太陽最終話 失いたくない

さっきまでの喧騒が嘘だったように、星が穏やかに瞬いている。

―――――

サイ『……この子、城で飼おうか』

―――――

○○「サイさん、どうして突然子猫をお城に?」

城に戻りながら、私は彼の顔を見上げた。

サイ「……君達のせいかな」

○○「それは……どういう……?」

サイ「○○と、この子が危なっかしいことばかりするから」

○○「え……」

サイさんはくすりと笑って、私の瞳を真っ直ぐに見つめた。

サイ「今まで僕はね、あまり何かと深く関わりを持てなかったんだ。 何に対しても……一歩引いて見てるくらいが、距離感としてちょうど良くて」

○○「サイさん……」

サイ「けどそれって、実は面倒事を避けてただけなんだよね」

―――――

執事『他人のことを気遣うあまり、どこか一線を引いてしまうようです』

―――――

私は、ふと執事さんの言葉を思い出した。

サイ「でも、○○達はそうやって見ていたら、絶対危険な目にばかり合いそう」

○○「そ、それは…-」

サイさんが優しく私に微笑みかける。

(なんだろう、胸が苦しい)

子猫が、サイさんの腕の中で甘えるように喉を鳴らしている。

サイ「これからよろしくな」

子猫「にゃー」

子猫を撫でる彼を見ていると、自然と笑みがこぼれる。

○○「子猫に、鈴を買いたいですね」

サイ「そうだね。せっかくだし、城にこの子を置いたら買いに行こうか」

○○「はい!」

……

私とサイさんは、城のすぐ側の市で子猫の鈴を選び始めた。

サイさんが真剣に鈴を選ぶ姿に、嬉しい気持ちがこみ上げる。

(……そういえば)

(サイさんって、火が苦手だったよね)

サイさんに助けられたときには微塵も感じさせなかったことを、今更ながらに思い出した。

○○「サイさん」

サイ「どうしたの?」

○○「さっきは、本当にありがとうございました。 それから……ごめんなさい」

サイ「もういいよ。無事で良かった」

○○「火、苦手なんですよね。なのに」

サイさんは、わずかに目を丸くして、微笑んだ。

○○「……?」

サイ「あの時は、怖くなかったんだ」

(えっ?)

サイさんは、言ったそばから少し顔を赤くして、視線を逸らす。

(サイさん?)

サイ「もう少し、歩かない?」

○○「……はい」

持っていた鈴を買い求めると、サイさんと並んで街を歩く。

ただ隣を歩いているだけなのに、胸がうるさいくらいに音を立てる。

サイ「○○」

○○「サイさん……?」

突然サイさんに手を取られ、街の外れへと連れてこられた。

○○「サ、サイさん……?」

 

サイさんは、黙ったまま、私の手をそっと彼の顔に近づける。

サイ「……」

○○「……」

サイ「○○」

サイさんはにっこりと微笑んで、私の手にそっと口づけた。

○○「……っ」

突然の出来事に、胸の鼓動がさらに大きくなっていく。

サイ「あの火事のとき、○○を失うことがとても怖いと思った。 僕は……今まで、人と深く関わることを避けてきた。 でも、今は……君の近くにいて……君を守りたい」

○○「サイさん……」

彼の手が、私の唇にわずかに触れる。

サイ「危ないことばかりする君を、放っておけないよ」

彼の顔が、ゆっくり私に近づいて…-。

○○「……っ」

風のように、私の唇を奪った。

恥じらいに両手で口を覆おうとすると、彼にその手を掴まれる。

サイ「もう一度……」

少し強引に、彼が私の唇にキスを落とす。

○○「っ……」

唇がゆっくりと離れ、サイさんの腕に閉じ込められる。

サイ「こんな気持ち、初めてだ……」

サイさんの鼓動と、私の鼓動が響き合う。

気づくと、抱きしめてくれている彼の背に、そっと腕を回していた。

(私、サイさんが…-)

胸に生まれた感情が、全身を甘く覆っていく。

サイ「○○……」

この上なく優しい声で名前を呼ばれるたびに、胸が音を立てる。

サイさんの胸の心地良い熱が、私の体に広がっていった…-。

おわり。

<<太陽7話||太陽SS>>