太陽SS  恋しく想う幸せ

冬の朝の淡い光を受けて、白い花が凛と咲き誇る…―。

アルビトロでクリスマスを過ごした数日後、レベルタに戻った私はこの街でもクリスマスを祝うことにした。

(〇〇様と一緒に過ごす、クリスマス……)

今夜見られるであろう彼女の笑顔を、目の前の可憐な白い花に重ねる。

(なんて清らかで美しい……)

私は花を傷つけないように、慎重に茎を手折っていく。

クローディアス「お兄さま!」

声の方を振り返ると、クローディアスがこちらに向かって駆けて来た。

クローディアス「その花は?」

クローディアスは私が抱えている白い花を見て、目を瞬かせる。

レイヴン「〇〇様へのクリスマスプレゼントに、花冠を作ろうと思ってね」

クローディアス「そうだったんだ。すごくきれいだね! ぼくも、〇〇さまに何かプレゼントしたいな」

私は膝をついて、クローディアスの瞳を覗き込む。

レイヴン「クロードは街の飾りつけを頑張るんだろう? きっと、〇〇様もとても喜んでくださるよ」

クローディアス「そうだね。ぼく、がんばるよ。〇〇さまと、お兄さまのために!」

レイヴン「いい子だね」

クローディアスの頭を撫でながら、心の中で微かに安堵する。

(私は、やはり愚かな人間だ)

もし、私よりクローディアスにもらうプレゼントの方が、彼女にとって嬉しいものだったら……

そんな子ども染みた嫉妬心に、苦笑いがこぼれる。

けれど今はそんな醜い心までも、すべて心地よく受け入れられる。

(〇〇様を想う幸せ……)

長く封じ込めていた感情が溢れ、胸がいっぱいになっていく。

クローディアス「お兄さま、早く街に戻って、飾りつけの準備をしなくっちゃ!」

クローディアスもそんな私の変化を感じているのか、いつになく嬉しそうな笑顔を浮かべていた。

レイヴン「ああ。行こう」

(早くあなたに会いたい……〇〇様)

彼女の笑顔が自然と心に浮かんで、切なさと同時に温かな気持ちが湧き起こる。

(……誰かを恋しく想うことが、こんなにも幸せなものだったなんて)

腕に抱えた白い花束を、そっと胸に抱きしめた…-。

……

色とりどりに飾りつけられたレベルタの街で、私達は〇〇様を出迎えた。

そして、彼女と一緒に用意したクローディアスへのプレゼントを渡す。

クローディアス「わあ、大きなぬいぐるみ! ありがとう、お兄さま、〇〇さま! ……じゃなかった。サンタクロースさん!」

嬉しそうなクローディアスに、私達はどちらからともなく笑みを交わす。

(こんなに幸せなクリスマスを過ごせるのは、あなたのおかげですね)

(メリークリスマス、〇〇様)

言葉にできない幾多の想いを込めて……私はそっと、〇〇様の頭に白い花冠をのせる。

〇〇「レイヴンさん、これは……」

レイヴン「あなたへの、クリスマスプレゼントです。 思った通り、とてもかわいらしい」

白い花が、彼女の艶やかな髪を美しく際立たせていた。

思わず見とれていると、〇〇様は困ったようにまつ毛を伏せる。

〇〇「ごめんなさい! ……私、何も用意できてなくて」

わずかに頬を赤く染めてうつむく〇〇様が愛おしくて……

ふと、胸にいたずらな気持ちが宿った。

レイヴン「でしたら……」

彼女の額にそっと口づけを落とすと、甘く優しい香りがふわりと私達を包み込んだ。

レイヴン「素敵なプレゼントをいただいてしまいました」

〇〇「……レイヴンさん?」

驚いたように目を瞬かせる彼女を、まっすぐに見つめる。

レイヴン「あなたの恥じらう姿も、笑顔も……私にとって何より幸せで、愛おしいものです」

(これからもずっと、あなたの傍で生きていきたい)

(あなたが私に幸せをくれたように、今度は私があなたを幸せにしたいのです……)

〇〇「あ……ありがとうございます」

はにかむように弧を描いた彼女の唇が、そっと私の頬に触れる。

唇が触れるその柔らかな感覚は、この上なく優しいもので…-。

レイヴン「〇〇様……?」

思いがけない幸せな出来事に目を瞬かせてしまうと、彼女は花が咲いたような笑顔で私を見上げた。

〇〇「私はレイヴンさんに、もっとたくさんの幸せをあげたいです。だから……来年も」

(私と……同じ願いを?)

〇〇様の指に自分の指を絡めて手を繋ぐ。

(もう二度と、この手を離さない……)

レイヴン「ええ。来年も一緒にクリスマスを過ごしましょう」

〇〇「はい……!」

愛する人の温もりを噛みしめながら、二人の未来に思いを馳せるのだった…-。

おわり。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>