太陽最終話 愛おしい瞳

ゲイリーさんの継母を前にして、彼と継母は睨み合っていた。

ゲイリー「今すぐに俺にかけたこの呪いを解け。 それから、父にかけた呪いもだ。父を操るのはもうやめろ。 このままでは、民が苦しむばかりだ……!!」

ぎらり、と継母の瞳が怪しく光った。

継母「ええ、そうねえ。では、呪いを解いてあげてもよくてよ」

ゲイリー「何……!?」

継母「ええ。あなたが、そこにいる彼女の命を差し出せば、ね」

(え……!?)

ゲイリー「なんだと……? そんなことできるはずが…―」

継母「よおく考えてごらんなさい。彼女の命一つで国が救われるなら、簡単なことだわ。 優しい優しい、ゲイリー王子?」

(ひどい……!)

ゲイリーさんが苦しむ方法を選ぶ彼女に、怒りが込み上げる。

ゲイリーさんを見ると、彼も同じように目をつり上げ、とても険しい顔になりつつあった。

(このままじゃ、また呪いが……)

○○「ゲイリーさん」

ゲイリー「おまえを……許さない。おまえが憎いっ……!!」

継母「っ!?」

○○「ゲイリーさん、駄目っ!」

ゲイリーさんが、怒りを爆発させたかのように、拳を振り上げ壁を力任せに殴る。

激しい音を立てて壁は壊れ、破片が弾け飛んだ。

継母「い、いいの? 私を殺せば、呪いは一生解けないわよ」

ゲイリー「うるさいっ!!」

○○「ゲイリーさんっ!」

継母に向かい、ゲイリーさんが拳を振り上げた瞬間……

私は飛びつくように、彼の体にしがみつき必死で動きを止めた。

○○「駄目!」

ゲイリー「離せ! 俺は、こいつを許せない!!」

○○「駄目です! そんなことしても、誰も救われない……!」

優しさを湛えた薄紫色の瞳を思い浮かべながら、私は必死に言葉を投げかけた。

○○「ちゃんと呪いを解いて、国を救うって……!」

ゲイリー「……」

がくり、とゲイリーさんの体から力が抜ける。

次の瞬間にはゆっくりと……

彼の取り巻く空気が静かになっていった。

ゲイリー「○○……」

○○「ゲイリーさん! よかった……」

継母「……」

継母が、驚いたように目を丸くしている。

○○「ゲイリーさんの呪いを解いてください」

継母に向き直ってそう言うと、彼女は、しばらくして諦めたように深いため息を吐いた。

継母「……呪いを解く力は、もう私には残されていないわ」

○○「そんな……!」

(呪いを解いてもいいって言葉は嘘だったの!?)

継母のその言葉に、怒りで肩を震わせた時……

継母「私の命も残りわずか」

ゲイリー「! どういうことだ……」

継母「呪いをかけ続けるにも、それ相応の力が必要なの。 よかったわね、私はもうじきに死ぬわ。あなたと陛下にかけた呪いの代償に。 けれど……呪いは解けないままよ」

ゲイリー「……」

彼女の口から語られる言葉に、私達は言葉を失った。

すると、継母の金色の瞳が少し遠くを見るように細められた。

継母「……ギルバートは、しっかりやっているかしら?」

ゲイリー「……ああ」

継母「……あの子は、あなたがいる限り国王にはならないのでしょうね」

彼女はぽつりとそうつぶやいて、背を向ける。

ゲイリー「……このまま去る気か?」

本当に彼女に残された命はわずかなようで、もう何もする気はないと告げると、そのまま、奥へと去ってしまった。

(どうしたらいいの……?)

そして、そこからの帰り道……

(結局……呪いを解くことはできなかった)

そう思っていると、ゲイリーさんはふと立ち止まり、改まった様子で私を見つめた。

○○「ゲイリーさん……?」

ゲイリー「……ありがとう。俺を止めてくれて」

○○「いえ。でも結局、呪いは…―」

ゲイリー「いいんだ」

ゲイリーさんが、じっと私を見つめて、頬を優しく手のひらで包み込む。

ゲイリー「○○……一緒に城に戻ってくれるか?」

○○「ゲイリーさん……じゃあ、王子として国へ!?」

その言葉を肯定するかのように、ゲイリーさんの瞳が細められる。

ゲイリー「本当は、俺自身が不安だった。 継母を前にして、呪いに食い尽くされてしまわないか……。 おまえを危険な目に遭わせてしまうと思っていたのに、継母の元へ一人で行くのが不安だった。 ……おまえに何かあったら……と思っていたのに」

ゲイリーさんの本音の言葉が紡がれて、胸がいっぱいになる。

○○「私は……大丈夫です」

ゲイリー「……ありがとう。 おまえがいれば、呪いの負けることはない。 これからも何があるか分からないが、おまえを必ず守り抜く」

○○「ありがとうございます……私は、これからもゲイリーさんの傍にいます」

愛おしい薄紫色の瞳がゆっくりと細められ、綺麗な笑みを作る。

そして静かに優しく、唇が重なり合って…―。

口づけを受けながら、耳の中で響く心臓の音を聴いていた。

(ゲイリーさん……)

やがて腕が離れ、私はそっと彼を見上げる。

今は熱情に染まりつつある彼の瞳をじっと見つめていると…―。

ゲイリー「おまえは、目を開けている方が好みか?」

ゲイリーさんが冗談めかしてそんなことを言った。

○○「っ……ち、違います! ゲイリーさんの目が、綺麗だから見ていたいと思って」

すると、ゲイリーさんの頬がわずかに赤くなった。

ゲイリー「全く、おまえにはかなわないな」

優しい微笑みとは裏腹に、頭の後ろに手を添えられて、今度は半ば荒々しく唇を奪われた。

○○「ん……っ」

彼は私をふわりと抱きとめると、そのままそっと後ろを向かせる。

○○「……?」

振り向こうとすると、彼は私の髪を掻き上げて、首の後ろにキスを落とした。

ゲイリー「……好きだ」

首筋にかかる吐息を感じながら…―。

(ゲイリーさん……私も、こんなに好き)

これからも、この人の傍にずっといたいと、心からそう思った…―。

おわり。

<<太陽9話||太陽SS>>