太陽最終話 幸せにまどろんで

パレードに向け、街全体は夜も色めき立っている……

ペルラ「はぁ……お菓子作りって、大変なんだね……」

宿の厨房を借りてお菓子作りを終えた私達は、部屋へと戻ってきた。

ペルラ「疲れた……」

重そうな体をぐったりとソファに沈めながら、ペルラさんが深いため息を吐く。

彼は丁寧に……心を込めて、お菓子作りをしていた。

(あの面倒くさがりのペルラさんが……)

失礼だとは思いつつも、初めて出会った頃の彼のことを考えると胸がいっぱいになる。

○○「すごく上手にできましたね」

ペルラ「……それは……きみがいたから」

○○「でも、頑張ったのはペルラさんですよ」

ペルラ「……」

ペルラさんは、照れ隠しのようにソファのクッションに顔を埋める。

そして……

ペルラ「こっち」

ぽんぽんとソファを叩いて、ペルラさんが隣へ座るようにと私を促した。

○○「ペルラさん……はい、ありがとうございます」

少し恥ずかしさを感じながら、言われるままに隣へ腰を下ろす。

すると…―。

 

○○「……!」

ペルラ「……」

突然、ペルラさんが体を倒し、私の膝の上に頭を乗せた。

温かな重みと……それから、さらりとした髪が私の膝をくすぐる。

○○「あ、あの、ペルラさん……?」

速まる鼓動に戸惑いながら、おずおずと名前を呼べば、ペルラさんは幸せそうに頬を緩めた。

ペルラ「なんだか一生分、頑張った感じ。 だから、ちょっとだけ休ませて?」

ペルラさんの声音はいつもよりも甘くかすれていて……

そんなふうに言われれば、何も言えなくなってしまう。

(ペルラさん、すごく頑張ってたもんね……)

口元は幸せそうに緩やかな笑みを描き出し、長いまつ毛に縁取られた目元は、満足そうに細められたまま……

ペルラ「でも……こんなふうに頑張るのも、悪くないね。 そうじゃなきゃ、皆の大変さとか、ちゃんとわからなかったと思うし……。 これからは、もうちょっとしっかりやらなきゃって思ったよ」

彼の澄んだ声が、私の耳に心地よく届けられる。

ペルラ「公務も、それから……恋も」

○○「恋……?」

思わず聞き返してしまうと、ペルラさんがわずかに膝の上で身じろいだ。

ペルラ「うん、きみとの恋。 やっぱり、きみもちゃんとした王子様の方が好きでしょ? だってきみ、ちゃんとやろうとしたぼくのこと、嬉しそうに見ててくれた……。 楽しそうに……嬉しそうに……」

ペルラさんの声が、次第に小さくか細くなっていく。

そして……

ペルラ「……」

(ペルラさん……? 眠っちゃった?)

穏やかな寝息が聞こえてくる。

眠るペルラさんの顔は幾度も見たけれど、今夜ほど幸せそうなのは初めてかもしれない。

ペルラ「ん……○○……」

○○「っ……」

名前を呼ばれ、とくん、と鼓動が跳ねる。

(……ペルラさん……)

不意に込み上げる愛しさを抑えきれずに、柔らかそうな髪にそっと手を伸ばして、起こさないよう優しく撫でた。

(ペルラさんは、いつもマイペースで面倒くさがりで……)

(本当に猫みたいな人で……)

胸の中にほのかに宿っていた気持ちが、確かな熱を持ち始める。

○○「お疲れ様です、ペルラさん……」

背後で、そっと扉の閉まる音が聞こえてきた。

(従者さんかな……)

二人きりの空間に、静かで優しい時間が流れていく。

○○「……」

ペルラさんの頬をそっと撫でてみる。

ペルラ「ん……」

微かにまつ毛が揺れるけれど、ペルラさんは気持ちよさそうにまどろんだまま……

(恋……)

○○「ペルラさんに……恋してますよ」

込み上げる愛おしい感情を言葉に乗せ、私もそっと瞳を閉じる。

収穫祭のパレード当日……猫に扮したペルラさんの、とびきりの笑顔を思い描きながら…―。

おわり。

<<太陽7話||太陽SS>>