太陽最終話 盾のような心強さ

モンスターの咆哮と地鳴りが一層、大きくなっている・・・-。

兵士1「○○姫様・・・・・・!? ここは危険です。急いで避難なさってください」

○○「ごめんなさい。それが・・・・・・」

私は彼に、城壁の方へ走っていった女の子のことを説明した。

兵士1「わかりました。周辺を探してみます。姫様はすぐに、この場を離れてください」

そう言い残し兵士が立ち去った直後、一際激しい音と共に土煙が上がり・・・・・・

城壁を突き破って、巨大なモンスターが私の前に立ちはだかった。

○○「・・・・・・!」

(大きい・・・・・・!)

荒々しい息を吐き出す巨大モンスターは、まるで血に飢えた恐竜のようだった。

怯えながら後ずさるけれど、瞳孔を開いたモンスターの目は、確実に私を捉えている。

(逃げなきゃ・・・・・・でも、体が震えて動けない・・・・・・)

モンスター「ギシャアアッッッ・・・・・・!」

○○「・・・・・・っ!!」

地を這う雄叫びに、ぎゅっと目を閉じた瞬間・・・・・・

モンスターの咆哮を跳ね返すような、重厚な音が響き渡った。

(え・・・・・・?)

恐る恐る目を開けた私は、震える声で彼の名を呼んだ。

○○「プリトヴェンさん・・・・・・」

身を屈めモンスターの懐に入ったプリトヴェンさんは、盾一つで敵の動きを封じ込めている。

プリトヴェン「○○には傷ひとつ、つけさせはしない・・・・・・!」

大きな盾を自在に操り、プリトヴェンさんはモンスターを城壁の外へと追い詰めていく。

プリトヴェン「大人しく引っ込んでいろ・・・っ! ハアアッ・・・・・・!!」

プリトヴェンさんが盾を薙払うと、モンスターは持ちこたえられずに、弾き飛ばされた。

モンスターの唸り声はか細くなって、倒れたまま起き上がる気配はない。

(・・・・・・もう大丈夫・・・・・・?)

応援に駆け付けた兵士さん達が、倒れたモンスターを取り押さえる。

プリトヴェン「○○・・・・・・!」

プリトヴェンさんが、座り込む私の方へと走り寄ってくる。

彼は服が汚れるのも気にせず、私の前に膝をつくと、強い力で自分の胸へと抱き寄せた。

プリトヴェン「間に合ってよかった・・・・・・」

一度ギュッと抱きしめてから、ハッとしたように顔を上げる。

プリトヴェン「○○、怪我は・・・・・・!?」

○○「ありがとうございます。私は大丈夫です。それよりプリトヴェンさんこそ・・・・・・」

プリトヴェン「俺のことなんてどうでもいいよ、本当にどこも痛くないか!?」

○○「はい」

しっかり頷くと、プリトヴェンさんは心底ホッとしたように眉を下げ、また私を掻き抱いた。

プリトヴェン「君が探していた女の子は、ここへ来る途中見つけて、兵士に預けてきた」

○○「! そうですか、よかった・・・・・・」

彼の腕の中、安堵して体の力を抜くと、ますます強く抱きしめられた。

○○「あ、あの・・・・・・?」

彼の胸に顔を埋め、頬が熱を持っていく。

プリトヴェン「・・・・・・生きた心地がしなかった。 初めて見つけた特別な人なのに・・・・・・。 君を失うなんて耐えられない・・・・・・!」

(特別な人って・・・・・・)

プリトヴェンさんはまるで存在を確かめるように、私をきつく抱きしめている。

○○「あ、あの・・・・・・プリトヴェンさん・・・・・・」

プリトヴェン「・・・・・・!」

プリトヴェンさんは私の声を聞き、弾かれたように顔を上げた。

プリトヴェン「ご、ごめん・・・・・・!」

慌てて離れると、あたふたしながら視線をさまよわせる。

プリトヴェン「今のはその! つい勢いで・・・・・・! あ、でも勢いで言ってしまったけど、気持ちは本当で・・・・・・っ!」

くしゃりと自分の髪を掴むと、盛大にため息をつく。

プリトヴェン「ああ、もう・・・・・・何言ってるんだ俺は・・・・・・。 ほんとにごめん・・・・・・突然こんなこと言われたって困るよな・・・・・・」

言葉はどんどん弱々しくなっていき、最後の部分は消え入りそうだった。

(確かにドキドキしすぎて、少し困るけれど・・・・・・でも・・・・・・)

○○「・・・・・・嬉しかったです」

プリトヴェン「え?? ・・・・・・えっ!?」

信じられないという表情で、プリトヴェンさんが目を丸くする。

プリトヴェン「ほ、ほんとに・・・・・・?」

○○「はい・・・・・・」

照れながら頷くと、驚いていた彼の顔に満面の笑みが広がり・・・・・・

プリトヴェン「・・・・・・っしゃああっっ!!」

喜びの声を上げるのと同時に、プリトヴェンさんは私のことを再び抱きしめた。

(凛々しくて、強くて・・・・・・素直な人)

プリトヴェンさんの腕に抱かれていると、さきほどの恐怖が嘘のように消えていく。

その心強さとあたたかさは、私を守ってくれる大きな盾のようだった・・・-。

おわり。

<<太陽5話||太陽SS>>