太陽SS どこまでも二人で

見上げると、明るい空がだんだんと夜へ移る気配を帯び始めていた。

アヴィ「あーもー、うるせえな。からかうんじゃねえよ」

戻ってきた俺達を、兵士達がこぞって冷やかしてくるが……

俺は、〇〇の手を離さなかった。

(浮かれてんのかもな。見せつけたかったつーか……)

アヴィ「ほら、解散だ。後は各自、はめ外さない程度に楽しんでこい」

軽く追い払って、俺は〇〇の手を引いて歩き出す。

行くところは決まってないけど、それでもよかった。

(二人で行けるんなら、どこだって)

アヴィ「なあ、どこに行きたい?」

〇〇「え?」

唐突すぎた質問に、〇〇がまばたきを繰り返す。

(あ……急すぎたか?)

このまま離れるのが嫌で、つい言葉が漏れていた。

俺は一つ、小さく咳払いして…-。

アヴィ「まだ時間あるだろ? 今だったら、飛行船に乗ってどこにだって行けるぞ」

〇〇「アヴィ……」

〇〇が笑顔を浮かべる。

その表情を見たら、答えなんてすぐにわかった。

アヴィ「決まりだな。とりあえず、船まで急ぐか」

〇〇「わっ……!」

急ぐことを理由にして、俺は〇〇を抱き上げた。

アヴィ「掴まってろよ」

真っ赤になった顔に笑いかけて、俺は早足で歩き出す。

(本音を言えば……こうやってもう一度、お前を抱き上げたかっただけかもしれねえな)

(あの時みたいに、俺の大切なものだって感じたかったんだ)

そう、あの時…-。

抱き上げた腕の中で、〇〇の頬が赤く染まっていく。

アヴィ『お前、ほんとに強くなったよな。俺も、もっと強くならねえと』

〇〇『アヴィは、もう充分強いと思うけど……』

(お前が、ただ守られるだけの姫だったら……な)

(けど、違うだろ?)

〇〇『私は、アヴィと並んで歩きたい。同じくらい強くなりたい』

〇〇らしい言葉に、俺は内心ため息を漏らす。

それは決して、がっかりしたとかじゃなくて……

(やっぱり……〇〇だから、俺は好きになったんだ)

アヴィ『そういうお前だからこそだよ』

〇〇『え……?』

アヴィ『世界で一番すげえ姫様を守るにはさ。やっぱ俺も世界で一番強くならねえと』

〇〇『それじゃあ……結局追いつけないよ』

眉を寄せる〇〇の顔がおかしくて、思わず笑ってしまう。

(なんて顔してんだよ)

(ったく、せっかくの告白が台無しだ。けど……)

アヴィ『そういうところがお前らしいな』

〇〇『え……?』

(守られるだけじゃない。お前はこの世界を守るために、必死に自分で立とうとする)

アヴィ『お前は充分強いよ。ずっと言ってるだろ?』

名残惜しい気持ちを払い、〇〇を下ろす。

〇〇の頭を引き寄せ、俺は心からの想いを告げた。

頑固なこいつに、全部伝わるように…-。

アヴィ『今、改めて誓わせてくれ。 誰よりも強くなって、そしてお前を守ってみせる。 王子として騎士として、お前が望む道を切り開いてやる』

(お前の隣に立つのは俺だ。それだけは、誰にも譲れない)

〇〇『そんなの……私、何もしていないことになるよ。私もアヴィが笑っていられるように頑張るから』

アヴィ『いいんだよ。お前はそれで。お前そのものが、俺にとっての光なんだから』

俺の頬に彼女の手が触れ、なんかたまらなくなって……口の端にそっとキスをした。

アヴィ『けど、そうだな……なら、照らし続けてくれよ。俺のこと。 俺の大好きな、その太陽みたいな笑顔でさ』

かけがえのない俺の光に、口づけを落とす。

やがて、たがが外れたみたいに俺は〇〇を求めていたのだった…-。

……

月夜に照らされて、花々が風に揺れる…-。

アヴィ「せっかくだから、遊園地があるとこにでも行ってみればよかったか?」

〇〇「ううん、ここでいいよ。だって、すごく綺麗だから」

アヴィ「そうか……」

気づけば、花を眺める〇〇に見とれていた。

(お前の方が綺麗だ……なんて、つい言っちまいそうで恥ずかしいな)

アヴィ「ほら」

編んだ花の冠を、〇〇の頭にそっとのせた。

アヴィ「器用じゃねえけど、これだけは作れるんだ。昔からさ」

〇〇「ありがとう……」

嬉しそうに、けどどこか切なそうに……〇〇がそっと花冠に触れる。

アヴィ「ははっ……そうしてると、花嫁みたいだな」

〇〇「え?」

アヴィ「あ…-」

思わず漏れた言葉に、俺は慌てて手で口を覆った。

(何、口走ってんだよ……)

〇〇「アヴィ、今……」

アヴィ「いや……」

〇〇の顔がみるみるうちに赤くなっていく。

(やばい、浮かれてるな。俺……)

風が、俺を笑うみたいに吹き抜けていった。

(けど、いつかそうなれたら)

アヴィ「それは、またいつか改めて伝える。そん時は、逃げんじゃねえぞ?」

引き寄せて額を重ねると、〇〇の揺れる瞳がよく見えた。

〇〇「うん……」

(俺の大切な光……)

(ずっと、お前の傍に……)

想いを込めて、俺は〇〇に口づける。

花の香りが、触れ合う俺達を包んでいた…-。

おわり。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>