太陽SS きらきらする心

襲撃してきたカラスどもを、撃退した後…-。

(あー……どうすっかな)

大案山子一号は、街から遠く離れた地でその動きを止めてしまった。

リーヤ「巨大案山子にしたこの城を、元の城の場所に戻すには……。 もう一度、一から作り直しだな。 しかも今度は、完璧な完全体じゃねーと、途中でまた止まっちゃ意味ねーし」

ごちゃごちゃする考えを整理するように、誰に言うでもなくそう声に出していると……

〇〇「あの……逆に、街をここへ作ってしまうっていう発想はどうでしょう」

〇〇が遠慮がちに、とんでもないことを提案してきた。

リーヤ「あ? そんな馬鹿なこと……」

即座に否定しようとしたけど、頭の中で何かがピンと閃く。

リーヤ「いや、待てよ……」

(ここなら水は豊富にあるし、案山子の高さがあればカラスの森の見張りもしやすい……)

(それに……)

俺達を助けてくれた、街の奴らの顔を見渡す。

皆、きょとんとした顔で俺の言葉を待っていた。

(こいつらと……新しいモンを作るのも、悪くねえ)

リーヤ「それも、一理あるかもしれねー!」

〇〇「本当ですか?」

〇〇の顔が、ぱっと明るくなる。

その笑顔が、俺の自信をさらに強めてくれた。

リーヤ「今の街の位置は、実は水路が不自由だったんだ。 けど、ここだったら水路の確保はなんの問題もねえし。 いっそ全部移動しちまうってのは、斬新だがアリだ」

(なんだ、この気持ち)

胸がドキドキして、走り出したいような衝動に駆られていく。

(俺は、この感覚を知ってる)

(仲間と旅してた時の……これから何が起こるんだろうって、すっげーわくわくする感じ)

どうしようもなく心が高揚して……

リーヤ「よし! 俺はここに街を作ることに決めたぞ!」

今日一番の大声で、そう宣言する。

街の奴らの驚きの声が、空にこだました…-。

……

それからしばらく…-。

(疲れたけど……今日も一日、楽しかったな)

街づくりも順調に進むある日、俺は〇〇と二人、案山子の屋上で夕陽を眺めていた。

橙色の光が、スケアクロウに広がる田園をどこか切なげに染め上げている。

(……でっかいなあ)

どこで見ても変わらない夕陽の姿に、自分のちっぽけさを感じてしまう。

(知恵を手に入れて……俺はたぶん、調子づいてたんだろうな)

(自分じゃないとできねーって思い込んで、周りに頼ることを忘れて)

リーヤ「夕陽は……前の街で見ても、この街で見ても、おんなじだな」

そっと、隣にいる〇〇の顔を見やる。

リーヤ「お前がいたところも、おんなじ夕陽か?」

〇〇「え……?」

〇〇は意味がわからないというように小首を傾げた。

(ハハッ……わかんねーよな。でも)

リーヤ「きっと……おんなじだろうな……」

(そうだよ。こんなでっかいもんの前じゃ、俺の存在なんて小さいもんだ)

(なんで気づかなかったんだろーな。わくわくできる方法なんて、いくらでもあったのに)

(でも、お前が気づかせてくれた……)

たまらなくなって、俺は後ろから〇〇の体を抱きすくめた。

〇〇「あ、あの……」

〇〇は声を上ずらせ、わずかに身じろぐ。

リーヤ「嫌か?」

〇〇「……」

何も言わないまま、〇〇は首を静かに左右に振った。

(へへっ……嬉しいな)

すっと、息を大きく吸い込んで……

リーヤ「お前ってさ、面白いよな!」

〇〇「え……?」

リーヤ「俺と同じくらい、いろんな種類の考えとか持ってて……。 けど、俺と違う人間だから、やっぱ考えることが違ってて……。 そういうの、面白い」

俺が何を言っているのか、〇〇はもしかしたらわからないかもしれない。

けど、俺は〇〇みたいな奴を……俺をドキドキさせてくれる奴をずっと待ち望んでいた。

(お前のおかげで、俺はまたわくわくすることができた)

(最高だよ、お前)

〇〇「あ、あの……」

〇〇の顔が、俺の方を向いて……

〇〇「……!」

軽く、唇を奪ってやる。

リーヤ「へへっ、不意打ち……!」

何も言わず頬を染める〇〇を、俺は少しきつく抱きしめ直した。

ドクン、ドクンと……俺と彼女の鼓動が、まるで音楽のように聴こえてくる。

リーヤ「トル・デ・リデ・オ~♪」

頭に過った歌を、そのまま口ずさんでみる。

仲間達ときらきらした気持ちで旅をしていた時に、よく歌ったメロディ……

(幸せ……だな)

もう二度とこの気持ちを手放したくなくて……俺は強く、〇〇を抱きしめた…-。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>