太陽SS 聞きたかった言葉

生い茂る木々を掻き分けながら、森の奥へと進んで行くと……

堂々と枝を広げた、ひときわ大きな桃の木を見つけた。

(ここだ……懐かしいな)

そこは幼い頃、父さんに連れてきてもらった特別な場所だった。

父さんは昔、桃花祭の日にここで一番綺麗で大きな桃を採り、母さんにあげたという。

(父さんと母さんの恋を結んだ、特別な桃……)

(ボクもここで桃を採って、〇〇さんに渡すんだ)

そびえ立つように高い桃の木を見上げ、ボクはごくりと一つ唾を飲み込む。

(……よし!)

気合を入れて太い幹に手をかけ、ゆっくり登っていく。

カイネ「……っ!」

けれど、途中で足を滑らせて、格好悪く落ちてしまった。

(恥ずかしい……〇〇さんがいなくてよかった)

(それにしても、高いなあ……本当に登れるのかな)

(……いや、毎日トレーニングしてるのは、強くなるためだ)

(このくらいの木、登ってみせる。〇〇さんのために……!)

カイネ「よし、もう一回!」

……

一番上まで登りきる前に手が滑ったり、足を踏み外したり…-。

何度も挑戦した結果、ボクはようやく……

カイネ「採れた!」

一番高いところになっていた桃を掴んだ。

手のひらいっぱいの薄桃色をした大きな桃は美しく、ずっしりと重かった。

(〇〇さん、受け取ってくれるといいな……)

カイネ「あ、いけない……急がないと!」

桃花祭に間に合うように、ボクは桃の木から飛び降り、慌てて走り出した…-。

……

満開に咲き誇る桃の木の下で、桃花祭の宴が始まる。

(ここでボクが挨拶を……ああ、やっぱり緊張する)

宴には、たくさんの人々が集まっていた。

〇〇「カイネ君、大丈夫?」

心配そうに声をかけてくれる〇〇さんの手を、ボクは震える手でそっと握った。

まるで彼女の心を表しているような温もりに、次第に気持ちが落ち着いていく。

カイネ「やっぱり、宴の直前にキミに会いたいってお願いしてよかった。 大勢の前に出るし、すごく緊張してたんだけど……。 〇〇さんの顔を見たら、ガチガチになってたのがどっかに行っちゃった」

(今なら、大丈夫……)

カイネ「ボク、行ってくるね」

彼女が見てくれているというだけで、ボクは強くなれる気がした。

(励まされるうちは、まだまだ格好いいとは言えないかな……)

(よし。せめてこの国の王子としてちゃんと挨拶をしよう)

……

挨拶を終えた後、〇〇さんの姿を探す。

(あれ? どこにいるのかな?)

(あっ、いた……)

〇〇さんはベンチに腰かけ、すぐ傍の桃の木を見上げていた。

(……綺麗だな)

その光景に思わず目を奪われ、高鳴る胸を自覚しながら声をかける。

カイネ「〇〇さん」

〇〇「カイネ君、お疲れ様」

〇〇さんの笑顔に、それまでの緊張がすっと解けて……

カイネ「あー、緊張した……」

素直にそう言って、ボクは〇〇さんの隣に座った。

カイネ「〇〇さん、ボクの挨拶……どうだった?」

〇〇「すごく格好よかったよ」

〇〇さんに笑顔でそう言われて……

カイネ「そっか……!」

(すごく格好よかった……)

〇〇さんの言葉を、ゆっくりと心の中で反芻する。

ずっと欲しいと思っていた言葉を〇〇さんからもらえて、自然に頬が緩んだ。

カイネ「よかった……」

安堵と昂揚感が、ボクの胸を熱く満たしていく。

後ろ手に隠している桃へ、チラリと視線を移す。

(自信……ついたかも)

カイネ「ありがとう。〇〇さんのおかげで、ボク…-」

〇〇さんの手に自分の手を重ねた、その時…-。

(あ……)

風が吹き、桃の木が大きく揺れる。

(この特別な桃を、キミに……)

これから想いを伝えようとする僕を応援してくれているように、桃の花びらが、ひらひらと風に舞っていた…-。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする