太陽SS 密かな決意

夜会の会場は、ティアラの行方を見守る出席者達の熱気に包まれている…-。

僕も〇〇と共に、その熱気の一部となっていた。

主催者「皆様、本日はお集まりいただきありがとうございます」

ステージの上で進行を務める主催者の傍には、美しいティアラが飾られている。

(ふむ……確かに美しいな)

幻想的に輝くティアラに、その場にいる人々は皆、魅了されているようだった。

アザリー「あのティアラ、君によく似合うだろうな」

そう言って、〇〇に視線を向ける。

すると、彼女はうっとりした様子で煌めくティアラを見つめていた。

(知らなかった。君は、そんな表情も見せるんだな)

そのかわいらしい姿を、微笑ましく思いながら見つめる。

(だけど、大丈夫だ)

(会場内の誰よりも魅力的で、美しい女性……)

(5分後には、ティアラは君の頭上で輝いていることだろう)

その姿を思い浮かべるだけで、誇らしい気持ちでいっぱいになる。

そして、ついに…-。

主催者「……それでは、ティアラをお譲りする方の名前を発表させていただきます。 このティアラは……」

(〇〇、おめでとう…-)

主催者「街でご主人とパン屋を営むセレナさんにお贈りしたいと思います!」

(…………何!?)

アザリー「まさか!」

セレナ「えっ!?」

僕とほぼ同時に、一人の女性が声を上げる。

声のした方を見ると、そこには先ほど足蹴にされていたカップルの姿があった。

―――――

アザリー『怪我はないか?』

セレナ『あっ……は、はい。ありがとうございます』

―――――

(……うむ。確かにセレナは、慎ましく美しい女性だ)

(だが……)

隣に立つ〇〇をちらりと見やると、彼女は嬉しそうに微笑んで、ステージへと向かうセレナに拍手を送っている。

アザリー「やはり、これは手違いだな」

〇〇「……? アザリーさん?」

彼女が、きょとんとした顔で僕を見る。

アザリー「確かにあの女性は素晴らしい手を持つ上に、慎ましい。文句のつけようもないだろう。 しかし……それは今日ここに君がいなければ、の話だ。 あのティアラは君にこそふさわしい。だから、取り返してくる!」

〇〇「え!?」

アザリー「心配しなくていい。すぐに戻ってくる」

僕はそう言うなり、ステージへと向かう。

しかし……

〇〇「ま、待ってください。私は今日、パーティに参加できただけで嬉しいですし……。 それに、セレナさんが選ばれて本当によかったって思ってますから……!」

(何……?)

僕の上着の裾を掴む彼女が、清々しい顔でこちらを見つめる。

それは、嘘も偽りもないまっすぐな瞳で…-。

 

アザリー「……やっぱり」

〇〇「え?」

アザリー「やっぱり君が一番の花だな」

(この会場に咲く、何よりも美しい花……)

僕は彼女の前に跪いた後、柔らかな手の甲にキスを落とす。

〇〇「……っ」

アザリー「甘い香りがするし……。 何より、心に美しい花が咲いている」

(そんな君にこそ、あのティアラはふさわしいのに……)

〇〇「アザリーさん……?」

伏せていた目を再び〇〇の方へと向けると、そこには心配そうに僕を見つめる彼女の姿があった。

(……決めた)

アザリー「今度、君に綺麗なティアラを贈るよ。 僕にはやっぱり、君が一番の花に見えるから」

(これからは、その花を僕が……)

(ずっとずっと、僕が〇〇を守っていこう)

(愛しい僕の、〇〇姫……)

密やかな決意を胸に、僕は再び彼女の手にキスを落とす。

甘く柔らかな、ときめきを感じながら…-。

おわり。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>


 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする