太陽最終話 ポケットランドの王子として

ナビット「僕です! ナビットです! みんなのおかげで、こんなかっこいい王子様になれました!」

ナビットくんはそう言って、前と変わらない丸い瞳を輝かす。

だけど、その姿はどこからどう見ても人そのもので……

○○「本当にあのナビットくんなの?」

ナビット「はい! あの時、みなさんに王子様とは何かを教えてもらったナビットです!」

○○「随分変わったんだね……」

(でもよく見れば、似てるような……)

天真爛漫に笑顔を振りまく様子も、よく動くかわいらしい瞳も、どこか面影がある。

アヴィ「こんなこともあるんだな……」

ルーク「いったいどんな力が働いたのでしょう……?」

メディ「さあ、前の姿も愛らしかったと思うけれども……。 けど、この姿も悪くないとボクは思うよ、そう、芸術センス的に!」

アヴィ「外見はともかく、王子になれたのならよかったのか……?」

ナビット「はい! 本当にありがとうございます! みんなに教えてもらって僕、ポケットランドで初めての王子様になれたんです! それにみんなのおかげで、気づいたんです! 王子様って、やっぱりかっこいい存在でなきゃいけないんだって!!」

○○「かっこいい存在……」

(確かに、そういう見方もあるけど……)

ナビット「あ……それから!!」

ナビットくんは姿勢を正して、上着の裾を掴んだ。

ナビット「僕、王子様になるってことは、ポケットランドをどんなところにするかってことを。 ちゃんと考えないといけないって思ったんです!」

○○「……!」

(ナビットくん……)

外見だけでなく、心にもしっかりと王子としての思いが刻まれている。

そのことが、まっすぐな瞳からありありと伝わってくる。

ルーク「……王子としての責任も、しっかり持てたようですね」

アヴィ「やるじゃないか、ナビット」

メディ「ボクもキミのような弟子を持てたこと、鼻が高いよ!」

ルーク「別にメディの弟子になったわけではないと思いますが」

メディ「キミは相変わらずノリが悪いね」

アヴィ「それでお前は、ポケットランドをどんな国にしたいと思ったんだ?」

ナビット「それは……まだこれからしっかり考えるつもりなんです。 僕、ポケットランドのみんなが大切だから、簡単には決められない気がして……」

○○「そうだね……じっくり考えて、ナビットくんが、もっと素敵な世界にしていくんだね」

ナビット「はい! みんなからもらったアドバイスを大事にして、立派な王子様になっていきます! だから、みなさん、本当にありがとう……あ、あれ?」

○○「!?」

言葉が最後まで告げられるやいなや、ナビットくんの足元が薄くなる。

ナビット「あ…―もう、お別れみたいです……じゃあ、またいつかお会いしましょう♪」

そう軽やかな笑顔で笑った瞬間、ナビットくんの体をまぶしい光が包み込む。

光はさらに大きく膨らむと、一瞬にして弾けてしまった。

○○「……消えちゃった」

アヴィ「……」

ナビットくんのいた花畑に柔らかなそよ風が吹く。

○○「ポケットランドに戻っていったのかな」

ルーク「不思議な子でしたね……」

メディ「だが、彼は大物になる気がするよ! このボクが言うのだから間違いないよ」

アヴィ「ああ、そうだな」

きっと、素敵な王子様になれる…―。

そんな予感を残しながら、こうして私達とナビットくんとの、不思議な出会いは幕を閉じたのだった。

忘れがたい、彼の素敵な笑顔を胸に残して…―。

おわり。

<<太陽5話||月覚醒へ>>