太陽最終話 ステージの熱気

そして、ついに迎えたライブ当日…

今日はゲストとしてフロストさんの出演が決まっている。

フロスト「…緊張をしているようだ。 珍しいことだな」

楽屋で出番を待っていると、フロストさんがどこか落ち着きなく手を動かしながらそう言った。

○○「大丈夫ですか?」

フロスト「ああ、悪くない。いい緊張感だ」

(緊張していても、少しも臆さないなんて…さすがフロストさんだな)

○○「フロストさん、頑張ってください」

気が付けば、私も不思議な気分の高揚のままに、フロストさんの両手を握りしめていた。

(少し、冷たい…)

冷えた手を、強くしっかりと包み込むように握る。

フロスト「心配するな。この俺を誰だと思っている」

しっかりと手が握り返された後…

スタッフ「スタンバイお願いします!」

ついにその一声がかけられたのだった…

フロストさんがステージに登場し、スポットライトを浴びると、ひときわ大きな歓声と、黄色い声援が観客席から湧き上がった。

フロスト「皆にこの想いよ届けよう…」

そしてステージは大成功を遂げた…ー。

スタッフ1「フロスト様、お疲れ様です!」

スタッフ2「最高のステージでした!」

スタッフの方たちがフロストさんを囲んでいた。

フロスト「満足のいく出来となった。 力を貸してくれた皆にも礼を言おう」

その後も、スタッフや先生に囲まれてステージの感触を話し合う姿を見ていると…さっきまではすぐ隣にいてくれたフロストさんが、ふと、ひどく遠くに感じた。

(ここから先は…私はやめておこう)

静かに楽屋の扉を閉め、私はステージへと引き返した。

ライブが終わり観客が引いた後も、ステージはまだ熱気に包まれている。

(本当にすごかったな)

ステージ上のフロストさんを思い返していた、その時…ー。

??「おい」

〇〇「っ…!」

ぐっと、腕を強く引かれて立ち止まった。

反射的に振り返ると、少し頬を紅潮させたフロストさんの姿がある。

フロスト「なぜ俺の元へ来なかった」

〇〇「あの…それは…」

先程の気持ちを答えきれずに、視線を泳がせてしまう。

すると…

〇〇「っ…!?」

突然、フロストさんの逞しい腕の中に、抱き寄せられていた。

強い抱擁を受けて、一気に心拍数が上がる。

フロスト「何を拗ねている」

〇〇「拗ねてなんて…」

フロスト「嘘を吐くな。お前の考えていることなど分かる」

〇〇「っ…!」

一段と優しい声音が耳に吹き込まれたかと思うと、そのまま唇を重ねられた。

(キス…!?)

唇を通して伝わる彼の熱が、私の頭をくらくらとさせる。

フロスト「馬鹿な奴だ」

唇を離した後、フロストさんは私をさらに胸元へと引き寄せた。

フロスト「どれだけ人から支持を得ようとも、俺の女はお前だけだ。 分かったな」

強い言葉が、私の心に、深く響く。

(うれしい…)

〇〇「はい…すみませんでした」

私を抱きしめる力を弱めながら、フロストさんは改めてステージを眺めた。

フロスト「舞台で堂々としたパフォーマンスを見せると言うのは、王として重要な素養かもしれん。 俺はこの国に来れて良かったと思っている。良い経験となった。 お前にも礼を言いたい」

〇〇「そんな…私は何も」

フロスト「俺が礼を言っている。 素直に受け取れないのか。」

一つ、呆れたようにため息を吐いた後…

フロスト「まあ、今は苦言はやめておこう」

すると、彼の唇が耳元に寄せられて…

フロスト「それに…お前が、このように拗ねる様子も見られた…それも、満足だ」

愉しげな彼の囁きが、鼓膜を甘く震わせる。

○○「っ…は、恥ずかしいです」

フロスト「恥ずかしいなどと意味のないことだ。 先ほども言ったが…お前が思っていることは、全てわかる」

○○「っ…」

(その通り…だよね)

けれどいざはっきり言われると、ますます頬があかくなってしまう。

フロスト「お前も、俺の考えていることを分かるようになれ。そしてこれからも、俺の傍でサポートを続けろ」

○○「え…?」

フロスト「俺はこれからも、雪の一族として高みへ向かう足を止めるつもりはない。 どこまでもついてこい。わかったな?」

その輝く表情が、私の胸をどうしようもなく熱く焦がす。

フロストさんの圧倒的な魅力に誘われるように、気づけば私は頷いてしまっていたのだった…-。

おわり。

<<太陽7話||太陽SS>>


コメント

  1. みお より:

    かわいい