太陽SS 甘い二人の世界

部屋中にオレンジの爽やかな香りが広がっている。

(だんだん上手くなってきたかな)

ワッフルの焼き上がりが待ち通しくなった、その時…-。

サイ「……!?」

良い香りが一転、焦げ臭い匂いが部屋中を包み出す。

サイ「もしかして……!」

僕は慌てて匂いの元凶へと向かう。

オーブンで焼いていたオレンジピールのワッフルを、見事に焦がしてしまった。

サイ「ああ……また失敗した」

翌日の文化祭で、僕は○○にサプライズを考えていた。

(○○が一緒に練習してくれなかったら、ここまで頑張れなかった)

お礼に彼女に何かできることはないかと頭を悩ませて、

この文化祭のためにずっと練習してきた、『執事』になりきってもてなすことを決めた。

サイ「ワッフル作るのって、難しいな……」

黒く焦げてしまったワッフルを見つめて、深いため息を吐く。

(ちゃんと美味しいワッフルを作って、○○に食べて欲しい)

サイ「……もう一度作ってみよう」

○○が、幸せそうな笑顔を浮かべながら食べている顔を思い浮かべる。

彼女のその表情を見たいという気持ちが、僕を突き動かしていた…-。

……

それから何度も何度も作り直しているうちに、気付いたら夜が明けていた。

そして、ついに…―。

サイ「できた……!」

ワッフルは綺麗な焼き色がつき、オレンジの香りがふわりと鼻腔をくすぐった。

(一体、何回作り直したんだろう……でも、間に合ってよかった)

何度も生地を混ぜたりしていた手に、じんとした痛みを感じる。

サイ「っ……」

(こんなに必死になったのは、お礼のためだけ?)

微かな痺れが残る手をさすりながら、僕は自分に問いかける。

(いや、違うかな……)

失敗する度に何度も頭に過ったのは、○○の可愛い笑顔……

(この気持ちは、やっぱりそうなのかな)

心の奥の柔らかい場所が、ぎゅっと締め付けられたのがわかった。

……

そして、文化祭当日…-。

喫茶店の一部をカーテンで仕切った場所に、僕は○○を招待した。

サイ「オレンジピールのワッフルです。こちらの紅茶に合う甘さになっております」

手の痛みも、何度も作り直したそぶりも見せずに、僕は執事になりきって、凛と澄ます。

○○「いい匂い……サイさん、いただきます」

○○が、ワッフルの欠片をひとつ口に入れる。

その瞬間、彼女の顔に満面の笑顔が咲いて……

(僕は、この笑顔が見たかったんだ)

僕も自然と、笑っていた。

○○「紅茶とよく合って、とても美味しいです」

サイ「ありがとうございます。すべて、お嬢様のご提案のおかげです」

(あっ……)

見れば、彼女の唇にクリームが付いていた。

(……子どもみたい)

微笑ましい気持ちになりながらも、僕はそんな彼女に触れたくてたまらなくなる。

サイ「……! お嬢様、失礼いたします」

彼女の唇に自分の唇を薄く重ねる。

サイ「唇に……クリームが付いておりましたよ」

○○「あっ……」

○○は、目を丸くして驚いている。

(僕のお嬢様は……本当に可愛らしい方だ)

(でも……)

サイ「でも……よく考えたら、執事ってこういうことしちゃいけないのかな」

今更すぎるその考えに、クスリと笑みが漏れる。

(だとしたら……)

サイ「駄目だな……○○の前では……」

(僕は君の執事にはなれない)

(だって、僕は君と……)

彼女を見つめると、視線が交わる。

周囲は喧騒に包まれていたが、僕達だけの世界がそこにあった。

甘いケーキと紅茶の香りに包まれながら、僕はもう少しその世界の中に浸りたいと思ったのだった…-。

おわり。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>