太陽6話 面白そうだから?

リカ「で、話って? なんか聞きたいことあるんだろ? 特に、俺のこととか」

〇〇「!」

からかうような視線を向けるリカに、私も思い切って口を開いた。

〇〇「……どうして名前を変えて、街で遊んでたりするんですか?」

リカ「……皆の遊びが面白そうだから?」

〇〇「面白そうって……」

しれっと答えるリカの様子に、私は面食らってしまう。

〇〇「街の皆さん、リカさんの顔をご存じないんですか?」

リカ「リカさん、じゃなくて、リカ」

〇〇「あ……はい、なんでみんな王子のリカの顔を知らないのかなって」

リカ「王子は引きこもりで城から出ないってなってるから。 それに、俺、人前にでる公務やらないし……」

軽くあくびをしながら、リカが面倒臭そうに答える。

主人公「そんな……」

(面白そうって……それだけが理由?)

(ときどき、寂しそうな表情をするって思ってたけど……勘違いだったのかな)

またひとかけら、ビターチョコレートをかじるリカの様子に、私はもどかしい気持ちを覚えていた…―。

<<第5話||太陽7話>>