太陽SS 君を喜ばせたくて

〇〇が蓬莱から帰る、その前日…-。

(やっぱり咲いてなかったか)

(つぼみをつけていたから、もしかすると……って思ったけど)

再び山に行ってみたものの、やはりまだ桜は咲く様子がなかった。

―――――

〇〇『楓さんと、桜、見たかったです……』

―――――

残念そうな彼女の表情が忘れられない。

(あんな顔されたら……)

楓「桜……ね。 誰にも見せる気はなかったんだけどな」

腕を組み、あることを頭に思い描く。

俺が以前に一度だけ描いた、桜の絵……

(これを見て……君はどんな顔をするのかな)

先ほど、中庭で彼女と交わした言葉を思い返す。

―――――

楓『なんだ、そんなことか』

〇〇『え……』

楓『明日までには咲かないだろう。残念だったね』

―――――

(ちょっと、意地悪をし過ぎたかな)

悲しげに歪む彼女の顔を思い出し、少しの罪悪感が胸に募る。

(……埋め合わせってわけじゃない)

(ただ俺が、〇〇に桜を見せたいって思ってるんだ)

小さく息を吐いて、アトリエに向かおうと足を踏み出すと…-。

〇〇「楓さん」

聞き慣れた声が、俺は呼び止めたのだった…-。

……

そうして、彼女を連れて来た後…-。

〇〇「すごい……」

(驚くにはまだ早いんだけどね……)

彼女は物珍しそうに、辺りを見回し感嘆の息を漏らす。

(まったく、少しは落ち着きなよ)

クスっと笑みを浮かべながら、俺は浮き浮きとした様子の彼女に声をかけた。

楓「ここは、俺のアトリエのような場所だよ。 好きなものを描いたり作ったりして、好きなように飾っておく。 ただ自由に創作を楽しんでいる空間だ」

〇〇「そんな大切な場所に、私が入ってしまっていいんですか?」

楓「……うん。でも、その前に」

興味深そうに部屋を回ろうとする彼女の手を掴み、襖の前まで連れてくる。

〇〇「あの……」

楓「少しの間、目をつむっていて」

〇〇「え……」

楓「いいから」

〇〇「……はい」

いざ見せるとなると、少しだけ体に緊張が走った。

彼女が静かに目を閉じたことを確認し、襖に手をかける。

(…………よし)

楓「いいよ、目を開けて」

〇〇「……はい」

ゆっくりと彼女の瞳が開き……

〇〇「わぁ……」

襖が開かれた奥に鎮座する桜の木に、彼女に視線が釘付けになる。

(よかった)

きらきらと瞳を輝かせ、頬を染める彼女の顔を見て安心する。

(この顔が見たかったんだ)

〇〇「すごいです……本当に、桜がそこにあるみたい……。 それに……」

そこまで言いかけるけれど、次の言葉がなかなか出てこない。

(不器用だな、まったく……)

楓「無理してしゃべらなくていい。 君の顔を見れば、言いたいことはよくわかるよ」

そっと、彼女の顔を覗き込む。

(うん、いい顔だ)

けれど、彼女は顔を赤くして顔を俺から逸らしてしまう。

そして……

〇〇「でも、桜の絵は描かないって……」

楓「ああ……」

(そんなこと、と言いたいところだけど……どう伝えようか)

少しだけ悩んだけれど、俺は素直に伝えることにした。

楓「桜の美しさに感動して、一度だけ筆を執ったことがあったんだ。 もちろんどこにも発表する気はないし、今まで誰にも見せたことはない」

〇〇「誰にも……」

楓「ああ。君に、初めて見せた」

〇〇「……」

楓「君があんまりにもがっかりした顔をするから、どうにか桜を見せたいと思ったんだ」

胸の内を明かすと、彼女はゆっくりと口を開く。

〇〇「ありがとうございます……」

ぼうっとしていたら聞き逃してしまいそうなその小さな声は、震えているように聞こえた。

(……もしかして)

楓「あれ? 泣いてるの?」

〇〇「いえ……」

慌てて顔を伏せ恥ずかしがる様子に、悪戯心が芽生え始める。

楓「泣いてるでしょ?」

〇〇「そんなことないですよ」

楓「どうして泣いてるの?」

〇〇「だから、泣いてません……」

(はは、本当に君は……かわいいんだから)

なおも顔を隠そうとする彼女の手を掴み、そっと額に口づけた。

その距離のまま、耐えきれずに…-。

楓「まったく、君って子は……」

そっと腕の中に彼女を閉じ込める。

〇〇「あ、あの……」

(駄目だ、楽しくて仕方ない)

(俺は今、どんな顔をしているだろう)

楓「君がそんな顔をするから、いじめたくなる」

〇〇「楓さん……」

抱きしめれば抱きしめるほどに、彼女への愛しさが込み上げてくる。

(ずっとこの腕の中に閉じ込めておきたい)

楓「もう少し、このまま……」

その想いは、隠すことなく言葉として溢れてしまう。

〇〇「……っ」

視線の先には、彼女だけの桜の木が風に揺れている。

(今度は、本物の桜を二人で見に行こう)

(その時は……どんな顔を見せてくれるのかな)

少し先に待っている春を想いながら……

彼女の笑顔が花開く瞬間を思い描いていた…-。

おわり。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>