太陽最終話 無題のラブレター

その夜…-。

私達は一緒に作った夕食を食べ終え、穏やかな時間を過ごしていた。

藤目「料理って難しいんですね。 ○○さんは、料理上手だな」

後片付けを申し出てくれて、藤目さんが洗い物をしてくれている。

でも……

藤目「あ」

パリン…-。

藤目「……あ」

パリン…-。

ほとんど間を開けず、お皿が割れる音が聞こえてくる。

〇〇「藤目さん、私が……」

見かねて申し出ると、藤目さんは私に身振りで座っているように促す。

藤目「このくらい私にだってできます」

〇〇「も、お皿がなくなっちゃいそうですから」

笑ってスポンジを取り上げると、藤目さんと手が触れた。

藤目「……っ」

藤目さんは、私から慌てて顔を背ける。

〇〇「あの……?」

顔を覗き込むと、彼は頬を真っ赤に染めていた。

藤目「……何なのですか」

〇〇「え?」

藤目「貴方を見ていると……貴方に触れると、何とも言えない感情が湧いてくる」

〇〇「藤目さん……?」

藤目「この気持ちは……」

ハッとして、藤目さんが床にお皿を取り落す。

藤目「し、失礼」

消え入るような声でそう言うと、藤目さんは扉を開けて夜の暗闇の中へと飛び出していった。

「藤目さん……!」

取り残された私は、しかし、夜の濃い闇に飛び出すことを躊躇う。

(どうしたの……?)

しばし、呆然と扉の前で藤目さんの消えた方向を見つめていた。

すると……

??「○○姫、失礼致します」

どこからともなく一人の男性が現れ、私の前で深々とお辞儀をする。

??「私は藤目王子の執事……姫をお城までお送りするようにと申し付けられました」

〇〇「藤目さんは……」

藤目の執事「伝言をお預かりしております……『有難う。取材は成功です。城で待っていてください』と」

〇〇「……っ」

私は何故だかとても悲しい気持ちになる。

まだ洗い終えていない食器の山を見て、胸元をぎゅっと握りしめた…-。

……

そうして、月日が流れ…-。

(あれからもう何ヶ月も経ったけど……)

伝言通り待っていたけれど、藤目さんは私のもとには姿を現さなかった。

城にもいないようで、執筆中は旅をすることが多いのだと執事さんが教えてくれた。

(でも、これでよかったんだよね……)

先ほど小包が届き、その中には、今度発売されるという藤目さんの新刊が入っていた。

(藤目さんがまた書けるようになってよかった)

庭に出て、一人その本を開く。

(……これ……)

初めの数ページでわかった。

この本に描かれているのは、あの新婚夫婦の幸せな結婚生活…-あの日の私達のことだった。

(オムライス……やっぱりハートは描いて欲しいんだ)

(……たった一日だったけど……楽しかったな……)

しばらく読んでいると、後ろで落ち葉を踏みしめる音が聞こえた。

??「-『幸福に形があるなら、きっとそれは、この暖かな料理の上のいびつなハートを指すのだろう』」

私が読んでいたところを音読する声がして振り返ると…-。

〇〇「……藤目さん……!」

藤目さんは、私を後ろから抱きしめるようにして、本の続きを読んだ。

藤目「『彼女の作ってくれた卵料理を食べながら、私は心の中でそんなことを思う。 彼女がトマトソースで描いてくれたこの愛しい形を腹に納め、私は心から幸せだと思った…-』 ……こんな風に、貴方と暮らしたいと思う」

藤目さんは、私の耳元で優しく囁く。

藤目「貴方と過ごした一日で、私は知ってしまったのです。 拗ねた顔……笑い声……。 言葉にできないほど……名前をつけられないほど、愛おしいと思う気持ちを」

あたたかな、甘やかな感情が、藤目さんと触れ合う場所からあふれ出してくる。

〇〇「……会いたかった……です」

木々が風にそよぐ。

風にページをめくられて本が閉じると、『無題』と題名が書かれた本の表紙が見えた…-。

おわり。

<<太陽5話||月覚醒へ>>