太陽最終話 花言葉は真実の……

銃口がグウィードさんに向けられ……

そのただ中で、彼は悠然と剣を構えた。

グウィード「さあ、始めようか」

銃声がいっせいに鳴り響いた。

(グウィードさん……!)

銃弾から逃れひらりと飛び上がると、彼はシャンデリアにぶら下がった。

そのまま二階席の壁を伝い、走っていく。

追手「くそっ! 撃ち落とせ!」

その声よりも一足先に、グウィードさんは彼らの後ろに降り立った。

追手「なっ……!?」

グウィード「形勢は逆転したようだ◆」

彼の剣が、追手の間で煌めいた。

(すごい……まるでダンスをしているみたい)

次々に倒れていく追手の中で、彼は華麗に舞っていた。

そして、うずくまる追手の一人に剣先を向ける。

グウィード「誰の差し金かは分かっている。伝えろ、僕はもう逃げない。 だがその代わり、容赦もしない」

追手「くっ……!」

追手が、煙をまくように退散していく。

〇〇「グウィードさん……!」

私が駆け寄ると、彼はいつものように優しい微笑みを浮かべた。

けれど、彼の仮面にはヒビが入り、体のあちこちにかすり傷ができている。

グウィード「それ、まだ持っていたの?」

私が抱きしめている花冠を見て、彼が笑う。

グウィード「そんなに心配しなくてもいいよ。慣れた事だから」

そう言って、彼はヒビの入った仮面に手をやる。

グウィード「僕には義理の母と弟がいてね。僕のことを消したくてたまらないらしい。 今まで僕一人の問題だったから、適当にあしらっていたけれど……」

そこまで言うと、彼は仮面をゆっくりと外して……

私を抱き寄せて、頬を摺り寄せる。

グウィード「君と出会って、そうは言っていられなくなってしまった。 僕は戦わなければならない。 君とのこれからを守るために……」

〇〇「グウィードさん……」

グウィード「君が僕のそばにいてくれるのなら、だけど◆」

〇〇「はい…います…ずっとそばに」

グウィード「子猫ちゃん……」

ふっと微笑んだかと思うと、何かを決心したかのように、彼はまた静かにその顔を仮面で覆った。

そして…-。

私をさらに強く引き寄せる。

グウィード「ん?」

私が抱きしめたままの花冠に、視線を落とした。

グウィード「ボロボロになってしまったね」

そっと花冠を手にとると、私の頭に上にのせた。

グウィード「さっきの続きを覚えているかい? ミモザの別の花言葉のこと」

〇〇「はい……」

グウィード「花言葉は『真実の愛』」

〇〇「グウィードさん……」

寄せられる唇に、瞳を閉じる。

(え……?)

すると、鼻に柔らかな感触を感じて、目を開いた。

グウィード「キスされると思った?」

そう言って、彼が私の頬にキスをする。

〇〇「っ……」

思わず彼の腕をつかむと……

グウィード「くっ……」

傷に触れてしまったのか、グウィードさんが顔を歪めた。

〇〇「すっ、すみません……」

グウィード「いや……いいよ。その代わり、子猫ちゃんのキスで僕の傷を癒して◆」

〇〇「私の、キスって……」

グウィード「さあ……」

彼が悪戯っぽく、自分の唇をトントンと指さす。

〇〇「……」

頬を染めながら、ゆっくりとグウィードさんの唇に、私の唇を寄せる。

柔らかい感触を感じたかと思うと、私の体が彼の腕に抱きすくめられた。

グウィード「いい子だね……」

今度は、彼に深く口づけられる。

〇〇「ん……」

そのまま、ゆっくりと彼の重みがかかり、ホールの床に背が触れた。

グウィード「いいかい……?」

小さく頷くと、この上無く優しいキスが首筋に落とされた。

肌に触れる彼の髪からは、フワリとミモザの香りがした…-。

おわり。

<<太陽5話||太陽SS>>