太陽SS ずっとずっと

○○がこの城に滞在し始めてから、数日後の真夜中…―。

リカ「まったく……危機感ないのはどっちだよ」

俺は自室に招き入れた彼女を壁際に追い詰めた後、至近距離まで顔を近づけた。

〇〇「リ、リカ?」

リカ「……」

(ちょっと誘ったぐらいで簡単についてきやがって)

(人の心配する前に自分の心配しろってんだよ)

(ったく。今夜は絶対、逃がさねーから……なっ!)

〇〇「……っ!」

○○の逃げ道を塞ぐかのように、わざと大きな音を立てて左足を壁に叩きつけると、彼女は驚いたように目を見開いていた。

リカ「……」

〇〇「な、何……?」

○○は俺の左足を見つめた後、なおも驚きの表情を浮かべながら言葉を紡いだ。

リカ「お前の方が、よっぽど危機感ないんじゃねえのって言ってるんだよ」

〇〇「え…―」

リカ「男の部屋に、こんな夜にくるとかさ……」

俺が口の端を吊り上げて笑みを浮かべながらそう言うと、

○○は顔を真っ赤にして黙り込んでしまった。

(へえ……いいな、その表情)

どこかうろたえるような彼女の表情と仕草は、俺の嗜虐心をくずぐり……

リカ「それとも、俺にもう一度会いたかったって、そういうこと?」

俺はついつい目を細めながら彼女を煽ってしまう。

けれど……

〇〇「……」

(なんだよ、だんまりか?)

目の前の○○へと、さらに顔を近づける。

すると、彼女は肩を縮こまらせて俺を見上げた。

リカ「おい、怯えてるんじゃねえよ……俺の目を見ろ」

(もしかしていじめ過ぎたか? けど……)

(……本気で拒否されんのは、怖えよ)

俺が内心脅えながら○○を見つめると、彼女はわずかに視線を動かし……

どこか恥ずかしそうにしつつも、素直に俺の目を見つめる。

(……っ)

心臓が大きく跳ね上がり、鼓動が早まっていく。

(お前は本当に、何なんだよ)

(やたら俺のこと心配するくせに、そうやって無防備な顔、簡単に見せやがって……)

○○を見つめれば見つめるほどに、胸の奥から愛おしさが込み上げる。

そして……

リカ「○○……俺は、お前を見てると……」

想いを込めながら、初めて彼女の名前を呼ぶ。

(……っ)

(やばい。名前呼ぶだけで、こんなに切なくなるなんて……)

(○○……)

〇〇「……っ」

俺は胸の衝動に突き動かされるまま、彼女の唇を奪う。

〇〇「んっ……リカ……」

(……!)

(ったく。そんなふうに名前呼ぶなんて、反則だろ……)

優しい口づけは彼女への愛おしさと共に、徐々に深くそして激しものに変わっていく。

〇〇「……っ」

そうして熱に浮かされ、どれくらい時間が経ったかわからなくなった頃……

リカ「拒まないんだ?」

唇を離した俺は、○○に悪戯っぽい笑みを向けた。

〇〇「……あ」

今まで以上に頬を赤く染めた○○が、少しの逡巡の後言葉を紡ぎ始める。

けれども……

リカ「お前。変な奴だから……傍に置いておきたい。 ちょっと前から、そう思ってた」

〇〇「え……」

俺が○○の言葉を遮るように耳元でささやくと、彼女は驚きの表情を浮かべていた。

(……ハハッ、何だよその顔)

(でもまあ、無理ねーか。そういうの、一度も言ったことなかったもんな)

(けど……もう、見てるだけなんて無理。我慢できねーよ)

リカ「俺……勝負事は引きが強いんだ。 お前といたら、楽しめるだろ?」

そう言って俺は、指先で彼女の顎を上向きに傾ける。

そして……

〇〇「んっ……」

もう一度唇を重ね、彼女の顎に添えていた指を首筋に伝わせ、そのまま胸元まで下ろしていく。

そうして俺が熱を帯びた目で彼女を見つめると……

リカ「○○、目をそらすな、ちゃんと俺のこと見ろよ」

〇〇「あ……」

恥じらうように目をそらす○○を叱り、再び唇を重ねた俺は、さらに高まる熱に突き動かされ、彼女をその場に押し倒す。

(○○……)

(これからもずっとずっと、俺を……)

(俺のことだけを見てろよ)

そうして俺たちは、なおも体中の熱を伝え合うかのようなキスを交わし……

身も心もとろけてしまいそうな、熱いひと時を過ごしたのだった…―。

おわり。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>