太陽9話 計算では分からないこと

緊急停止した巨大案山子の上で、カラスに襲われた私達を助けてくれたのは……

リーヤさんの治める、街の人々だった。

街の人1「リーヤ様!大丈夫ですか!?」

街の人2「リーヤ様!」

街の人3「リーヤ様!」

巨大案山子から降りると、リーヤさんは心配そうな表情の街の人々に囲まれた。

リーヤ「ああ、大丈夫だ。お前らが助けてくれたからな!」

街の人1「リーヤ様……当然です!」

リーヤ「けど、びっくりしたぞ。 自分達で考えて、やろうと思えばできるじゃねえか! ありがとな」

リーヤさんから、感謝と感激が溢れているように感じられる。

―――――

リーヤ『この国の奴らは、自分の脳みそで考えるってことを知らねえ。 だから俺一人で、今、この城を改造してる』

〇〇『……一人で、お城を改造?』

リーヤ「ああ、誰も頼りにならねーからさ」

―――――

(そんなこと、ない……)

〇〇「よかったですね、リーヤさん」

嬉しさが胸に込み上げて、私は満面の笑みをリーヤさんに向けた。

リーヤ「ああ、一回くらいは危機に直面してみるもんだな」

さっきまで、巨大案山子のことで曇っていた表情は、すっかり明るくなっている。

リーヤ「何がどう転ぶか……それは、いくら計算しても、わかんねーもんだよな」

リーヤさんの顔は、明るく晴れ渡るように……どこまでも澄み切っていた。

(けれど……)

残された、ある大きな問題に私は頭を悩ませていた…-。

<<太陽8話||太陽最終話>>