるかのように、二人を優しく包み込んでくれた。

おわり。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする