太陽最終話 おかえりなさいませ、お嬢様

執事喫茶は、たくさんの人で賑わっていて……

私はサイさんの邪魔にならないように、そっとその場を立ち去ろうとした。

その時…-。

女の子1「あっ、あの人がこっちに来るよ」

女の子2「わ~! やっぱり、かっこいい!」

(えっ……)

サイ「○○!」

名前を呼ばれて振り返ると、サイさんが息を切らして立っていた。

サイ「○○、来てくれたんだね」

○○「あ……はい……」

視界の端で、女の子達がコソコソと噂話をしているのが見える。

(あの子達、サイさんのことかっこいいって言ってたし……ちょっと気まずいな……)

○○「混んでいるみたいなので、また後で来ますね」

そう言って立ち去ろうとした時、サイさんが私の手首を強く握った。

サイ「君には特別な席を用意しているんだ」

○○「えっ……」

サイ「こっち」

サイさんは短くそう言うと、私の手を引いて歩き始める。

(特別な席って……!?)

サイさんが連れてきてくれたのは、喫茶店の一部をカーテンで仕切った場所で、予備の椅子やテーブルがいくつか並べられていた。

サイ「おかえりなさいませ、お嬢様」

サイさんは私に恭しく頭を下げる。

サイ「お嬢様に楽しい時間を過ごしていただけると幸いです」

笑顔を向けた後、サイさんは鮮やかな手つきで紅茶を淹れ、デザートを用意してくれた。

サイ「オレンジピールのワッフルです。こちらの紅茶に合う甘さになっております」

焼き立てのワッフルから、オレンジの香りが広がる。

○○「いい匂い……サイさん、いただきます」

ワッフルを一口食べた後、紅茶を飲む。

(美味しい……)

○○「紅茶とよく合って、とても美味しいです」

サイ「ありがとうございます。すべて、お嬢様のご提案のおかげです」

サイさんに笑顔を向けられ、胸の奥がトクンと高鳴る。

けれど……

(お店、混んでいたのに大丈夫かな?)

脳裏に、ふとそんな思いが過る。

○○「サイさん、お店は大丈夫なんですか?」

サイさんはカーテンの向こう側の店の様子をちらりと確認する。

サイ「先ほどより落ち着いているから大丈夫でしょう。それに……。 今は、僕は君だけの執事だ」

○○「サイさん……」

サイ「お嬢様の仰せの通りに」

サイさんに見つめられ、私の胸の鼓動はますます速くなっていく。

それを悟られないように、ワッフルを食べることに集中した。

サイ「……! お嬢様、失礼いたします」

○○「?」

次の瞬間、サイさんの顔が近づいた。

○○「!」

サイさんが私の唇に、そっとキスを落とす。

サイ「唇に……クリームが付いておりましたよ」

○○「あっ……」

頬がじんと熱くなっていくのがわかる。

サイ「でも……よく考えたら、執事ってこういうことしちゃいけないのかな」

クスリと、サイさんが悪戯っぽい笑みを浮かべる。

サイ「駄目だな、○○の前では……」

サイさんは熱くなった頬を、優しく撫でた。

サイ「執事になりきるのは難しいな」

騒がしい店内の隅にある秘密の特等席で、彼の青い瞳に見つめられる。

(なんて綺麗なんだろう……)

サイさんの瞳を見つめ返した瞬間、周囲の喧騒が遠ざかり、

まるでこの世界に二人しかいないような感覚を覚える。

サイ「まったく、執事失格だな」

こぼれた笑顔に、私の胸はトクンと高鳴った。

私の頬を撫でる彼の手に、そっと手を重ねる。

サイ「○○……」

彼の顔が近づいたと思うと、再び私の唇に、優しいキスがそっと落とされた…-。

おわり。

<<太陽5話||太陽SS>>