太陽SS 最大のライバル

窓から差し込む暖かな日差しが、〇〇様の綺麗な髪を透かしている…-。

腕の中の彼女はどこまでも光り輝いていて、私は思わず目を細めた。

イリア「……伝承者の方に問われた時、私は自分の本当の心の内に気づきました。 ですが……実は、その気持ちをすんなりとは認められなくて。 認めたくないというか……自分にそんな感情があるなど、私はきっと知りたくなかったんです」

(……怖かった。そんな感情、持ってはいけないと思っていたから)

(自分が自分でなくなってしまうような気がして……)

〇〇「イリアさん……」

イリア「でも、〇〇様は私に言ってくれた。私は私だと」

思い出すだけで力が湧いてくる。

イリア「その言葉で、私は自分を認めることができた気がします。 他の誰でもない、貴方が言ってくれたから」

〇〇「そんな。私は…-」

イリア「気づいていないのかもしれませんが、貴方はゆっくりと私の心を解きほぐしてくれた……」

溢れる想いを彼女に伝え、私はハッと我に返った。

(私は、何をやっているんだ……!)

イリア「すみません! また私は……」

(困らせてしまった……?)

強く抱きしめていた〇〇様を、慌てて放す。

〇〇「いえ……」

彼女が長いまつ毛を伏せて、自分を落ち着かせるように胸に手をあてる。

(私も……落ち着かなければ)

(優しい彼女を、困らせてはいけない)

そう思いながら大きく息を吸った、その時……

??「イリア、いないの?」

扉の向こうから聞きなれた声が聞こえた。

イリア「今の声は……ミヤ?」

ぽつりとつぶやくだけで、返事をできずにいると……

ミヤ「さっきの魔術すごかったって伝えたかったんだけど、いないのかな……」

(え……? わざわざ、それを言いに……?)

(……嬉しい)

残念そうな声の後、ミヤが離れていく足音が聞こえた。

イリア「……っ!」

私はミヤを追いかけようと扉に駆け寄る。

しかし……

(その前に、どうしても……!)

私は踵を返し、〇〇様を抱き上げた。

〇〇「……! イリアさん……!?」

イリア「〇〇様……」

(ミヤに、堂々と向き合うために……伝えなければなりません)

(いえ、貴方に伝えたい)

イリア「もしも貴方のことでミヤとライバルになったとしても、私は負ける気はありませんよ」

〇〇「え……?」

イリア「なんとなく、そうなりそうな予感がしたんです。 私とミヤは、双子だからでしょうか。よく似ているんです。 好きな本や、好きな食べ物……」

(そして……)

驚くほど高鳴る鼓動をどうにか抑えながら、私は意を決して言葉を紡ぐ。

イリア「そして、好きな人も……」

〇〇「っ……! イリアさん、それって…-」

イリア「覚えていてください。これだけは……」

彼女の瞳をまっすぐに見据え、私は大きく息を吸う。

イリア「貴方を好きという気持ちは、ミヤには絶対に負けません。 同等でも嫌だ」

(……譲れません)

(この気持ちだけは、絶対に)

イリア「必ず勝ってみせるから……」

強く誓ってから、私は〇〇様をそっと下した。

イリア「……すみません、つい自分の感情が抑えられなくなってしまいました」

(いきなり抱き上げるだなんて、失礼なことをしてしまっただろうか)

(……だけど、伝えずにはいられなかった)

頬に熱を感じながら、私は彼女を見つめる。

そうして、わずかな間の後……

イリア「ミヤを追いかけないと。 行きましょう、〇〇様」

〇〇「はい……」

彼女の手を取り、一緒に部屋を飛び出す。

(ミヤに、伝えたい)

(すごかったと言ってくれて嬉しかったこと……お前に負けたくないと口にしたこと)

(……何より)

隣を走る彼女を横目で見ながら、胸にそっと手をあてる。

(〇〇様だけは譲れない、と)

(正々堂々と戦う。そして……絶対に負けない!)

イリア「ミヤ!」

私は、最大のライバルの背中に呼びかける。

心に芽生えた強い思いを込めながら…-。

おわり。

<<太陽最終話