太陽SS 思い出のサーカス

俺は、夢を見ていた。

目の前に広がるのは、煌めく夢の世界だった。

スポットライトを浴びながら、道化師達が踊り、猛獣達は火の輪をくぐる。

『カルナバーラ・サーカス』……

人を笑わせるという不思議な使命を帯びた国の、世界的に有名なサーカス団。

(すごい……すごい!!)

ネロ「ねえ、父さん、見て!あのピエロさん、片手で逆立ちしながら玉乗りしてるよ!」

ネロの父「こらこら、ネロ。あまり騒いでは、他のお客さんの迷惑になってしまうよ」

ネロ「だって……ほら!あの人なんて、口から火を吹いてる! すごいなあ……ねえ、僕も大きくなったら、このサーカスに入りたい!!」

ネロの父「ははっ。この分だと、ネロは私の跡を継いではくれなそうだな……」

父さんは困ったように笑い、俺の頭を撫でる。

(温かい……)

??「……ネロ……」

(誰……?)

光溢れる世界が遠ざかり、父さんの顔が見えなくなっていく。

??「ネロ……」

(嫌だ、父さん、行かないで……)

(また、サーカスに連れていってよ……)

(父さん……!)

……

(誰かが……俺を呼んでる?)

ネロ「ん……?」

心地よいまどろみが途切れ、まぶたを開いた瞬間…ー。

(……っ!!)

口から心臓が飛び出してしまいそうなほど、驚いた。

目に飛び込んできたのは、俺を心配そうに見つめる○○の顔だった。

ネロ「……っ!お、俺……っ」

ほとんど反射的に、俺は○○から距離を取る。

○○「ごめんなさい。お医者様に、起こしてくるよう言われて……」

(なんで……)

手のひらが、微かに熱い。

夢の中で父さんと繋いでいた手が……

ネロ「……」

けれど、俺の手を握っていたのは○○だった。

(なんで……)

問いかけようと、口を開きかけると……

○○「ネロ……お父様に会いたいの?」

心臓がドクンと大きく跳ねた。

ネロ「!!……なんで、そんなことを聞く?」

○○「えっと、寝言で……」

(寝言……)

ネロ「……くそっ」

(よりによって、こいつに聞かれるなんて……!)

思いもよらない失態を恥じ、舌打ちをする。

○○「ネロ……本当は、お父様のこと……」

(違う……)

ネロ「……それ以上言うな」

○○「でも……!」

(違うって言ってるだろ……!)

ネロ「うるさい!」

衝動的に俺は、○○を床に組み敷いていた。

○○「ネ……ネロ?」

(言わないでくれよ……頼むから……)

間近に迫った彼女の顔に、鼓動がいっそう激しくなる。

(俺は、どうしたんだ……)

(こいつは、大人なのに)

(大嫌いなはずなのに……)

ネロ「俺は……あんたと会ってから、変になってる。 大人なんか大嫌いで、憎くて、一人もいなくなればいいって思うのに……。 なのに、あんたといると…ー」

胸の内で膨らんでいく感情に翻弄される。

苦しくて、もどかしくて、そしてどこか甘い……そんな気持ちが込み上げてくる。

○○「ネロ……」

○○が、か細い声で俺の名前を呼ぶ。

それだけで、どうにかなってしまいそうだった。

(俺は、何を考えてるんだ……)

(一緒にいたいって、触れたいって……なんだよこれ)

湧き上がる思いを抑えるように、俺は唇を噛みしめる。

ネロ「けど……。 俺は絶対に大人にはならない」

掴んでいた○○の手首を放し、代わりにあるものを握りしめる。

○○「それ……」

ネロ「これは医者が作ってくれた……『子どもでいられる薬』だ」

○○「え……?」

小瓶の中で暗い色を揺らめかせる液体を見ると、不思議と心が落ち着いた。

ネロ「永遠に子どものままでいられる薬……だよ」

(大人なんて嫌いだ)

チルコの過去を思うと、大人を許すことは到底できない。

けれど俺の中で生まれたこの気持ちも、簡単に消えそうにもなかった。

(……なんて、言えば……)

言葉を探しながら、ゆっくりと○○に視線を戻す。

ネロ「悪かったな。 俺は大人は嫌いだ……大人になんてならない」

(けど……)

ネロ「けど、あんたのことは嫌いじゃない」

やっと口から出たのは、そんな言葉で……

○○「ネロ……」

○○が今何を思っているのか、俺は気になってしょうがなかった…ー。

おわり。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>