太陽SS 欲張りな気持ち

愛の日当日、チョコレート手作り教室を無事終えた後…-。

クレト「あー! 終わったー!」

〇〇「お疲れ様。皆喜んでくれてよかったね」

クレト「ああ! 〇〇のおかげだよ! 〇〇の男の子へのアドバイスで掴めたんだ」

達成感に包まれながら、ベンチに座って体を伸ばしながら夜空を見上げる。

(少し大変だったけど、やってよかった……)

教室でチョコレートを作っている時の、皆の優しい笑顔を思い出して思わず頬が緩む。

すると……

〇〇「クレト君、これ……」

〇〇に名前を呼ばれ振り返ると、差し出された彼女の手が目に入る。

その手には、可愛らしいラッピングが施された箱がのっていた。

クレト「え! これ……俺に?」

(まさか……〇〇が贈り物をくれるなんて!)

心臓がうるさいくらいに跳ねて、頬が熱い。

〇〇「う、うん……教わった通りおいしくできてるといいんだけど……」

照れているのか、どこか恥ずかしそうに〇〇は俺を見上げる。

クレト「〇〇……」

(あの時、教室で作っていたチョコレート……俺のためだったの?)

クレト「やばい……マジで? 嬉しくて、今日の疲れが全部吹っ飛びそう……!」

彼女からチョコレートを受け取ると、手の中がきらきらと輝いている気がした。

(食べるのは勿体ないけど、食べたい気持ちもあるし……)

(そうだ!)

クレト「あの、さ、一つお願いしてもいい……ですか?」

少し悩んだ後、名案が思いついて思わず問いかけてみたけれど…-。

(マズイ、下手に格好つけようとしてまた変な言葉になっちゃった)

ちらりと彼女の様子をうかがうと、気にしていないようで、彼女に隠れてほっと胸を撫で下ろす。

〇〇「お願い? ……どうしたの?」

クレト「その……食べさせてくれたら俺もっと元気になるかも」

〇〇「えっ……!」

クレト「……」

彼女の顔を覗き込むように、じっと見つめる。

(だめ、かな……)

〇〇は少し考えた後、ためらいがちに口を開いた。

〇〇「……どうぞ、クレト君」

そう言った〇〇がチョコレートを摘まんで俺に一つ差し出す。

(や、やった……!)

飛び上がりたくなる気持ちを抑えて、彼女の腕を引きチョコレートを口に招き入れる。

クレト「ん……」

(あ、今……)

〇〇の指先が唇に触れて、視線を動かすと彼女の頬が赤く染まった。

(かわいいな……)

〇〇「どうかな……?」

(しまった、〇〇に夢中で……)

ぼんやり顔を眺めてしまった自分に気づき、改めて口に広がるチョコレートを味わう。

クレト「うん。やっぱり手作りって気持ちがこもっててあったかい。それに……おいしい」

〇〇「クレト君に褒められるなら、自信持っても大丈夫だね。 それに、今日のクレト君、一生懸命でかっこよかったよ」

(っ……!)

さっきまで恥ずかしそうに俺を見上げていた彼女に褒められて、今度は俺が赤くなってしまう。

(落ち着け、落ち着け……!)

俺はなんとか動揺を隠したくて、床に視線を落とした。

クレト「……! そんなこと言われたらやばいっていうか……勘違いしちゃいます」

〇〇「……勘違いじゃないよ」

(……へ?)

耳に聞こえてきた言葉が信じられずに、思わず口を開けていた。

クレト「本当に……?」

びっくりして顔を上げると、〇〇と視線が交わう。

(〇〇……)

その瞳に吸い込まれるように、顔を近づける。

静かに唇が重なった後、ふわりと甘い香りが漂った。

(チョコだけじゃない、気がする……)

(もっと、この香りを感じたい)

一つわがままが叶うと、人間はもっと欲張りになってしまうらしい。

(でも、がんばったし……)

(このぐらいご褒美貰っても、いいよね?)

もう一度甘い香りを堪能するために、俺はもう一度彼女に顔を寄せた…-。

おわり。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>