太陽最終話 僕の特別な人

観衆に一礼し、もう一度馬車へ向かおうとした時……

サイ「○○姫、お手をどうぞ」

○○「ありがとうございます」

私をさり気なくエスコートする、サイさんの姿を見た民衆の中から……

沿道の民「そう言えば……昨日、サイ王子と○○姫が花畑で一緒にいたぞ。 仲睦まじいご様子だったなぁ」

(え……?)

沿道の民「確かに、パレードの準備中も、お二人はずっと一緒だったわ」

私達について、口々に噂する声が漏れ聞こえた。

(皆さん、パレードより私達のことを気にし始めて……)

皆の声が広がるにつれて、にわかに焦りが胸に広がる。

サイ「……」

すると……

(えっ……)

突然、体がふわりと宙に浮きあがり……

気づけば、サイさんに抱き上げられていた。

○○「あ、あのっ……?」

思わぬサイさんの行動に、観衆は大きくどよめいた。

サイ「……」

サイさんは何も言わず、そのまま馬車へと戻って行く。

○○「サイさん……?」

(どうして、突然こんな……)

サイさんは真摯な表情で、まっすぐに前を見据えている。

私達は観衆の視線を一身に浴びながら、サイさんの腕に抱かれ、再び馬車に乗り込んだ。

サイ「……」

サイさんは馬車の上で、観衆が静まるのを待っていた。

(サイさんは、何をするつもりなんだろう……?)

やがて、観衆のざわめきが収まった頃…―。

抱き上げられた私は、サイさんの胸元に頬を寄せる形になったまま……

私が挿した白い花が、鼻先でふわりと甘く香る。

サイ「自分でも驚いてる……」

観衆に視線を向けたまま、サイさんが落ち着いた声でつぶやく。

サイ「この僕に、人前でこんな大胆なことができるなんて……」

(サイさん……)

サイ「君が力をくれたおかげだ。 ……ありがとう」

そう言って、サイさんは私の頬に柔らかく唇を寄せた。

(あっ……!)

沿道の民「きゃー! おおっー!」

観衆の大歓声にまぎれて、心臓が壊れそうなほど激しく高鳴る。

○○「サイさん……!?」

キスされた頬を押さえ、驚きに目を見開くと……

サイさんはどこか、ほんの少し意地悪そうに薄く目を細める。

サイ「これで皆も、君が僕の特別な人だとわかっただろう?」

(それを知らせるために、わざと皆さんの前で……?)

サイ「そういう君も……ちゃんとわかってるよね?」

(それって……)

戸惑う私を見つめ、サイさんがふっと笑みを深める。

サイ「もう一度、教えてあげなきゃ駄目?」

サイさんはくすりと肩を揺らした後、もう一度私の額に口づけた。

(サイさん……)

サイ「僕はもう逃げない。 民の思いを受け止め、サフィニアの国を治めよう」

サイさんの誓いを聞き、ぐっと胸が詰まる。

(そんなサイさんを、ずっと見つめていたい……)

サイさんの蒼い瞳を見つめ、私は思い切って口を開く。

○○「これからは、私もサイさんの傍にいていいですか……?」

すると……

サイ「もちろん。今さら、君を手離すと思った?」

サイさんの蒼い瞳が、柔らかな弧を描く。

サイ「こんな言葉、初めて口にするけど……。 僕には……どうしても君が必要みたいだ」

(サイさん……)

サイさんの腕に抱かれ、私は心からの笑顔を返す。

沿道の民「サイ様、○○姫、お幸せに~!」

観衆が投げた花びらが、私達の上にひらひらと降り注ぐ。

(夢みたいに、綺麗な景色……)

歓声に包まれながら、私達は祝福のフラワーシャワーを浴び続けた…―。

おわり。

<<太陽7話||月覚醒へ>>