太陽SS 溢れる気持ち

ソファにゆったりと座りながら、私は本を読んでいたが…―。

イリア「……」

私は、そっと本を閉じる。

本を閉じる音が、部屋に響いた。

(少しも面白くない……)

読書は、私の一番の趣味だった。

しかし、その内容が頭にちっとも入ってこない。

(その理由に、私は気づいている)

(〇〇様と出会ったから……)

(この世には、もっと楽しいことがあると知ってしまった)

無意識に、ため息を吐いてしまう。

イリア「ああっ! またため息を吐いてしまった……」

(あの方のことを考えると、ため息ばかり吐いてしまう……)

その理由も、私はもうわかっていた。

イリア「私は、〇〇様をお慕いしている……」

自分の気持ちを、あえて言葉に出してみる。

すると、すぐに耳がむずがゆくなってくる。

イリア「……っ!」

私の頬も、次第に熱を帯びてくる。

(ああ、やはり私はあの方が好きなのだ……)

本日で、〇〇様は城を出て行かれてしまう。

そう思うだけで、私はいてもたっても居られない気持ちになった。

(やはりこの気持ちを、きちんと伝えなければ……)

私は、ソファから立ち上がり、〇〇様の部屋へと歩みを早めた。

……

〇〇様の部屋の前へ行くと、片づけをしている姿を見かける。

(やはり、行かれてしまうのですね……)

私の胸がぎゅっと強く締めつけられる。

(私の傍に、ずっといていただきたい……)

その想いが、私の足を部屋の中へと向かわせた。

イリア「もう帰られてしまうのですね」

〇〇「……イリアさん!」

まとめられた荷物を見て、私の気持ちは固まった…―。

イリア「このまま帰らなければいいのに……」

心の声はそのまま、言葉として紡がれた。

〇〇「え?」

彼女が、目を丸くして私のことを見上げる。

(なんて……愛らしい瞳)

私は自然に、微笑みがこぼれてしまう。

(この瞳と、これからもさまざまなものを見ていきたい)

(願わくば、ずっと一緒に……)

(この気持ちを抑えることなど、もうできはしない)

私は、彼女の前で跪く。

イリア「〇〇様。 どうかこれからも、私の傍にいていただけませんか?」

〇〇「……」

突然の告白に、〇〇様の瞳が揺れる。

そして、しばらく黙り込んでしまった。

(貴方は今、何を考えているのでしょうか?)

(私を、受け入れてくれるのだろうか……?)

(答えを待つのがもどかしい……)

イリア「〇〇様?」

私は耐えられなくなり、〇〇様の名前を呼ぶ。

〇〇「私……イリアさんと見る世界が、大好きみたいです。また、あの丘に行きたいな……」

〇〇様が、私の差し出した手に、そっと自身の手のひらを乗せた。

私の胸に、幸せが満ちていく。

(まさか、私と同じことを思ってくださっているとは……!)

イリア「望むのなら、いつでもお連れしましょう。 貴方が教えてくれた、美しい世界を見に」

私は〇〇様の首に腕を回し、ぐっと引き寄せた。

そして、彼女の唇に口づけを落とした。

(ああ、貴方をこんなにも近くに感じることができるとは……)

イリア「私の、愛しい人……」

心の声が溢れて止まらない。

私は、生まれて初めて味わう甘い幸福感に、酔いしれていたのだった…―。

おわり。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする