太陽最終話 変わった雰囲気の理由

手あたり次第に本を探すものの、零さんの世界に繋がる手がかりを見つけることはできなかった。

(零さんに謝らないと)

私は階段を下り、零さんの姿を探す。

(零さん……いた!)

視界の端に零さんの姿がよぎり、そちらに足を向ける。

零さんは本棚から本を取り出そうとしているところらしく、私に気づいた様子はない。

(邪魔するのは悪いし、零さんが気づくまで待ってようかな)

声をかけずにそのまま見守ろうとすると、ふとあることに気づいた。

(あれ? 零さん?)

さっきまでと雰囲気が随分違うと思うのも当然……

零さんは、いつの間に眼鏡をかけていた。

朔間零「おや? 〇〇の嬢ちゃん。いつからそこにいたかや?」

零さんは伸ばしていた手を元に戻し、こちらを振り返る。

〇〇「あ……いえ」

(……零さんと別れた時は眼鏡をしてなかったよね)

じっと零さんの顔を見つめていると、彼は私の疑問を察して答えてくれた。

朔間零「この眼鏡は机に置き忘れておったのを我輩が拝借したんじゃよ。しかし、度がきつくてのう」

〇〇「そ、そうだったんですか」

小さな窓から差し込む微かな夕陽の光は、零さんにわずかに届かない。

けれどそのコントラストが、なんだか零さんを美しく、妖しく魅せているように思えて……

朔間零「我輩には合わんかったわい」

目を辛そうに細めた後、零さんはそっとかけていた眼鏡を外した。

(なんで、こんなにドキドキして……)

〇〇「……よければ、私が預かりましょうか?」

胸のざわめきを押さえ込みながら、私は零さんにそう声をかけた。

朔間零「うむ。我輩が持っているより嬢ちゃんの方がこの学校の生徒じゃし、心当たりがあるじゃろ。 あとは任せたぞい、嬢ちゃん」

〇〇「はい」

小さく頷いた後、私は零さんから眼鏡を受け取った。

朔間零「しかし、我輩の世界に関する本を見つけることはできんかったのう。嬢ちゃんの方はどうじゃ?」

〇〇「すみません。私も見つけられなくて……」

(あとできることとしたら……そうだ!)

〇〇「教員の方に聞けば何か知っているかもしれません。だから、諦めないでください!」

朔間零「おぬし……」

〇〇「あ……あの」

促されているわけでもないのに、私の口が自然と言葉を紡いでいく。

〇〇「実は私も違う世界からこの世界に来たんです。 最初は驚いたり、戸惑ったりすることばかりだったんですけど。 いろいろな方達に支えられて……だから今もこうしていられてるんです。 でも、零さんは元の世界に戻らないといけない事情があると思いますし。 零さんのことを心配している人達もいると思います。なので、その…-」

(私……なんでこんなにしゃべってるんだろう)

言い募る自分が恥ずかしくなり、顔をうつむかせてしまうと……

朔間零「ありがとう、〇〇の嬢ちゃん」

〇〇「あ……」

不意に頭に手を置かれ、思わず顔が赤くなってしまう。

(手、冷たい……けど温かい)

零さんはそれ以上何も言わず、優しく笑うばかりだった。

おわり。

<<太陽6話||月覚醒へ>>