太陽最終話 約束

ーーーーー

真琴「・・・・母さんも、小さい頃よくこうして手をつないでくれたな。 ・・・・温かい」

ーーーーー

その後・・・・ー。

真琴君を独りにできずに、私は彼の家に一緒に戻ってきてしまっていた。

真琴「・・・・疲れた。寝る」

そう言って真琴君は、ベッドにもぐり込む。

真琴「ねえ。 君は、利用されたってわかったのに、なんでまだここにいるの」

○○「真琴君を、独りにしたくないから・・・・」

真琴「・・・・。 ああ・・・・そうか」

しばらく押し黙った後、真琴君がうわごとのようにつぶやいた。

真琴「君・・・・僕のこと・・・・」

○○「真琴君・・・・?」

真琴「・・・・」

真琴君はやがて、静かに寝息を立て始める。

(あどけない寝顔・・・・)

真琴君の頬に、そっと手を触れる。

眠りに落ちた彼の顔は、とても穏やかだった・・・・ー。

・・・・

・・・・・・

(・・・・あれ)

(私・・・・あのまま眠り込んで・・・・)

真琴「おはよう、○○」

○○「・・・・?」

ゆっくりと目を開けると、真琴君が私の顔を覗き込んでいる。

○○「あ・・・・真琴君・・・・!」

座っていた椅子から、慌てて立ち上がる。

真琴「あははっ!目の下、クマできてるよ」

屈託なく笑う彼に、ほっと胸を撫で下ろした。

○○「真琴君・・・・よかった、少し落ち着いた?」

真琴「落ち着いたって、何が?」

○○「何がって・・・・」

(とても悲しそうだったから・・・・)

なぜだかそれを言葉にすることがためらわれて、私は口をつぐんだ。

真琴「・・・・そんな顔しないでよ、○○」

真琴君はそう言って、不意に私の手を取り・・・・

○○「・・・・!!」

手の甲にキスを落とした。

○○「ま・・・・真琴君・・・・!?」

うろたえる私を見て、彼は満足そうに笑う。

真琴「こんなので照れてるの?かっわいー!」

真琴君はくすくすと笑いながら、今度は私をじっと眺めている。

真琴「もっと、もっと○○の照れたところ見たい」

悪戯を思いついた子どものように楽しそうに、私の手を取る。

○○「ど・・・・どうしたの?」

(何が、どうなってるの・・・・?)

私は、瞳を何度もまばたかせる。

真琴「どうしたって・・・・。 「○○は、僕と一緒にいたいんだよね? せっかくなら楽しく過ごしたいでしょ?」

○○「えっ・・・・」

真琴「違うの?だって昨日言ってたじゃない」

ーーーーー

真琴「君は、利用されたってわかったのに、なんでまだここにいるの」

○○「真琴君を、独りにしたくないから・・・・」

ーーーーー

(確かに、言ったけど・・・・)

真琴「君、僕のことが好きみたいだから僕も愛してあげることにしたんだ」

○○「え・・・・?」

真琴「嬉しいでしょ、あははっ!」

真琴君は、この上なく楽しそうな笑い声をあげる。

(私が、真琴君を、好き・・・・?)

唐突に投げられた言葉に困惑し、そっと首を傾げる。

真琴「やっぱいいね、君のその顔」

真琴君はそう言って、細い腕で私を抱き上げた。

○○「ま、真琴君・・・・!」

その力強さに驚き、自分の顔が赤く染まっていくことを感じる。

真琴「○○の困った顔見てるの、すっごく楽しい♪」

真琴君が、私の顔をすごく近くから覗き込んでくる。

恥ずかしさに思わず顔をそらすと、彼は私をベッドにふわりと降ろした。

真琴「駄目だよ・・・・ちゃんと顔を見せて?」

愛おしそうに私の頬に両手を添える真琴君の瞳を見つめていると、体が動かなくなる。

真琴「僕は今、力は使ってないよ?」

真琴君が意地悪そうに目を細める。

真琴「何だろうね・・・・復讐だけが生きがいだったのに。 君といることが、なんだか楽しいんだ」

そう言って真琴君は、私の首筋に指を這わせる。

○○「・・・・っ!」

真琴「あはははっ・・・・!」

ぴくりと肩を跳ねさせた私を見て、彼は無邪気な笑い声をあげる。

真琴「君がいる間は・・・・復讐のことはちょっと忘れちゃおうかな♪ ねえ、○○、僕を抱きしめてよ」

○○「えっ・・・・」

真琴「はーやーくー!」

断ることができず、おずおずと彼の顔を私の胸に抱き寄せる。

真琴「うん、あったかい。 この温かさがあるなら、僕は生きていけるかも」

(真琴君・・・・)

愛しさがこみ上げて、私は彼の頭を撫でていた。

真琴「安心して、君は僕が守るから」

○○「・・・・」

(優しい瞳・・・・)

部屋の隅に置かれたガラス箱と虫籠が目に入る。

(でも、真琴くんの冷たい瞳が頭から離れない・・・・)

おずおずと彼の瞳を覗き込む。

すると彼は、蕩けそうに優しく微笑みかけてくれた。

(本当は、優しい人だって信じたい・・・・)

(もし、私といることで、こうして笑ってくれるなら・・・・)

真琴「どうしたの?○○」

真琴君は、心配そうに私の手を握る。

○○「真琴君、蝶、外に逃がしてあげよう・・・・?」

真琴「えーっ!何で?僕のとっておきのお楽しみなのに・・・・」

子どものようにすねた声を出す。

○○「楽しいこと、一緒にしよう?たくさん・・・・。 私、真琴君の傍にいるから・・・・」

真琴「・・・・。 約束・・・・?」

彼の声が氷のように冷たくなる。

恐ろしさを飲みこんで、その声に頷き返すと・・・・

真琴「・・・・わかった」

彼はそう言って、ガラス箱の蓋を開け、虫籠を取り出す。

美しい蝶達が、ひらひらと外へ飛び立った。

真琴「これでいい?」

蝶が舞う部屋の中で、真琴君が囁く。

真琴「約束だよ・・・・○○」

真琴君は、冷たい瞳で私を見上げている。

その頬にそっと触れると・・・・

真琴「ずっとずっと、愛してあげる」

真琴君は、にっこりと微笑んで、そう囁いた。

この天使のような笑顔の真琴君でいつもいられるように・・・・

そのために、彼の傍にいようと、私は心に誓う。

(ずっとずっと・・・・)

ふとガラス箱に目をやると、蜘蛛の巣にかかった何羽かの蝶が目に入った。

(出られ、なかったの・・・・?)

そして蜘蛛がゆっくりと、その美しい蝶に近づいていくのだった・・・・ー。

おわり。

<<太陽7話||太陽SS>>