太陽最終話 花と蝶

フロアに、管弦楽の甘い調べが流れ始める…-。

グウィード「大丈夫。僕に任せて♪」

〇〇「はい」

グウィードさんに力強く手を握られ、私の胸はまたトクンと音を鳴らす。

リードされるまま、足を前に踏みだした。

グウィード「上手だよ、子猫ちゃん」

〇〇「ありがとうございます」

(褒められた……嬉しいな)

彼の方へと視線を向けると、すぐに目が合う。

私達は自然に笑い合っていた。

グウィード「結局、今日僕は君と出会うためにここに来たようだね◆」

〇〇「え……?」

グウィード「どんなに離れようとしても、君の傍に戻って来てしまう♠ まるで、僕は蝶で、君という美しい花に引き寄せられているかのようだ◆」

〇〇「う、美しい花なんて……そんなことないです!」

グウィード「そうかな?」

〇〇「そうですよ……でも」

グウィード「でも?」

〇〇「グウィードさんが戻って来てくれる花になれるなら……それは嬉しいです」

グウィード「子猫ちゃん……」

〇〇「グウィードさんと踊れて、すごく楽しいですから」

そう言うと、グウィードさんが驚いたように目を見開いた。

そして、彼は少し困ったような笑みを浮かべた。

グウィード「全く君は……」

〇〇「え? っ……!」

スチル

グウィードさんに引き寄せられ、上半身が反り返る。

彼の顔が、まるでキスをしてしまいそうなほど近づいた。

グウィード「そんなに素直だと、僕はそろそろこの花の香りに溺れてしまいそうだ」

〇〇「グウィードさん……」

グウィードさんに見つめられると、体中が熱くなっていく…-。

彼の声、彼の笑顔、そのすべてが私を支配して動けなくさせてしまう。

(恥ずかしいけれど……それ以上に……ドキドキしてる)

その時、私の胸から羽の違う蝶が飛び立った。

〇〇「え……?」

青と黄色だったはずの羽は、今は黄色と紫に変わっている。

グウィードさんからも、羽の色が違う蝶が跳び上がった。

グウィード「どうやら交代の時間のようだね◆」

〇〇「交代……?」

グウィード「蝶探しで見つけた相手は、最初のダンスのパートナー♠ その後はこうやって相手を入れ替えていくんだ◆」

(じゃあ、グウィードさんともまたこれで離れてしまうの?)

どうしようもない寂しさが、胸に押し寄せてくる。

(私、まだグウィードさんと……)

アナウンス「さあ、蝶に従ってダンスのパートナーを交代してください」

周りの人々が蝶に従って別の相手とダンスを踊り始める。

〇〇「あの……」

(決まりだから、代わらないといけないのかな……)

私は自分の気持ちを押し込めて、グウィードさんから体を少し離そうとした。

けれど…-。

〇〇「グウィードさん?」

彼は私を抱きしめたまま、離そうとはしなかった。

グウィード「子猫ちゃん、僕の元から去らないで。 もう、君から離れたくない」

〇〇「グウィードさん……」

私を抱きしめる腕が、さらに強くなっていく。

私は、それに答えるように彼の胸に顔をうずめた。

グウィード「!」

〇〇「……私の前から去ってばかりなのは、グウィードさんの方です」

グウィード「子猫ちゃん……」

〇〇「私はずっとグウィードさんとお話がしたいって思っていたのに。 グウィードさん、私の傍にいてください」

グウィードさんはまぶたをそっと閉じると、宙を舞う蝶達に優しく手を滑らせる。

私とグウィードさんの蝶は、光になって消えていった。

(蝶が……)

フロアに新しい曲が流れ始めた。

彼が私から離れ、まるで一曲目の時のように恭しく手を差し出す。

グウィード「〇〇、もう一曲よろしいですか? 今宵の僕の……唯一のパートナーとして」

〇〇「はい……!」

彼の手を取り、再び踊り始める。

(もっとグウィードさんとお話をしたい)

(でも、今はこのままでいたい……)

彼の腕に身を委ねて、私は瞳を閉じる。

美しい調べの中、彼の暖かさと甘い香りが私を包んでいた…-。

おわり。

<<太陽5話||太陽SS>>


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする