太陽SS 煩わしい熱

○○「真琴君の辛そうな顔は・・・・見たくないよ」

冷えきった僕の手に、かすかな熱が伝わってくる。

(煩わしい・・・・)

すぐに振り払ってしまえばいいのに、なぜだかそうすることができない。

(どうして・・・・)

鬱陶しいのに、心地いい。

それは・・・・もうずっと前に失ったはずの温もりだった。

(母さん・・・・)

ーーーーー

真琴「ねえ母さん。父さんのお仕事っていつ終わるの? いっつも忙しそうでさ・・・・僕、つまんないよ。父さんともっと遊びたいな」

真琴の母
「父さんは、他の誰にもできない大事なお仕事をしているのよ。 皆のために・・・・真琴のために」

真琴「・・・・」

真琴の母「いつか真琴も、父さんみたいな立派な国王様にならないとね」

真琴「・・・・うん」

真琴の母「でも、そうね・・・・もうあと少しで他国訪問から帰ってくるから。 そうしたら・・・・ちょっとわがまま言っちゃおうか?」

真琴「!・・・・うん!僕、馬に乗ってみたいな!!」

真琴の母「きっと父さんが教えてくれるわ。とてもお上手なのよ?」

真琴「やったあ!母さん、約束だよ!!」

ーーーーー

真琴「約束・・・・」

(僕の手を握ってくれてた、母さんの・・・・)

真琴「・・・・。 ・・・・母さんも、小さい頃よくこうして手をつないでくれたな」

気づけば僕は、○○の手を握り返していた。

○○「・・・・!」

すると、○○がそんな僕の手を両手で包み込む。

(ああ・・・・)

真琴「・・・・あたたかい」

煩わしさとあたたかさが、僕の胸を潰してしまいそうだった・・・・ー。

・・・・

・・・・・・

その後、ぼうっとした頭で家に戻ってきた。

真琴「・・・・疲れた。寝る」

何も考えたくなかった僕は、すぐさまベッドに潜り込む。

けれど・・・・ー。

(・・・・何でいるんだよ)

傍で、○○が気遣わしげな瞳で僕を見つめている。

(騙されてのこのこやって来て、危ない目に遭って・・・・普通、怒り狂って帰るだろう)

真琴「ねえ。 君は、利用されたってわかったのに、なんでまだここにいるの」

○○「真琴君を、独りにしたくないから・・・・」

小さな声で、けれどはっきりと彼女はそう言う。

真琴「・・・・」

(独りにしたくない?何言ってるんだろ)

(今日一日でわかったはずだ。僕の傍にいるということがどういうことか・・・・)

(とことん馬鹿なのかな?それとも自殺願望でもあるの?)

(あるいは・・・・ー)

ぐるぐると思いを巡らせて、僕はある結論に辿り着く。

真琴「ああ・・・・そうか」

けれどその頃には、もう僕はまどろみに落ちかけていて・・・・

真琴「君・・・・僕のこと・・・・」

○○「真琴君・・・・?」

○○が僕を呼ぶ声が、遠のいていった・・・・ー。

・・・・

・・・・・・

(・・・・うん?)

(ああ、僕、眠り込んで・・・・)

真琴「!」

ゆっくりとまぶたを開けると、僕のベッドに突っ伏して寝ている○○が目に入る。

真琴「・・・・呆れたなあ。無防備にもほどがあるよ」

そのまま彼女の横髪を掬い上げても、いっこうに目を覚ます気配はなかった。

真琴「おーい。起きないと悪戯するよ?」

そっと彼女の首筋に、手の甲を触れさせると、

トクントクンと、規則正しい小さな鼓動が伝わってくる。

(熱い・・・・)

その音を聞きながら、僕は○○のいろんな表情を思い出していた。

笑った顔、驚いた顔、哀しそうな顔、そして・・・・

真琴「・・・・」

クスリと、自然に笑みが漏れてしまう。

真琴「なんだか、楽しくなってきた」

ぽつりとそう口に出して、僕はまだ穏やかに眠る○○の顔を覗き込んだ。

ーーーーー

○○「真琴君・・・・復讐を、やめて欲しい」

ーーーーー

(○○がそう言うなら・・・・やめてもいいかな?)

(君が、僕の傍にいてくれるなら)

ふと、光の入らない部屋の片隅にあるガラスケースが目に入る。

その中で、虫籠に囚われている蝶が羽を静かにはためかせていた。

(ずっと、ずっと・・・・○○を、愛してあげる)

(約束だよ・・・・)

高揚する心を抑えきれず、僕は○○にキスを落としたのだった・・・・ー。

おわり。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする