太陽最終話 変わっていく想い

錬金術師さんの研究室を訪ねた夜…-。

今夜も開かれたクリムパーティに出席した後、私はジョシュアさんと連れだってバルコニーへ出た。

頬を撫でるひんやりとした夜風が、パーティで火照った頬に心地よい。

(素敵なご夫婦だったな)

研究に没頭する夫を支え、妻は報告書をまとめたり研究成果を商売にしたりして、二人三脚で暮らしていると、朗らかに話してくださった。

ジョシュア「嬉しそうな顔をして、どうかした?」

〇〇「昼間のご夫婦のことを考えていました。 ああやって二人で支え合っているのって、素敵だなって…-」

(あ……)

―――――

ジョシュア『商談はオレの責務だ。君がやることじゃない』

―――――

あの時のことを思い出し、私は続く言葉を飲み込んだ。

〇〇「……」

黙り込んでいると、ジョシュアさんが私の頭を優しく撫でてくれる。

ジョシュア「ねえ、〇〇」

風が吹き抜け、ふわりとジョシュアさんの髪が揺れた。

ジョシュア「物質と物質が合わさって、新しい物が生まれるなら……人と人との思いだって、そうなると思わない?」

〇〇「え?」

月明かりを浴びながら、意味ありげに目を細める彼を見つめていると……

ジョシュア「手を出して」

そっと手を取られ、そのまま何かを握らされる。

ふわりと香るいい匂いに、なぜだか胸がくすぐられた。

〇〇「これは……」

ジョシュア「君があの時紹介してくれた茶葉だよ。 少し、手を加えてはいるけどね」

促されて手を前に伸ばすと、ジョシュアさんは私の肩を抱き寄せ、茶葉を包むようにもう片方の手のひらを重ねてきた。

すると…-。

〇〇「!」

手のひらから、赤い光がきらきらと美しくこぼれ出す。

〇〇「赤い光……」

ジョシュア「彼に少し教えてもらってたら、偶然できたんだ。精霊の国の火の魔石を使うとこんなに綺麗に発光する。 驚いたよ」

ジョシュアさんの薄緑色の瞳に赤い光が織り交ざり、幻想的な色味を帯びる。

それは息を呑むほど美しく見えた。

〇〇「不思議ですね……」

赤い光に包まれ、心が熱くなっていく。

鼓動がトクトクと、胸を切なく震わせていた。

ジョシュア「……最初はただ、君が愛おしかった。 いつの間に、オレはこんな欲張りになったんだろう。 君のことを、独り占めしたいだなんて…-」

〇〇「……それは私も同じです。 変わらずジョシュアさんのことが大好きです。だけど……。 気づけば、隣に立ちたいって思いが強くなっていました」

そう言うと、ジョシュアさんがわずかに目を見開いた。

〇〇「ジョシュアさんのいう通り……人と人との思いは、交わって、ぶつかって……。 変わっていくものなんだって思います」

傍にいる時間が長くなればなるほど、想いは強くなり、その色を変えていく。

自分の中の変化を感じながら、私は心を込めて彼にそう告げた。

ジョシュア「……そうだね。クリムライトももしかすると、刹那の瞬間に生まれた思いなのかもしれない。 この光もきっと……オレが今この瞬間、君に感じる深い愛が生んだものだ」

耳に落ちる熱い吐息に火照りを感じていると、淡く赤い光が収束していく。

やがて完全に光は消え、薄い月明かりが辺りを照らすばかりになった。

ジョシュア「〇〇」

静けさが満ちる空間に、私の名前を呼ぶ声が優しく響く。

ジョシュア「仕切り直しさせてくれる?」

そう言って、ジョシュアさんは恭しく跪いて胸に手をあてた。

迷いも憂いもない彼の視線が注がれ、私の鼓動は痛いほど速まっていく。

ジョシュア「〇〇。どうかこれからもオレと共に。 二人でこれからも……いろんな想いを重ねていこう。 過去も今も、これからも……愛してるよ」

熱っぽく言い終えると、ジョシュアさんは立ち上がり、私と向き合う。

〇〇「はい……」

嬉しさで胸を詰まらせながら返事をすると、彼の腕にしっかりと抱きしめられた。

ジョシュア「〇〇……」

頬に手を添えられ、そのまま唇が重なり合う。

〇〇「ん……」

抱きしめられる力が強くなるほど、次第にキスも深くなり……

(愛してる……)

触れ合う部分から生まれる熱が、二人の新しい愛の証のように思えたのだった…-。

おわり。

<<太陽7話||