太陽最終話 甘い口づけ

写真を撮ってもらった後も、ラスさんと二人でクリスマスディナーを楽しみ……

やがて店を出た私達は、ひときわ美しいイルミネーションに彩られた広場を訪れる。

ラス「綺麗だね」

〇〇「はい……とっても」

もう夜も遅いためか、広場には人がほとんどいない。

その上、空から舞う雪が白いカーテンのように辺りを覆っていて……

まるで世界に二人しかいないような錯覚さえ覚える。

〇〇「……」

景色を見ながら今日一日のことを思い返しているうちに、繋いだ手に自然と力がこもった。

〇〇「今日は本当にありがとうございました。 ラスさんとデートできて、すごく嬉しかったです」

ラス「喜んでもらえたならよかった。オレもすごく楽しかったよ」

イルミネーションが照らすラスさんの笑顔は、その言葉が本当であると教えてくれる。

それほどまでに彼の笑顔は幸せそうだった。

〇〇「……」

私は思い切って、ずっと気にかかっていたことを聞こうとする。

けれど……

ラス「ねえ、〇〇」

先に口を開いたのはラスさんだった。

ラス「今日のデートは、キミの理想通りだった?」

〇〇「え?」

ラス「キミ、クリスマスデートに憧れてたみたいだったから」

〇〇「……!」

(それって……)

〇〇「もしかして、それでスレッドツアーや買い物を……?」

ラス「うん」

ラスさんが頷いた瞬間、ようやくずっと抱いていた疑問が解ける。

ラス「あの後、調べたんだ。キミと行くなら、どこがいいかなって。 クリスマスの時に恋人達が出かけるところとか、キミが喜ぶこととか……。 街を歩きながら、オレなりにね」

言い終えると、彼は私の頭を撫でて髪についた雪を払ってくれた。

雪の中、レストランを探してくれただけでなく、今日一日のデートのことも懸命に考えてくれていた彼に、愛おしさが募る。

〇〇「あの……本当に、特別な一日でした。今までのどんな日よりも……」

ラス「ありがとう。すごく嬉しいよ。 でも……。 まだ、特別な一日は終わってないよ」

〇〇「え……?」

真剣な眼差しを向けられ、思わず息を呑む。

ラス「もっと甘くて、特別な夜にしてあげる」

そのまま、ふわりと体を包み込まれて……ラスさんの唇が近づいてきた。

(ラスさん……)

重なった唇から、彼の気持ちが伝わってくる。

ラス「……オレの鼓動も速いでしょ?」

長いキスの合間に、ラスさんが優しく囁く。

確かに伝わってくる鼓動は驚くぐらい速かったけれど、それ以上に、私の鼓動は高鳴っていた。

〇〇「ラスさん、あの……」

彼と触れ合うことで、これ以上ないほど高鳴る鼓動が恥ずかしい。

そう思った私は、慌てて距離を取ろうとするけれど……

ラス「まだ駄目だよ。もっと……もっと甘いキスを、キミにあげるから」

甘い声が耳に届いたかと思えば、再び唇を塞がれる。

ラス「……」

いつものすべてを溶かすようなものとは違う、ただ唇を重ねるだけのキスからは、不思議なぐらい彼の愛情が伝わってきて……

気づけば私は、体の力を抜いて彼に身を委ねていた。

ラス「……ありがと」

やがて顔を離したラスさんが、私の髪を撫でながら微笑む。

ラス「キミに出会うまでずっと、デートなんて抱き合うまでの過程だって思ってたけど……。 愛する人とのデートって特別なんだね。 改めてそう思ったよ」

空から舞い落ちる雪のように、愛の言葉が柔らかく降り注ぎ……

それは大きな幸福感となり、私の心を満たしていった。

ラス「デートしてる間、キミの笑顔を見る度に愛しくて……幸せな気持ちで満たされた。 これが本当の愛なんだって、気づかされたよ」

〇〇「ラスさん……」

少し骨張った手が、頬に触れる。

ラス「こんなふうに思わせてくれるのは、キミだけだから。 〇〇……愛してる」

そっとまぶたが伏せられ、再びラスさんの唇が私の唇に触れた。

そうして、優しく触れるだけの温もりが離れてゆき……

ラス「本当の愛に気づけたって意味でもさ。 オレにとって今日は、すごく特別な一日なわけだけど。 どう? キミにとっても、より特別で甘い一日になった?」

少し悪戯っぽく微笑むラスさんを見ていると、愛おしさが溢れてくる。

〇〇「はい……。 ラスさんが贈ってくれた、特別な一日……絶対に忘れません」

ラス「〇〇……」

ラスさんの温もりが、私を包み込む。

白い雪が舞う街の空気は、身を切るような冷たさだったけれど……

彼の温もりに包まれている今は、少しも寒くないと……そんなふうに思うのだった…-。

おわり。

<<太陽7話||太陽SS>>