太陽SS 炎の中の誓い

少年「王子さま……お姉ちゃんが中に入って行っちゃった」

少年達は、堰を切ったように泣き出した。

サイ「……! ○○っ!!」

彼女の名前を叫びながら、僕は燃え盛る小屋へと駆け寄る。

その瞬間、恐ろしいほどの熱風が僕を襲った。

サイ「……っ!」

その圧倒的な熱量に、思わず一歩退いてしまう。

けれど…-。

(この程度でためらってなんかいられない)

(早く○○を助けないと……!)

そう思った次の瞬間、煙を吸い込まないように手で口を覆った僕は、今度こそためらうことなく小屋の中へと飛び込んだ…-。

サイ「く……」

熱風に顔をしかめながら、燃え盛る小屋の中を進む。

(○○、どこにいるんだ……!)

小屋はそう広くないものの、燃え盛る炎と煙に阻まれ、数歩先の様子をうかがうことも難しかった。

そんな中、懸命に彼女の姿を探し求めていると…-。

サイ「!!」

頭上から炎をまとった木材が崩れ落ち、僕の肩をかすめた。

サイ「……! あ、危なかっ…-。 ……っ!!」

崩れ落ちた木材へと気を取られた瞬間、少しだけ煙を吸い込んでしまい喉に焼けるような痛みが走る。

(早くしないと……)

(これだけの煙と熱の中じゃ、彼女も僕も、そう長くはもたない……!)

僕は再び口を覆い、小屋の奥へと進んでゆく。

するとその時…-。

○○「サイさん……助けて……」

(……!)

僕の耳に、○○のか細い声が届いた。

そうして、声のした方へ歩みを進めると…-。

サイ「○○!」

○○「サイさん……!」

彼女の姿を見つけた僕は、燃え盛る炎に構うことなく夢中で彼女へと手を差し伸べていた。

サイ「○○……!」

彼女が僕の手をぎゅっと握った瞬間、僕はたまらずその体を引き寄せる。

○○「サイさん……っ!」

すると○○は心細かったのか、僕の胸へすがるように飛び込んできた。

そんな彼女の体を、僕は彼女が胸に抱く子猫ごときつく抱きしめる。

サイ「馬鹿……! 君は本当に……」

(こんな危険な場所に飛び込んでいくなんて、本当に……)

(本当に馬鹿だ……)

(けど、そんな君だから僕は……)

彼女の無事に安堵感が込み上げた僕は、抱きしめる腕へとさらに力を込めた。

けれども…-。

(……っ!)

未だ弱まることのない炎から生じる熱風と煙が、抱き合う僕らに容赦なく襲いかかった。

(こうしてはいられないな。早く脱出しないと……)

再会の喜びも束の間、僕は彼女を安心させるように語りかける。

サイ「子猫は僕が抱くから、絶対に手を離さないでね」

そうして僕は、彼女の手をしっかりと掴みながら燃え盛る炎の中を歩き始めた。

……

○○の手を引いて歩き始めてから、少しの後……

サイ「○○……?」

意識が朦朧としているのか、○○がその場に倒れ込みそうになる。

(いけない。これ以上彼女を歩かせるわけには……)

(……そうだ。それなら……)

サイ「○○、この子を少しの間よろしくね」

僕はそう言って彼女に子猫を預け……

○○「……サイさん?」

不思議そうな顔をする○○の体をふわりと抱き上げた。

○○「サイさん、これじゃサイさんが疲れちゃうよ……」

サイ「いいから、ちゃんと僕につかまって。 それから、僕の胸に顔を埋めて。なるべく煙を吸わないように」

○○「はい……」

有無を言わさぬ僕の口ぶりに、彼女は素直に応じてくれる。

そうして、僕は…-。

(……絶対に、君は守り抜いてみせるよ)

(たとえ炎にこの身を焼かれようとも、絶対に……)

絶望的な状況の中、腕の中の○○に誓いを立て、衰えることのない炎と煙の中、小屋の外を目指し歩みを進めたのだった…-。

おわり。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする