太陽SS 俺の特別な人、君の特別な人

○○「隣にいてくれたら、誰でもいい……?」

○○に、そう言われた後…―。

(参ったな……)

俺は部屋でひとり、さきほどのことを思い返していた。

(やばい。結構、傷ついてる)

彼女の言葉を思い出すと、心がひどく軋んでしまう。

明るい太陽の光も、新年を前に活気づく九曜の人々のざわめきも、今の俺にとっては空しいものだった。

(自業自得ってやつかな)

女の子には、ずっと優しく接してきた。

そうすると誰もが皆、嬉しそうに俺の傍にいてくれたから…―。

(けど、結局は皆離れていくんだよね……イメージと違った、とか言って)

○○「私も寂しくなる時はあります。でも……隣にいないからって、一人ってわけじゃないと思うんです」

あの時の、○○の真っ直ぐな眼差しが忘れられない。

俺という人間の奥底を見つめてくるような、あの純粋な瞳……

ヒノト「……ふう」

ため息を一つ吐いた後、ゆるりと立ち上がる。

胸に生まれた初めての感情に、俺は戸惑っていた。

(寂しい……○○に、会いたい)

この感情に名前をつけるとしたら、寂しいという言葉では全然足りない

(重傷だな……俺)

部屋に入る日差しに、目をすがめたその時…―。

秘書官「ヒノト様!」

ヒノト「はいはい、今行くよ」

聞き憤れた声が響いて、俺はほとんど反射的に返事をした。

(……今は、祈念の儀の準備に集中するかな。カノエに引き継いでやらないと)

そう自分に言い聞かせて、俺は襖に手を掛けた…―。

……

ヒノト「じゃ、これで問題無いね?」

楽師「はい……! ありがとうございます、ヒノト様!」

先日、人手が足りないと相談を受けた楽師達を手伝っていた。

(甘やかすのはどうかと思うけど、ね。○○が来てるんだ。下手なものは見せられないし)

ヒノト「……」

(今、○○は何してるんだろうな……)

儀の準備をこうして進める中、ともすると彼女のことを思い出してしまう。

楽師「ヒノト様?」

ヒノト「……! 何でもない。いい働きしてくれよ?」

楽師「はいっ!!」

楽師達に背を向け、俺は賑わう九曜の街を歩き出す。

(やばいな……準備が捗らない)

せっかくの新年を前に、俺の胸は寂しさで胸が押し潰されそうになっている。

(誰か、呼ぶか?)

今まで俺が関わってきた女の子達を、ふと思い出すけれど……

(いや)

この気持ちを満たしてくれる人はたった一人だけだということに、俺はもう気づいてしまっていた。

(特別な人の、特別な存在になるって……こんなに難しくて、もどかしいのか)

くしゃりと前髪を掻き上げた後、うつむいていた顔を上げる。

(次は…―)

気もそぞろに次の準備へ向かおうとした俺を呼び止めたのは、他ならない彼女の声だった

……

○○「素敵……」

祈念の儀を前に、○○はうっとりとした表情を浮かべていた。

(カノエ……立派じゃないか)

笛の音に合わせ、今年を象徴する申の一族であるカノエが舞を舞う。

(けれど○○、隣に俺がいることを忘れてない?)

心の中でそう語りかけながら、彼女の手をぎゅっと握りしめた。

なぜだか顔を見ることが躊躇われて、俺は視線をカノエの舞に向けたまま……

(君と仲直りできて良かった。こうして、九曜の一番いいところを君に見せられて、本当に……)

○○も俺も、そのままお互いに目を合わせることはなかった。

ヒノト「……」

繋いだ手の温度に、力強いカノエの舞に……俺の心が、満たされていくことを感じていた。

そして、祈念の儀を終えた後……

○○「すごく素敵でしたね……」

頬を紅潮させた○○が、俺に話しかけてくる。

ヒノト「君のために特別に見やすい席を用意したんだよ」

○○「そんな……ありがとうございます」

恐縮している彼女に、俺は自分の気持ちを正直に告げる。

ヒノト「お礼ならもっと特別なものをもらいたいかな? 儀式の指揮を執っている王子自ら手伝ったんだからね」

甘えるように、俺は○○を抱き寄せた。

○○「手伝ったって……」

○○は少し慌てた様子で視線を彷徨わせていたけれど、楽師達の姿を見た後、俺の顔を見上げてきた。

○○「もしかして……」

ヒノト「うん、人数は増やしたけれど、彼らはいい仕事をしてくれたよ。俺も下稽古は手伝ったけどね」

太鼓を叩く仕草をしてみせると、彼女の顔が嬉しそうに綻んで……

○○「優しいんですね……」

(優しい?)

その言葉に引っかかりを覚えながらも、俺は何でもないことのように彼女に応えた。

ヒノト「そう? そんなことないよ。まあでも……彼らを甘やかすのはどうか……とは思ったんだけどね、カノエ達にいい形で引き継げて良かった」

握っていた指先を、ゆっくりと絡み合わせる。

○○は何も言わず、ただ穏やかな表情で俺を見つめていた。

(俺が優しくするのは、君にだけだよ。君に優しくされたいから……君に傍にいて欲しいから。君の……特別になりたいから)

新しい年の訪れと共に生まれたこのどうしようもない切なさに、俺の胸は苦しくなるのだった…―。

おわり。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする