太陽SS ひとときの休息

収穫祭のためのお菓子作りを終えた、その後…―。

ぼくと○○は、部屋に戻ってきていた。

(……すごく疲れた)

ソファに身を沈め、疲れた体を休ませる。

(お菓子一つ作ることが、こんなに大変だなんて)

○○「すごく上手にできましたね」

ずっとぼくにお菓子作りを教えてくれていた彼女は、少しの疲れも見せずに笑っている。

ペルラ「……それは……きみがいたから」

○○「でも、頑張ったのはペルラさんですよ」

(……ぼくが、頑張ったから……?)

頬が熱くなっていることを自覚し、持っていたクッションで顔を隠す。

でも……

ペルラ「こっち」

○○の近くにいたくて、ぼくは彼女を隣へと促した。

○○「ペルラさん……はい、ありがとうございます」

○○は、ちょっとだけ頬を染めながら、ぼくの隣に座った。

(甘い匂い……これは、さっきのお菓子の……)

その香りに、力が抜けていって……

○○「……!」

ぼくは自分の頭を、彼女の膝の上に乗せた。

(柔らかくて……あったかい……)

(なんだかすごく……幸せだな)

○○「あ、あの、ペルラさん……?」

ペルラ「なんだか一生分、頑張った感じ。 だから、ちょっとだけ休ませて?」

(気持ちいいから……)

心地よい疲労感と幸福感がぼくを包み、やがてまどろみへと変わっていく……

ペルラ「でも……こんなふうに頑張るのも、悪くないね。 そうじゃなきゃ、皆の大変さとか、ちゃんとわからなかったと思うし……。 これからは、もうちょっとしっかりやらなきゃって思ったよ。 公務も、それから……恋も」

○○「恋……?」

(あ……)

思わずこぼれた言葉に、ぼくはわずかに動揺した。

でも……ぼくはもう眠たくて、幸せな気持ちが溢れ出して止まらなくて……

ペルラ「うん、きみとの恋。 やっぱり、きみもちゃんとした王子様の方が好きでしょ? だってきみ、ちゃんとやろうとしたぼくのこと、嬉しそうに見ててくれた……。 楽しそうに……幸せそうに……」

(それが、とても嬉しくて……)

(ぼくも、幸せなんだ…―)

○○に髪を撫でられるのが気持ちよくて、もう少しだけ起きていたかったけれど……

次第に、意識が遠のいていった…―。

……

ペルラ「ん……」

(あったかい……)

どれくらい眠っていたんだろう。

ゆっくりと目を開けると、まだぼくは○○の膝の上だった。

○○「あ……起こしてしまいましたか?」

ペルラ「ん……ううん……。 ずっと、膝枕してくれてたの?」

○○「っ……はい。気持ちよさそうに眠っていたので……」

恥ずかしそうに答える○○を見ると、きゅっと胸が苦しくなる。

(なんでかな?)

横になったまま彼女を見上げ、その頬にそっと手を伸ばす。

柔らかな感触が、またぼくの胸を苦しくさせた。

ペルラ「ありがとう。○○……」

○○「いえ……」

ペルラ「疲れてたの、取れたみたい」

彼女が幸せそうにふわりと笑う。

(なんでだろう……)

体を動かすことが面倒だと思うのに、ぼくはゆっくりと起き上がって……

○○「っ……」

○○にキスをした。

○○「ぺ、ペルラさん……?」

ペルラ「ありがとうの、キスだよ」

○○「っ……」

そっと彼女の体を抱き寄せる。

ぴったりぼくにくっついて、抱きしめるだけで気持ちいい。

ペルラ「きみは、疲れてない?」

○○「少しだけ……」

ペルラ「だよね。じゃ、一緒に寝よう?」

○○「えっ……?」

ぼくの腕の中で、○○が身じろぐ。

(離したくない……)

ペルラ「ぼく、きみとくっついて眠るの、好きみたい」

○○「でも……」

ペルラ「だって疲れたんでしょ?」

○○「あ……」

そっとソファから立ち上がって、彼女の手を引く。

ペルラ「きっと、いい夢見られるんじゃないかな」

○○「……」

わずかな戸惑いを浮かべた後、彼女はぼくに従い立ち上がった。

ペルラ「同じ夢を見たいな。○○と……」

そんなことを言いながら、二人でベットにもぐり込む。

(ああ、まだまだやらなきゃいけないこと、きっとたくさんあるのに)

(ぼく……駄目だな)

彼女と身を寄せあう幸せが、ぼくをまたまどろみへと誘う。

(これからいっぱい頑張るから……今は……)

(今だけは…―)

やがて、○○の静かな寝息が聞こえてきた。

(やっぱり、疲れてたんだよね)

その小さな額に、ぼくはそっとキスを落とし……静かに瞳を閉じたのだった…―。

おわり。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>