太陽最終話 ふたりのビーチバレー

陽影さんが買ってきてくれたアイスを食べながら、最初に見つけた入江を目指して、のんびり歩いていく。

陽影「それで?待望のアイスの味はどうだ?」

○○「はい、すごく美味しいです!」

満面の笑みで答えた私を見て、陽影さんが吹き出す。

陽影「オマエ……アイスぐらいで幸せそうな顔しすぎ」

○○「だ、だって……」

陽影「まったくオマエは、子どもかよ」

からかうようなことを言っても、陽影さんの目はどんなときも優しい。

(だからいつも、くすぐったい気持ちになる……)

そんなことを思いながら、アイスを食べ終わった頃、私は波間に漂うビーチボールを見つけた。

陽影「誰かが忘れて帰ったんだろうな」

○○「そうですね……あんなふうに浮かんでいると、なんだかちょっと寂しそう……」

陽影「まあな」

波打ち際に歩いて行った陽影さんがビーチボールを掬い上げる。

陽影「ちょっとやってみるか?」

太陽の光を背負って、私に笑いかける姿がまぶしい。

私は内心ドキドキしながら、陽影さんを見上げ頷き返した。

○○「はい。あ、でも……手加減してくださいね」

陽影「それはどうかなあ?」

いたずらっこみたいな笑顔を浮かべながら、陽影さんは袖をグッとまくり上げた。

それを見て、私も上に羽織っていた上着とリゾートワンピースを脱ぐ。

陽影「おっ……」

○○「な……なんですか?」

陽影「いや……えーっと……」

○○「……?」

私の姿を見たかと思ったら、陽影さんが視線を泳がせる。

(もしかして……水着?)

○○「あ、あの…―」

陽影「よし!……はじめんぞ!」

陽影さんの慌てた掛け声と共に、ふたりのビーチバレーが始まった…―。

やり始めると、楽しさから二人ともすぐ夢中になった。

それからしばらくの間、私達はビーチバレーを続けた…―。

陽影「いくぞー!」

○○「えいっ……!」

陽影「おーうまいうまい!」

陽影さんは、ちゃんと手加減して、優しいボールを返してくれる。

陽影「次はちょっと強めのなー!」

○○「……待ってください。あ!」

陽影さんが打ったボールが、私の脇をすり抜けて行った。

私は陽影さんに背を向けて、慌ててボールを追いかけた。

陽影「ゴメンな!強すぎたか」

ビーチボールを取るため屈んでいると、私を追いかけてきてくれた陽影さんの声が背後からした。

○○「大丈夫です。次はちゃんと返します」

笑いながらビーチボールを手にして立ち上がると、不意に陽影さんの影が近づいて…―。

○○「……!」

私の額に、触れるだけの優しいキスが落とされた。

○○「陽影さん……?」

額を触りつつ、驚いて陽影さんを見上げる。

陽影さんは真っ赤になりながら、私の目を見つめてきた。

陽影「あ……!いきなり、わりぃ!驚くよな、そりゃ。うん。けど……なんかオマエ……可愛かったから!その、水着とか……」

○○「……」

陽影「いや……だったか?」

○○「そんなこと……ないです」

陽影「そっか……よかった」

すると、腕が陽影さんにそっと引かれて…―。

(あ……)

手の中から、ビーチボールが転がり落ちていく。

私はそのまま、陽影さんの熱い腕の中に抱きしめられた。

陽影「……オレ達、いつも一緒にいれるわけじゃないだろ?」

○○「はい……」

陽影「だからさ、傍にいるときぐらいオマエのこといっぱい喜ばせたいと思って……そのせいでさっきは変に気負っちゃったけど、オレ今……○○と一緒にいられて、すごい幸せだよ」

○○「……私もです……」

私はドキドキしながら、なんとか言葉を返した。

陽影「……うん。いっぱい思い出作って帰ろうな」

○○「はい……」

ギュッと一度、強く抱きしめてから、陽影さんが私の体を離す。

私達は間近で微笑みを交わしあった。

(恥ずかしくて、胸が苦しいけれど……でもすごく幸せ)

陽影「もうすぐ夕暮れになるし、それまで海沿いを散歩しないか?海で見る夕焼けはすごく綺麗だから、オマエに見せたいんだ」

○○「はい、ありがとうございます……!」

陽影「よし、じゃあ行くぞ」

私の手を取って、陽影さんが歩き出す。

○○「陽影さん」

陽影「ん?どした?」

○○「すごく……楽しいですね!」

私の言葉に、陽影さんは一瞬目を瞬かせたけれど…―。

陽影「ああ、すっげー楽しいな!!」

これ以上ないくらい明るい彼の笑顔が、私に向けられた。

二人で過ごすこれからの素敵な時間に想いを馳せて、私は陽影さんの手を握り返したのだった…―。

おわり。

<<太陽5話||月覚醒へ>>