太陽7話 危機感

〇〇「どうして名前を変えて、街で遊んでたりするんですか?」

リカ「……皆の遊びが面白そうだから?」

一国の王子という身分にも関わらず、自由気ままに街を出歩くリカ……

〇〇「面白そうって……本当にそれだけが、理由なんですか?」

リカ「うるせえ女だな。そう言ってるだろ?」

(護衛を一人も連れずに、街を遊び歩くなんて……)

〇〇「もし、誰か悪い人に命を狙われたり、事件や事故に巻き込まれたらどうするんですか?」

リカ「……俺が?」

〇〇「今の会話でリカ以外に誰がいるんですか!」

リカ「ああ……それもそうか」

〇〇「そうか、じゃないですよ」

リカ「ははっ、心配しすぎだって!」

うつむく私を見て、リカが夜だというのに大きな声で笑い出した。

〇〇「笑いごとじゃ…―!」

ーーーーー
リカ「どうだった?」

兵士「リカ様のご提案の通り、見回りのルートを変えましたら、先日の犯人も無事捕らえられました! 街の者達も感謝しているようです。さすが、リカ様です」

ーーーーー

〇〇「この前、中庭で兵士と話してるのを聞きました。 犯人がどうとかって、やっぱり危ないんじゃ…―」

リカ「だから、そのための市内警備だろっ!」

〇〇「……っ」

一瞬、真面目な顔になって、リカは声を大きくした。

リカ「俺の国は、そんな悪いことが万が一にでも起こるような政治はしてない。 犯人って言ったのだって、あれはただの食い逃げ犯だ」

〇〇「え……食い逃げ……?」

リカ「そう、ショコラの食い逃げ。 この国でショコラは有名だろ? 季節の変わり目は新作も数多く出るから、ちょっとした観光地になるんだ」

〇〇「そう……だったんですか」

呆気に取られて、ポカンと口を開けるしかない。

リカ「だいたい俺の国は治安がいいことで有名なんだよ、襲われるとかありえない。 それに、街の奴の輪の中に入って、初めてわかることもあるしな」

そう口にする彼の顔は、確かに一国の王子の顔だった。

凛々しい瞳は、責任感に満ちていて、先ほどまでの奔放さは見られない。

〇〇「リカ……」

(ちゃんと……国のことを考えて、街で過ごしてるんだ)

リカ「何?」

〇〇「ごめんなさい……私、何もわかってなくて」

リカ「……」

リカは、彼の首筋にある刺青に右手で触れながら、静かに瞳を閉じた。

リカ「……別に。本当に街には面白いから行ってるだけ。 俺はあそこが好きだから、変なことが起こったりしたら俺も困るし」

ーーーーー

従者「リカ様、今度の市議会での議題ですが…―」

リカ「ああ、街の者とすでに打ち合わせている。問題ない」

ーーーーー

その言葉に、城で真剣な顔で政務を行う、リカの様子を思い出した。

胸の鼓動が早くなり、私は知らずのうちに彼の瞳に見惚れていた。

(何だろう、この気持ち……)

高鳴る胸をぎゅっと手で押さえて、じっと彼を見ていると……

リカ「ははっ」

突然、リカが可笑しそうに笑い出した。

〇〇「な、何?」

リカ「不用心だとか、俺の心配してるけどよ……お前、人のこと言えねえな」

〇〇「どういうこと?」

リカ「呆れたヤツ……わかんねえのか?」

彼の言葉の真意がわからず、瞳を瞬かせていると…―。

リカ「まったく……危機感ないのはどっちだよ」

〇〇「っ!?」

不意に、彼の指先が強引に私の体を引き寄せた。

壁際に背中を押し付けられて、気づけばあっという間に、目の前にはリカの不敵な笑みが迫っていた…―。

<<太陽6話||太陽最終話>>