太陽最終話 ロマンス

爽やかな夜風が、どこからか吹き込んでいる…-。

彼が掴んだ私の手はまだ甘い果実を持っていて、雫が手首を濡らした。

ホール係「紳士淑女の皆様ステージの前にお集まりください。これより主催者がティアラの贈呈式を執り行います」

アザリー「おお、いよいよか!」

興奮した様子のアザリーさんが、私の手を離して立ち上がる。

アザリー「行こう、〇〇!」

私は、楽しそうに瞳を輝かせるアザリーさんと共に、ステージの前へと向かった。

……

主催者「皆さま、本日はお集まりいただきありがとうございます」

ステージの上で進行を務める主催者の傍には、美しいティアラが飾られている。

(綺麗……)

私は幻想的な輝きをたたえるティアラに、思わず見惚れてしまった。

すると……

アザリー「あのティアラ、君によく似合うだろうな」

ステージの上で、あまりにも美しい蝶の形のティアラが輝いている。

その輝きはまるで夢のようで、私は思わず目を細めた。

(こんな綺麗なもの、見たことない)

(見られただけですごく幸せ……)

主催者「……それでは、ティアラをお譲りする方の名前を発表させていただきます。 このティアラは……。 街でご主人とパン屋を営むセレナさんにお贈りしたいと思います!」

アザリー「まさか!」

セレナ「えっ!?」

アザリーさんと一人の女性が、ほぼ同時に声を上げる。

声のした方を見ると、そこには先ほど足蹴にされていたカップルの姿があった。

(セレナさんって、あの人だったんだ)

彼女の優しい瞳を思い出し、私は何だか嬉しくなる。

アザリー「……」

周囲の人に促され、セレナさんがステージへと向かう。

すると、その時……

アザリー「やはり、これは手違いだな」

〇〇「……? アザリーさん?」

アザリー「確かにあの女性は素晴らしい手を持つ上に、慎ましい。文句のつけようもないだろう。 しかし……それは今日ここに君がいなければ、の話だ。 あのティアラは君にこそ相応しい。だから、取り返してくる!」

〇〇「え!?」

アザリー「心配しなくていい。すぐに戻ってくる」

アザリーさんがステージへ向かおうとする。

そんな彼の上着の裾を、私は慌てて掴み……

〇〇「ま、待ってください。私は今日、パーティに参加できただけで嬉しいですし……。 それに、セレナさんが選ばれて本当によかったって思ってますから……!」

そう口にすると、アザリーさんは私の顔を覗き込む。

そうして少しの間、真っ直ぐに瞳を見つめ……

スチル

アザリー「……やっぱり」

〇〇「え?」

アザリー「やっぱり君が一番の花だな」

〇〇
「……っ」

アザリーさんは、私の前に跪き、そっと手の甲にキスを落とす。

アザリー「甘い香りがするし……。 何より、心に美しい花が咲いてる」

そう言い終えると、彼は静かに目を伏せた。

〇〇「アザリーさん……?」

アザリー「……。 今度、君に綺麗なティアラを贈るよ。 僕にはやっぱり、君が一番の花に見えるから」

アザリーさんは再び私の手にキスを落とす。

その姿は、いつか絵本で見た王子様のようで…-。

(アザリーさん……)

胸がときめいて、彼の頬に触れようとした時…-。

アザリー「……ん? 香りだけでなく、本当に甘いな」

アザリーさんは、先ほど私の手に口づけた唇を舌で舐めた。

アザリー「ああ、そうか。さっき僕のために果物を剥いてくれたから……」

そう言って、彼は楽しそうに笑った。

行き場をなくした私の指を、彼がそっと握る。

全ての音が、遠ざかっていった…-。

おわり。

<<太陽5話||太陽SS>>