太陽最終話 オーロラの下で

馬車は私達を乗せ、森の中を駆け抜けていく。

〇〇「どこまで行くんですか?」

セラス「内緒……って言いたいところやけど、すぐにわかるから。 ちょっと冷えるし、これ着た方がええで」

セラスさんは用意してくれたコートを私に差し出した。

〇〇「ありがとうございます」

(だけど、本当にどこまで行くんだろう……?)

厚手のコートに袖を通しながら、疑問に思っていると……

セラス「この国なんの国か、忘れてるやろ?」

〇〇「なんの国って……」

セラス「日中はよう見えへんからな。せっかく見るなら、特別綺麗に見えるところに案内したる」

〇〇「もしかして、オーロラですか?」

思わず窓の外に目を向けるものの、セラスさんの手が私の視界を遮った。

セラス「まだ早い。もう少し待っとき」

〇〇「っ……」

耳元で囁かれ、体が小さく震える。

ゆっくりと手を離すセラスさんの方へと振り返ると、彼は悪戯っぽい笑みを浮かべながら私を見つめていたのだった…-。

……

それから、しばらく…-。

馬車から外に出て、広い雪原の上に降り立つ。

〇〇「わあ……」

真っ白な雪原のはるか上空には、淡く輝くオーロラが広がっていた。

セラス「それじゃ、また後でな」

馬車が去っていくのを見届けた後、セラスさんは私の手に自分の手を絡めた。

〇〇「っ……」

頬に熱を感じながら、彼を見上げる。

セラス「足元、滑るし……こうしてた方があったかいやろ?」

〇〇「……はい」

セラスさんに手を引かれ、足跡一つない雪原の上を歩いていく。

セラス「今日は、よく見えそうや」

〇〇「見えそうって?」

(もうオーロラは見えているけど……)

星空に淡く広がるオーロラを見つめ、私は首を傾げる。

セラス「今も充分綺麗やけどな。もっと驚くから」

(驚く……)

セラスさんは空を見上げて、楽しげにくすりと笑った。

セラス「ミネルヴァはな、一日に一回空にでっかく電粒を放出しとう。 それが、もうすぐなんや」

〇〇「え?」

セラス「空が一番暗くなる時に、一番綺麗なオーロラが現れるん」

セラスさんの白い息が、星空に溶けていく。

セラス「ミネルヴァもオツなことするやろ?」

〇〇「はい……」

小さく返事をすると、セラスさんが私の肩をそっと抱き寄せた。

〇〇「っ……」

セラス「寒いから、くっついとこ」

私の顔を覗き込み、セラスさんが囁く。

不意に近くなった距離に胸が高鳴った、その時…-。

セラス「ほら、空からカーテンが降りてきた」

空を見上げると、緑色のオーロラが徐々に色を濃くしていき……

セラス「これを見せたかったんや」

光り輝く星空の中で、オーロラは揺らめきながら、青や紫へと色を変えていく。

〇〇「綺麗……」

あまりの美しさに、ため息がこぼれ落ちた。

セラス「これを見られるのも、アンタのおかげや」

〇〇「え……?」

オーロラから目を離し、セラスさんの方を振り向くと……

彼が私を優しい眼差しで見つめていることに気づいた。

セラス「この美しい国を守ってくれて、ありがとうな」

〇〇「私は……」

セラス「それ以上言わんでええよ。素直に受け取ってや。 アンタが取り戻してくれたオーロラが、一番綺麗に見えるのがここ。 どうしても、連れてきたかったんや」

〇〇「セラスさん……」

セラス「なんでやろな。アンタといると、優しい気持ちになる」

指先が私の頬を撫で、唇へと降りていく。

セラス「言えんかった気持ちも言えるようになった。 そんだけアンタは、オレを変えてくれたんやで?」

セラスさんはそう言って、私の顔を寄せ……

〇〇「セラスさん……」

額に温かな吐息を感じた次の瞬間、冷たいキスが落とされた。

〇〇「っ……!」

頬に、まぶたに……次々とキスが降り注ぎ、私達の間にどちらのものともわからない白い息が広がる。

セラス「不思議やな。ずっとこうしてたいて思ってまう」

離れた距離を詰めるように、セラスさんが私の頭を自分の肩にもたれさせた。

(……私も)

胸に広がる想いを噛みしめながら、夜空を見つめる。

すると……

セラス「なあ。この気持ちを、なんて言うんかな?」

不意にセラスさんが、私に囁くように尋ねる。

セラス「アンタとずっと一緒にいたくなる。そういう気持ち」

〇〇「その気持ちは……」

セラスさんに体を預けて、そっと囁く。

その言葉は白い吐息と共に、オーロラが揺らめく夜空へと優しく溶けていったのだった…-。

おわり。

<<太陽7話||太陽SS>>